ペイガニズムの倫理と資本主義の精神 ――浪人ですが東インド会社に就職しました――

6-1. 俺自身が救世主になることだ

エピソードの総文字数=2,944文字


ハッピィ(Veni)バースディ(creator)トゥ・ユー(spiritus)ハッピィ(Mentes)バースディ(tuorum)トゥ・ユー(visita)♪」

 耳障りな歌だ。
 高くも低くもない歌声を響かせているのは、奇妙な風体の男。
 目覚め直後に見聞きするものしては、およそ快適なものではない。
 
「……く……」

 目が覚めてまず感じたのは、身体の怠さ。
 意識を失う直前の記憶は――まるで吸血鬼のように、唇を貪るリズの姿。彼女に精気(フォイゾン)を吸われたのだ、口から(・・)直接。そういう能力があるとは聞いていたが、実際に受けてみるとなかなか強烈だ。訛のように身体が重く、鈍い吐き気が込み上げてくる。どれほどの時間、眠っていたのだろう。

 伊織介は、小さめの木椅子に座らされていた。
 豪奢な壁紙、立ち並ぶ本棚、低い天井――ル=ウの私室によく似た小部屋だった。ル=ウの部屋よりやや広く、ずっと片付いていて、しかし奇妙な生臭さが充満している。

 ひどく心地が悪い。立ち上がろうとした瞬間、
「ステイ」
 何かに引っ張られるようにして、尻が椅子に叩きつけられた。

「お人形は勝手に動いてはいけないんだよ?」
 
 下手くそな歌声の赤衣が、背中越しに語りかける。
 その横顔に見えるのは、不気味な白塗りの化粧。不気味な嘲笑を貼り付けて、年齢どころか顔の特徴さえ掴めない。

「あーあー……〝聖霊(プネウマ)〟だなんだって主張してたけど、ただの悪霊じゃないか、これ」
 ぶつぶつと呟きながら、赤衣の男は何かを弄っている。乱雑に床に放られたそれは、黒い大きな柱のよう。その中心には、巨大な眼玉が植わっている。
「それは……!! フランさんの……!!」

 〝シェオルの十字〟。フランが常に携えていた筈の巨大な十字架を、赤衣が無遠慮にべたべたと触っている。
 それは、伊織介から見れば冒涜に思えた。だって、それはフランセットの遺品(・・)で――

「ざんねん。今はぼくのものだ」
 男は酷薄な笑みを浮かべて、片手の拳を〝シェオルの十字〟の眼玉に突き込んだ。ぶじゅ、と嫌な音がして、じくじくと泡立つように紫色の液体が眼玉から噴き出す。
「あは。悪霊としての活き(・・)はなかなかじゃないか。〝聖霊〟を騙るだけある。年代物だね」
 十字の眼玉は、しばらくびくびくと痙攣して、やがて動かなくなった。血のようにどろっとした何かが止め処なく流れている。

「ようこそお人形。ようこそお人形! やあやあ、ラサリナのお人形!」

 飽いた玩具のように眼玉の残骸を放り出すと、赤衣の男は伊織介に顔を向けた。
 ぞろりと、不自然なまでに白い歯を剥き出しにして男は笑う。

「きみもぼくの玩具の仲間入りだ、おめでとう、おめでとう! 今日を君の誕生日にしようね。ハッピーバースデイ!」

 そのまま赤衣の男は、くるくるとその場で回りながら再び歌いだしてしまう。
 伊織介の身体は椅子に張り付いて、動くことが出来ない。嫌な汗が背中に広がるのを感じる。

 ――意識を失う直前の記憶は、リズに襲われた時のもの。彼女は何故そんなことをしたのか。その後、何があったのか。何一つ状況が掴めないが、目の前の相手がまともな人間でないことくらいは分かる。

 ひとしきり歌い終わった後、赤衣の男は踵をぴたりと揃えて伊織介の真正面に向き直った。

「――ぼくはウィリアム。ウィリアム・フィッツジェラルド。〝神父〟とでも名乗った方が、きみにはわかりやすいかな」

 〝神父〟――なるほど、最悪だ。最終目標(ラスボス)に捕まったのか、僕は。
 伊織介が歯を食いしばる。不安と恐怖に圧し潰されそうになる胸中から、とっさに疑問の声が飛び出した。

「ルウは……メリメント号はどうしたのです」
「そんな睨まないでよ、日本人。こわいこわい……首を獲られてしまう」
 神父は、両手で自分の首を絞めるして後ずさった。けたけたと笑いながら、肩を震わせて伊織介に顔を寄せる。
 ――いちいち言動が芝居がかった男だ。リチャードソンもその気があったが、この男のそれは下品で露悪的だった。
「安心してってば。ぼくはラサリナ――ル=ウの父親だよ? 娘をどうにかする訳がないじゃないか」
「父、親……ッ!?」
 絶句する。そんな伊織介を前に、神父は楽しそうに言葉を続けた。

「ぼくが想定していた以上に、(ラサリナ)は優秀だった! 何せ、きみのような人形(・・)を生み出してしまったのだからね。今後も娘には精進を続けて貰うさ――より良い作品(・・)を生み出し続ける限りね」

 ――こんなふざけた男が、ル=ウの父親だって?
 一方的に捲し立てる神父の言葉が、ほとんど頭に入ってこない。

「そう、作品だ! ぼくは、娘の優れた作品を受け取ったわけさ。それがきみだよ、ミスター・模造人間(イミテーション)! 純然たる肉人形(オートマトン)! 純血の人間家畜(ミメイシス)! きみは誇って良い。きみは間違いなく傑作だ、きみは疑いなく一級品だ! すなわち、ぼくが所有するに相応しい(・・・・・・・・・・・・)!!」

 人形。模造人間(イミテーション)。作品。
 そんな言葉ばかりが、伊織介に突き刺さる。
(そうか、そうだよな。僕はもうまともな人間じゃない)
 ――()として扱われる実感。ル=ウ達は優しすぎた。久しく感じていなかった奴隷扱い。いや、きっとこの神父は伊織介を奴隷としてすら見ていない。

 否定したい事実ではあったが、目の前の奇人に所有されている(・・・・・・・)というのが、現状であることは間違いない。

「そうだ、見せてあげよう! 今日は素敵な日だ、だから見せてあげよう! ぼくの研究を!」

 顔を顰める伊織介をまるで無視して、神父が指を鳴らした。
 瞬間、伊織介を座らせたままの椅子がぐるりと反転。小部屋の(ドア)が一人でに開き、外の景色が目に飛び込んでくる。

 ――海が見える。

 ここは船だ。この小部屋は、ル=ウの私室と同じく艦尾楼に備わった貴賓室だ。
 位置関係は同じでも、今乗せられている船はメリメント号より遥かに大きい。

「なんだ……あれは……」

 だがそれ以上に、彼方の景色に伊織介は目を見開いた。
 
 ――海に突き刺さるように聳える、巨大な黒い建造物。
 その塔の根本は、緑が広がる島にある。島まではまだかなりの距離がある筈なのに、天を突かんばかりの威容で塔はその存在を主張している。これほど巨大な建造物を、伊織介は見たことがない。

「みえるだろう。素晴らしいだろう。あれがボクの〝バベル〟」

 神父は、親しい友人に宝物を見せるかのような機嫌で、両腕を広げて滔々と言葉を紡いだ。
 能面のようだった白い顔が、今やくしゃくしゃに歪んで笑っている。

「きみには、これからあの塔の建材(・・)になって貰おうと思うんだ」

 〝バベルの塔〟。旧約聖書に語られる、人の傲慢さの象徴。神への挑戦という冒涜。
 2000年以上も前の伝承が、当代に再現されようとしていた。

◆作者をワンクリックで応援!

1人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ