天使ミレちゃんの振り回されな日々 -何でこうなるんですかー!?-

ペット?の名付けでひと悶着

エピソードの総文字数=723文字

それにしても、あの頃の無垢で純粋だったミレちゃんはどこに行ってしまったのか……
わたしだって戻れるなら戻りたいですよ……
うー?
慰めてくれるんですか? ……って
ひゃあ!
わー!




おー、どうやら運よく生き残ったらしいな
大変です! 早くどうにかしないと!
大量に居るならともかく、こいつだけなら特に問題ないだろ
でも……
そもそもこいつより危険な物なんて、魔界じゃ珍しくもなんともないんだしさ
……そういえばそうでしたね
この前、強酸の雨が降ってきたときは死ぬかと思いましたよ
あー……まぁ魔界じゃよくある事だからなー






それで、結局この子はどうするんですか?
流石に放り出すのは色々と不味いだろうし……飼う?
うー?
いや、飼えるんですか? コレ
なんとかなるだろ
まあ、生み出した本人がそういうならいいんですけど……名前とかどうするんですか?
あー……『放射能注意』とか?
……幾らなんでも酷すぎませんか?
まぁ、冗談はおいといて。『ウラヌス』とか?
天空神様の名前じゃないですか!
う?
あー……そういえばそうだったな
ならいっそ、しょうね……
絶対だめです
ふとったおと……
それもだめです
いや、そんな大声で否定しなくても……なら、U-238を仮名読みして『うにみや』……いや、『うにみゃー』とか?
……一気に適当になりましたね
でも気に入ったみたいだぞ?
えっ?
うにみゃー! うにみゃー!
よし、今日からお前は『うにみゃー』だ!
わー!
……まあ、本人が気に入ったのならいいです




こうして、ジャルミウスの屋敷に新しい仲間が住み着くことになった。






ところで、魔界の毒雨って天使を蝕めるほどじゃなかったはずだけど?

あぁ……体の方は何ともなかったですよ?

ただ服は人間界の物ですから……
その話詳しく!
ぶっ飛ばしますよ?

◆作者をワンクリックで応援!

3人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ