チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第四十一話『D級英雄ランク戦』

エピソードの総文字数=1,166文字

「そろそろ『D級英雄ランク戦』に出ようかと思うんだけど!」
2017/06/02 14:11
主にぬいぐるみの買い物を、終えて雑談している時に、僕が、魔法使いの少女奈緒子と格闘家の少女サラに切り出した。
2017/06/02 14:12
「あ、いいですね!!勝てば、お家も買うことが出来るようになりますね!」
2017/06/02 14:12
両手を胸のところに持ってきて軽く組み、大きく頷きながら賛成する奈緒子。さきほど、今の我々では、まだ家を買うことが出来ない、という話があったのだけど、このランク戦を勝ち抜くと、買うことが出来るようになる。
2017/06/02 14:12
「D級英雄ランク戦ってなに??」
2017/06/02 14:13
また、新しい単語がでてきた、RPGって難しいわね、と言いながら、サラが疑問を口にした。
2017/06/02 14:13
「この『ラスト・オンライン』は『英雄ランク戦』が売りの1つになっていて、チームにランキング、つまり順位が付くようになっているんだ」
2017/06/02 14:13
「ふむふむ」
2017/06/02 14:13
僕の説明に頷く、サラ。
2017/06/02 14:13
「ランク戦は、基本的には3人から5人のチームで戦う事になっているんだけど、このゲームにはプレイヤー同士で攻撃を与える機能はついていない。なので、直接殴りあって決着をつける、とは行かない。」
2017/06/02 14:13
「あー、そういえばそうね、ダメージを与える攻撃をすることはできないわね、触ったりはできるけど」
2017/06/02 14:13
とペシペシと僕を、叩いてくるサラ。
2017/06/02 14:14
「うん、やっぱりダメージは与えてないわね。」
2017/06/02 14:14
「そうなんだ、このゲームはプレイヤー同士でダメージを与えることははできない」
2017/06/02 14:14
プレイヤー同士が直接攻撃によってダメージを与えることが出来ないことを、サラが僕を叩いて確認した。できれば他の方法で確認して欲しかったが。
2017/06/02 14:14
「じゃあ、どうやって決めるの??」
2017/06/02 14:14
「わかりやすく言うと、マラソンに近いね、階級が同じもの同士が、全員同じステージに集まって、せーので、スタートし、一番最初にボスを倒してゴールした、チームが優勝、あとは、そこまでの距離で順位が決まるんだ。」
2017/06/02 14:14
と、ざっくりしたルールをサラに説明した。マラソンよりも、トライアスロンや障害物競走に近いかもしれないけれども、ここから先は実際に体験したほうがわかりやすいだろう。
2017/06/02 14:14
「シンプルでいいね!!そういうの好きよ。ところで、今私達って何位なの??」
2017/06/02 14:14
サラは僕の話に順位という単語がでてきて不思議に思ったのか、そんな疑問を口にした。わからないことを素直に口にすることが出来ることは好ましい。
2017/06/02 14:15
「まだ詳しくはわからないんだけど、この『ラスト・オンライン』は200万人が参加しているゲームだから、全部が5人チームだったら、40万位、3人チームだったら66万位だね」
2017/06/02 14:15
「相変わらず計算が速いですね!!」
2017/06/02 14:15
その計算を暗算でやったんですか??と奈緒子が驚く。
2017/06/02 14:15
「66万位!!なるほど、先は遠いなぁ」
2017/06/02 14:15
サラは現状を確認し、大変長い道のりであることを確認してにっこり笑った。
2017/06/02 14:15
「でも楽しみだね、早く一番になろう!」
2017/06/02 14:16
とサラは笑った。彼女は本気だ。
2017/06/02 14:16

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ