【共幻社座談会】第2回「エッチと下ネタの上手な使いかた」

★会場その2★

エピソードの総文字数=1,907文字

引き続きお楽しみください〜
こちらは「下ネタ・コメディ」がテーマとなっております!


ご意見、ご質問などお待ちしております〜

疑問なのですが、エロをメインとしない一般作品での許容範囲はだいたいどれくらいっていう基準があったりしますか?


自分は加減がわからなくて、行き過ぎてしまったように思う事が多々ありまして……

一般作品での下ネタの許容範囲ということですか?

>一般作品での下ネタの許容範囲ということですか?


はい、そうですそうです!

許容範囲は人それぞれなので判断が難しいですよね。

読む人をひとつの集団として捉えて考えてみたらどうでしょう。


・社会通念上の許容範囲

これは過去に「〇〇が腐っている」というような発言でバッシングされたタレントさんがありましたが、一般社会で眉をひそめられられるネタの扱い方かどうか。


・レーベルの読者の許容範囲

性別・年齢という読者層が必ずあるはずなので、その層にとって受け入れられるかどうか。


この考え方だと「誰に向けて書いているか」という指向性が作品になければ、当然許容範囲は定まらないので、そこを決める必要はあると思います。

出版物の場合、校閲というお仕事の人が割とそのへんも含めてしっかりチェックしてくれますので、そういうときはまず書きたいように書いてしまえばいいと思います。

チェック入るのは下ネタよりも、どちらかというと「社会通念上」駄目という部分だったりしますけど。自分が思ってもいないような部分が指摘されたりしますよ。

WEBの場合は……そういうチェッカーが自分しかいないんですよね。ただ、責任を取るのも自分であるのですが……「炎上」か「人気が取れない」かぐらいなので、反応を見ながらでも、まあいいのではないでしょうか。

「許容範囲を超えて笑えない=人気がとれない」だったらいいんですけど、「炎上」だったり人を傷つけてしまうということは嫌ですよね。

でも、そういう反応を頂いたときは、自分に非があれば誠実に謝罪することだと思います。


こういうのは、本当に意見を言ってくれる友達欲しいですよね~。
『誰に』向けた物かを最優先に考えて……そこが曖昧だから、加減もわからなかったのかもしれないですね


ありがとうございます

社会通念というのは、意外と難しいんですね(-_-;)


ほんとに、そういう友達は大切なんですね

前のスレッドでも話題にしていましたが、「その作品の世界観を壊すか壊さないか」という許容範囲で考える方法もあると思います。

で、その世界観を成り立たせている物は「作品のテーマ」だと思うのですが、そのテーマというのもまた想定している「読者層」があってのもの……という。

星の王妃さまも最初は「読者は作者ひとりだけ」というものだったのですが、そのときに自分が書きたかったことが「女性と官能」についてだったので、そこから世界観が出来上がり、笑いの許容範囲も自ずと規定され……という感じですね。
>しゃりおっとさん

天使ミレちゃんの振り回されな日々は、ミレちゃんがいじられたり困っているところを、可愛がりながら応援して楽しもうというのが作品と読者のお約束です。


例えば、ミレちゃんをからかいすぎて険悪な雰囲気になったり、小学生レベルの下ネタを越えて、性的な雰囲気を出してしまったり……。


これらを何かのはずみで踏み越えてしまうと、読者は大きな失望を受けることになってしまいますよね。

>黒名さんは実は女性なんだわ!

実生活では女性に顰蹙(ひんしゅく)をかう発言多しです。
スケベ発言などで嫌われるというより「誕生日忘れる」とか「気が利かない」ことで駄目出しくらいます。

女性にとって「大切にされてる」って大事なんだな~というのは痛感するのですが、男の世界だと「相手をぞんざいに扱う」ことのほうが良くも悪くも多いんですよね。それに慣れてる。女性は女性同士のつきあいでも「相手を大切に」という態度がスタンダードですよね。

女性ユーザー中心のサイトでの活動で、女性の書き手さんたちと知り合い、女性の考え方や価値観を学ばせて頂いたのは創作にとても役立っていますが、どうも実生活にまで落とし込めていないようです(笑)

女性を意識した作品ではそういう女性のクリエイターさんの意見を参考にもします。
「王妃様」では第四章で、上司様が「愛する女性の名前を言い間違われて、それを正さずにはいられなかった」というシーンがありますが、ギャグと関係ないのでカットしようかな~と悩んだのです。

で、女性の意見を尋ねてみた所「絶対削るな」と(笑)

自分一人で判断してたら、なくなっていたシーンですね。
>黒名さん 高波さん

ありがとうございます


……気をつけなければ(-_-;)

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ページトップへ