チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第四話『ハンドルネーム』

エピソードの総文字数=1,175文字

「私はサラ!本名は桜田恭子!」
2017/05/25 21:33
と、サラが自己紹介する。
2017/05/25 21:33
「サクラダで、サラか、面白いハンドルネームの付け方だね」
2017/05/25 21:33
と僕は感心した。ハンドルネームというのは、ネットゲームにおける名前のことだ。みんな、いろいろな決め方をする。

本名をもじったもの、まったく関係ないもの、好きな漫画のキャラクター。そこでもいろいろ個性が出て楽しいのがオンラインゲームだ。
2017/05/25 21:34
「もー、本名は忘れてっていったでしょ!!」
2017/05/25 21:34
と、拗ねた素振りで、感情を表現するサラ。
本名をうっかり言ってしまったことを、気にしているので
本名の事を言うのはこのくらいにしておいた方が良さそうだ。と思った。
2017/05/25 21:34
「おにいちゃんに怒られちゃう。」
2017/05/25 21:35
サラの発言に笑いつつ、お兄ちゃん子なのだな、と思う。
2017/05/25 21:35
「ところで、このあとは何をしたらいいの?」
2017/05/25 21:35
続けて、サラは僕に聞いてきた。
2017/05/25 21:35
「このゲームは、割と何でも出来るのが売りなんだよね。オープンワールドに近いというか」
2017/05/25 21:35
「おーぷんわーるど??」
2017/05/25 21:36
僕の言葉に、サラは、ジュンの言ってることはちんぶんかんぶんだよ。といいつつ質問された。
2017/05/25 21:36
「現実に近くて、何をしててもいいんだよ。バイトだけしていたっていい」
2017/05/25 21:36
「さすがにそれはつまんないわね」
2017/05/25 21:36
と、僕の説明に、バイトに明け暮れる日々を想像するサラ。
2017/05/25 21:37
「ドラゴン倒しましょうよ、ドラゴン!!いるの!?」
2017/05/25 21:37
ドラゴン、ドラゴンと連呼するサラ、そして、いるのか知らないので、心配になるサラ。
2017/05/25 21:37
「もちろんいるよ!ファンタジー系の醍醐味だね。」
2017/05/25 21:37
「おー!やっぱり!!」
2017/05/25 21:37
と喜ぶサラ。その様子に自分で気がついた。
2017/05/25 21:38
「知ってたわよ!?」
2017/05/25 21:38
と半疑問形で、聞かれてもないのに、弁解するサラ。
2017/05/25 21:38
「うはは」
2017/05/25 21:38
と、笑ってしまう僕。
2017/05/25 21:39
「自由が売りだから、行けるといえば行けるんだけど、瞬殺されちゃうので、少しレベル上げてからの方がいいね」
2017/05/25 21:39
「おー!レベル上げ!!あの、つまんないやつでしょ」
2017/05/25 21:39
と、笑うサラ。
2017/05/25 21:39
「そんなことないよ!!レベル上げも立派なゲームだよ!!とはいえ、なにか、クエストをこなしながら、レベル上げたほうがいいだろうね。」
2017/05/25 21:39
「くえすと??」
2017/05/25 21:40
と、また、難しい話をして、という表情のサラ。
2017/05/25 21:40
「そう、細かいクエストがたくさんあって、レベルが上ったり、スキルをおぼえたりするのさ。とりあえず、ステータス見てくれる?」
2017/05/25 21:40
と、ステータス表示をお願いする僕。
2017/05/25 21:40
「ステータス・・・ステータス・・・」
2017/05/25 21:40
ステータス画面を探すサラ。
後ろに回りこんで、操作を教える僕。
2017/05/25 21:41
「一回腕を振ると、ステータスアイコンが出てくる。そして、ここをタッチ」
2017/05/25 21:41
と、サラの腕を掴んで、ステータスボタンにサラの指を持ってくる。

なぜか、頬を赤らめるサラ。
ゲームに夢中になって、自然とサラの腕に触っていたことに今気がついた。
2017/05/25 21:41
「ごめん、ごめん!」
2017/05/25 21:42
僕は、そのことに、気がついて謝った。
そして、サラの指がステータスアイコンに触れた。

ステータス画面が表示された。
2017/05/25 21:41

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ