神と大統領と弾道ミサイル(仮)

神の通訳

エピソードの総文字数=2,529文字

――Danz:

まさかの美少女首相現る!?

――今井:

そもそも本物なの?w

――tenma:

本物だ。わざわざホワイトナイツサーバから遊びに来たのだ。

――リヴ:

tenmaが2人分操作してるんでしょwwwwww

――半蔵:

tenmaがネカマキャラ作ってた疑惑wwwww

――tenma:

ふざけるな。この俺はネカマキャラなど作らん。神が硬派でないはずがない。

――IVA:

(皆さんこんにちは! IVAと言います!)

 イヴァはロシア語で挨拶した。

 人見知りが激しいイヴァは、オンラインゲーム上では「!」を多用して積極的な印象があった。普段は引っ込み思案でも、直接面と向かって話さなければ、誰に怯える必要もないのだろう。イヴァの素をさらけ出せるのはゲームのほうなのかもしれない。

――IORI:

よろよろ!

――リヴ:

なんて言ってるの!? tenma通訳して。

――tenma:

仕方ない、しばらく通訳の手間を取ってやる。

――IVA:

(尊敬するtenmaさんと一緒にプレーできるなんて嬉しいです!)

――tenma:

IVAは俺のことを凄まじいまでに崇拝しすぎて非常事態に陥っているそうだ。

――半蔵:

嘘つきすぎwwwwwwwwwwww

――リヴ:

適当すぎぃwwwwwwwwwwwwwwwww

――tenma:

嘘でも適当でもない。この俺は真実しか言わんのだぞ。

――IVA:

(帝国で首相を務めています! tenmaさんのサポートがあるから何とかやれています!)

――tenma:

帝国で首相を務めている。神tenmaがいなくては帝国は成り立たず、神tenmaがいなくては帝国の軍事征服活動も進まない。神tenmaさえいれば、帝国はいずれ世界を統一し、地球政府を樹立できることだろう。

――今井:

いやいやいやいやw

――Danz:

なんか文章量違いすぎて嘘バレバレですけどwwwwwww

――IVA:

(『ファウストオンライン』でNo1プレイヤーがこんなに近くにいるなんてびっくりします!)

――tenma:

神tenmaがファウストオンラインNo1なのは空気のように当然であって、神tenmaはどこで何をやっても伝説として語り継がれてしまう。神tenmaは地球の歴史上において最大の偉人であることは揺るぎのない事実だ。

――IORI:

だから文章量このやろうwwwwwwww

――IVA:

(まだ15歳にすぎない私がやれているのは、本当にtenmaさんのおかげなんです。すごい人です!)

――tenma:

自分は15歳の美少女首相で、いざ戦闘ともなればアサルトライフルを持ち戦場を支配するヴァルキリーだが、自分は帝国の象徴であって、国家実務のすべてを取り仕切っているのは神tenmaだ。政府軍との戦闘も、国民管理のデータベース構築も、新しい金融システムの整備も、国際外交も、徴兵や軍事政策も、ありとあらゆる政策が神tenmaを中心にして動いている。神tenmaはもはや人間という分類ですらなく、何か途方もない異次元の存在に違いない。

――半蔵:

なんでこんなに分量違うんだよwwwwwwwww

――Danz:

途方もない異次元の神wwwwwwwwwwww

――リヴ:

もう通訳しなくていいですwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

――IVA:

(tenmaさん、とっても楽しそうなギルドですね!)

――tenma:

(IVAのことをずいぶん歓迎してくれているようだ。この場所でよければ、気が向いたらいつでも遊びに来るがいい)

――IVA:

(はい、嬉しいです!)

――tenma:

神tenmaが統率する優れたギルドをこの目で見られて嬉しい。神tenmaがいるところ、何もかもが優れてしまうのか(絶句)

――リヴ:

だからもういいってwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 ふと、ギルドハウスに見たこともない名前のプレイヤーがいきなり侵入してきた。しかも二人。一人は20代女性のアバター、弓を背中に装備したハンター風である。そしてもう一人は15歳前後の少年のアバターだが、カウボーイハットに腰に拳銃と、いかにも西部劇を意識しているようないでたちだった。

――リヴ:

ん? 誰か知り合い?

――半蔵:

誰の知り合いだよ?

――tenma:

俺は知らんな。

――IVA:

(こんにちは!)

――Danz:

ちわ。どちらさん?

――liz:

(ハロー。身内で盛り上がっているところゴメンなさい。世界の運命が掛かっている重大な話があってやってきたのよ)

 侵入者は英語で挨拶してきた。

 すかさず天馬が通訳する。

――tenma:

こんにちは。身内で盛り上がっているところに割り込んでしまって神tenmaに謝罪したい。世界の運命が掛かっている重大な交渉があってやってきた。

――Danz:

なんで世界の運命なんですかwww

――リヴ:

通訳勘弁してwwwwwwww

――半蔵:

いや英語なら俺もわかるけど、天馬の訳そこまで異常じゃねーぞ。実はそんなに盛ってなかった……?

――liz:

(一週間ぶりねtenma。軍備増強は順調かしら?)

――tenma:

(そうか、ライザだな?)

――liz:

(ご名答。時間いい?)

――tenma:

(世間話に興じるほど俺は暇人ではない。重要な話なのか?)

――liz:

(暇人にしか見えないんだけど……。ホワイトハウスの伝言を伝えにきたのよ)

――tenma:

(ほう、よかろう。話を聞いてやる)

――半蔵:

なんだ? ホワイトハウスの伝言って……?

――tenma:

用事ができた。俺は場を離れるぞ。ギルドハウス2Fの応接間を借りる。入室は禁止だ。

――リヴ:

結局tenmaの知り合いだったの。ていうか、tenmaって引きこもってるはずなのに、どうしてこんなに知り合いがいるんだろー??

――tenma:

(IVA、俺には用事ができた。今日はお開きだ)

――IVA:

(わかりましたtenmaさん。ヤマトサーバーで安いって評判の鉄鉱石を多めに仕入れて、今日はホワイトナイツサーバーに戻ろうって思います! また遊んでください!)

 イヴァがギルドハウスを去っていくのを見届けたあと、天馬は侵入者2人を2階へといざなった。困惑するギルメンたちを尻目に応接室に入り、ドアにロックを掛けたのだった。

◆作者をワンクリックで応援!

11人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ