チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第二十六話『バーチャル空間での食感』

エピソードの総文字数=1,170文字

「『ラスト・オンライン』が楽しみ過ぎて、バイトしてる間に沢山調べちゃったんだよね。」
2017/05/31 07:19
と僕は笑った。
2017/05/31 07:20
「今時は、大学の論文とかも、今はネットで簡単に読めるから」
2017/05/31 07:20
「え、論文まで調べたんですか??」
2017/05/31 07:20
と、僕が説明すると、驚く魔法使いの少女奈緒子。

僕にとって「ラスト・オンライン」は楽しみ過ぎるものだった。RPGが好きで昔のゲームも遡ってやった僕にとって、RPG世界に入ることが出来る、世界初の没入型MMO「ラスト・オンライン」は待ちきれないほどのものだった。

親に買ってもらうことは出来なかったので、自分でバイトをした、そのお金が貯まるまでの間にプレイ動画をたくさん見たり、その根幹技術「バーチャルウォーカー」の仕組みについて、かなり調べた。
2017/05/31 07:20
「え!?論文ってめちゃくちゃ難しいんじゃないの??」
2017/05/31 07:20
とサラが疑問に思う。
2017/05/31 07:20
「僕もそう思ってたんだけど、今時のメディアアート周りの論文は凄くわかりやすく書いてあるんだよ」
2017/05/31 07:21
「めでぃああーと!?」
2017/05/31 07:21
相変わらず、ジュンの言うことは、ちんぷんかんぷんですなー、という表情をするサラ。
2017/05/31 07:21
「メディアアートとかヒューマンコンピュータインタラクションとかって言うみたいなんだよね」
2017/05/31 07:21
「余計難しくなった!」
2017/05/31 07:21
と、まじめに説明する僕、それを聞いて笑うサラ。
2017/05/31 07:21
「そんな感じで、人間の感情に訴え掛ける、コンピュータの技術がたくさんあって、いろいろ統合して、バーチャル空間に入ったように感じることができるのが『ラスト・オンライン』なんだよ。」
2017/05/31 07:21
「なんとなく凄いのはわかった!」
2017/05/31 07:22
と僕のざっくりした説明に対し、ざっくりどころではない簡潔さで返事をして笑うサラ。
2017/05/31 07:22
「目で見てるものが、味を決めるというのはなんとなくわかったんだけど、この触感は??ちゃんと、歯ごたえあるよね」
2017/05/31 07:22
と、やっぱりおいしい!と焼き肉をもぐもぐ美味しそうに食べるサラ。
2017/05/31 07:22
「それはゴーグルの方に、バイブレーションのモーターが入っていて、反響を上手く使って、少ないモーターで食感のフィードバックを再現してるんだ・・・・・・」
2017/05/31 07:22
と説明しすぎて、女子達が引いているのをなんとなく感じていると、ぼそっとサラが言った。
2017/05/31 07:22
「ジュンがバーチャルオタクなのはよくわかった」
2017/05/31 07:22
「・・・・・・はい」
2017/05/31 07:23
と奈緒子も同意する。ああ、奈緒子まで・・・。
2017/05/31 07:23
そうこうしていると、大分料理も減っていきて、みんなが満足していた。
2017/05/31 07:23
「あー、美味しかった!美味しかった!自分で言うのもなんだけどね!あ、これ、竜から助けてくれたお礼だから!ほんとにありがとうジュン!」
2017/05/31 07:23
「うん」
2017/05/31 07:23
律儀にもしっかりお礼をしてくれるサラだった。
2017/05/31 07:23
「わたくしの料理人スキルに感謝したまえ!!」
2017/05/31 07:24
ふっふっふと笑うサラ。いつもの、キャラに戻った。

その瞬間に奈緒子が微笑みサラにこう言った。
2017/05/31 07:24
「さて、サラちゃん、次は私とショッピングですよ!!」
2017/05/31 07:24
「そうだった!!」
2017/05/31 07:24
サラが約束を思い出した。
2017/05/31 07:24

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ