神と大統領と弾道ミサイル(仮)

神は中年

エピソードの総文字数=1,293文字

 市庁舎の前の広場にて、天馬は、勢揃いした各小隊のチームリーダーたちを前にしていた。

 アスタリア軍は軍事機構というほどでもないが、ここにいるリーダーごとに10人を率いて一つのチームとなっているらしい。緊急で集められたアスタリア兵600だから、ここに揃うのは計60人ものリーダーたちだ。

出来上がったものから、俺の指定するポイント付近の木に設置していってくれ。上手く葉で隠して見つかりにくい上のほうだぞ。敵が侵攻してくる前に、まずは最前線の方面から取り付けていく。

【アスタリア兵】

長老……なんでこんな男に従わなくちゃならないんですか? そもそもこいつは誰なんです?
 天馬に並ぶように立っていた長老が、居心地悪そうに応じる。
う、うむ……。ロシアから派遣されてきた男だ……。ロシアからの援助を受ける意思があるのなら、そうそう無下にもできん……。

【アスタリア兵】

ロシア人っぽくないぞ。しかもなんでこんなに偉そうなんだよ……。オーレス政府のスパイじゃないか?
俺か?

クックック、聞いて驚け。俺はアスタリアの大統領だ。世が世なら土下座平伏のうえ俺を前にするべきところだが、今は戦闘前。こうしてこの俺と対等にここに立つことを許してやる。

土下座平伏って日本人しか意味がわからないと思うけど。
 やや後ろに控えていたエリカがため息交じりに言った。
【アスタリア兵】

なんだコイツ……バカすぎる……。

 リーダーたちがざわつき始めると、エリカの隣にいたイヴァが皆の前に進み出て、健気に男たちを見回す。
……み、皆さん……。今は天馬さんの指示を受け入れてみて頂けませんか……? 天馬さんの作戦は、私たちでは編み出せない優れたものだと思いました……。
 イヴァも迷彩服に身を包んでいた。天馬が促したわけもないが、イヴァは当たり前のように戦闘に出るらしい。たとえ形式だけであっても、それが部族の長としての役割なのかもしれなかった。
【アスタリア兵】

コイツに本当に作戦なんかあるのか?

【アスタリア兵】

ただの頭悪そうな中年のオッサンって感じなんだけど。
数々の軍事戦略を立案してきたこの俺に言わせれば、これしきの戦闘などたやすい。ハンニバル、カエサル、べリサリウスなど歴史上の英雄たちすら物の数ではないということを思い知らせてやろう。

【アスタリア兵】

すさまじい痛々しさだな……。
これはゲリラ戦ではない。政府軍に鉄槌を下すための掃討戦だ。神に歯向かう哀れな仔羊どもを、この俺の大義の炎が焼き払うことだろう。

【アスタリア兵】

どうもテメーは戦いってヤツを舐めてるだろ?

人が死ぬ。こいつはマジだ。政府軍に死者が出るってことは、俺たちにも出る。政府軍兵士を200人殺しても、俺たちには100人の死者が出るかもしれねえ。そういうものなんだよ。

そういうものだと思い込んでいるのは貴様らの勝手だ。貴様らのスマホはすべてこの俺が借り受けている以上、もはや情報漏洩の危険はないと判断し、これより作戦を共有する。現代戦における優れた将は、可能な限り戦闘員たちと情報共有し戦いに臨むものだ――
 それから天馬はリーダーたちの前で、大筋の戦いの流れを語っていった。

◆作者をワンクリックで応援!

6人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ