ペイガニズムの倫理と資本主義の精神 ――浪人ですが東インド会社に就職しました――

5-4. それを捨てるなんてとんでもない

エピソードの総文字数=7,263文字

「……なっ……! 何を言い出すんだ、リズ」
「忠告だってば。ボクは真面目な話をしているの。あのフランだって――」
 リズが言葉を区切って、目を伏せた。長めの睫毛が雫に濡れている。
「――フランだって、いなくなってしまった。状況が状況だ、生き残れる望みはない。殺しても死なないようなフランが、だよ? ボクらはそういう世界に生きてるんだ」

 豪雨(スコール)を隠れ蓑にして命からがら包囲を突破したメリメント号は、踟躊(ヒーヴ・ツー)して小休止を取っていた。太陽はとっくに水平線の彼方へ隠れ、薄暗い船内には負傷者たちの呻きが陰鬱に響いている。

「……だからさ、ル=ウ。ちゃんとやっておいた方が良い」

 リズがいつになく真剣な眼差しでル=ウに迫る。

「処女は今のうちに捨てるべきだ。イオリノスケくんを――抱くんだ」


     * * *


「……〝天の神、主、おのれを愛し、その戒めを守る者には契約を守り、いつくしみを施される大いなる恐るべき神よ〟」

 〝解呪師(カニングフォーク)〟は、そもそも魔女ではない(・・・・・・)。本来、〝呪いを解く者(カニングフォーク)〟は、魔女を打ち倒す側の存在であった。
 それ故に、〝解呪師〟フランセット・ド・ラ・ヴァレットの力もまた、魔を討ち滅ぼすことに相応しく形成されている。人間離れした身体能力も、何代にも渡る呪術的儀式と薬品による人体改造の賜物である。

「ぎッ……!! ……、〝どうぞ耳を傾け、目を開いて〟――」

 巨人の拳を、十字架で受け止める。全身の骨が過負荷に軋み、臓腑は衝撃に張り裂けそうになるが、しかしその身体は砕けない。額から流れる血で顔面は真っ赤に染まりながらも、その眼光は未だ鋭く敵を睨み、震える両脚はいまだ彼女の身体を力強く支えている。
 過度なまでに頑健(タフネス)を追求して造られた彼女の身体は、単騎で魔に立ち向かうには、成る程確かに相応しい。

「――〝しもべの祈を聞いてください〟ッ!!」

 叫び、真正面から十字架を巨人の顔面に叩き込む。
 彼女の怪力も然ることながら、自慢の〝シェオルの十字〟の強固さもまた並ではない。頑丈で知られる黒壇(エボニー)造りとはいえ、巨人の皮膚を突き破り肉を引き裂き頭蓋を叩き割って尚、歪み一つ生じてはいなかった。

「はーっ、はーっ……まったく、満員御礼って感じですわね」

 降り頻る豪雨の下、幾体もの巨人の身体が海に浮かび、また沈んでいく。とうにメリメント号は雨の帳の向こう側だ。付近の巨人どもは、今やフランただ一人しか知覚していない。

 驚異的な身体能力と、託宣(オラクル)による先読み――確かに、彼女ほど囮として相応しい人材はいないだろう。
 だが、解呪師として強化された体力も無尽蔵ではなかった。
「皆様は無事、でしょうね……きっと」
 呟いて、小船の上に膝を突く。倒れ込まないのは、意地か気力か。どの道、再び立ち上がれる気はしない。
 そして脚を止めたが最後、どうなるかも彼女は理解していた。
「ああ……胸クソ悪い天気ですわ、まったく」
 天を仰ぐ。未だ豪雨は止む気配がなく、波は荒れ狂っている。フランが一時の足場とした小船さえ、転覆しないのが不思議なほどの波模様だ。

 そんな荒れ狂う波間を突き破り、巨大な拳が海中から飛び出してくる。
 拳は小船を砕きながら、頼りなく佇むフランの身体を握りしめた――もはや、彼女には抵抗する体力は残されてはいない。

 腕に続いて、その全身が海面に姿を現す。フランを片手に捉えたのは、二つの頭を持つ巨人。他の巨人とは一線を画す、異形の中の異形だ。
 二つ頭の巨人は、まるでここまで邪魔された鬱憤を晴らすかのように、フランを握った掌を幾度も海面に叩きつけた。海面に漂う小船が砕け、死骸が飛び散り、波濤に血飛沫が舞う。

「ぐ、げほ……あ、ああ……死にたくは、無か――」
 海面から持ち上げられた彼女は、荒い呼吸で灰色の空を見上げた。メリメント号は、うまく逃げ延びた筈――体力の限界を迎え、緊張の糸が切れる。自然と、誰にも明かせなかった本音が、今際の際に溢れ落ちてくる。

「嫌です……嫌ですわ……こんな、こんなところで……(わたくし)は、(わたくし)はまだ――恋すら知らない、ままなのに」

 玩具のように弄ばれながら、自然と彼女の頬を涙が伝っていた。
 理性では納得している。こうするのが最も合理的であると、こうするのが最善の手であると、解呪師としての彼女は笑うだろう。とはいえ、理性だけで生きていけるほど、彼女は老成していなかった。どれほど理屈に納得しようと、苦痛と恐怖に涙を抑えることができない。

 だが無情にも、すすり泣きの声を煩く思ったのか、巨人は再び彼女を海面に叩き込んだ。胴をへし折るような握力に加えて、叩きつけられる海面は鉄のように固く冷たい。塩水に濡れた金髪が、太く汚らしい巨人の指間に痛々しくしなだれていた。

「あ……あ、ぎ、うう……」

 意識が朦朧として、もはや言葉すら出てこない。呻くばかりの彼女を見つめ、巨人は満足気に――小柄な身体を掴んだ拳を、握り締める。

「ぎぃぃぃぃ……ッ!! あ、ああああああああああッ……!」

 口からは血の混じった涎を垂らし、太腿をだらしなく尿で濡らして――弱々しい悲鳴は、しかし誰に届くこともない。

 いつの間にか雨風は弱まり、波は落ち着き始めていた。灰色のカーテンが明けた後、巨人にとっての獲物は、残喘の解呪師が一人、残されただけだった。

 ――彼女は、メリメント号と仲間たちを、立派に守りきったのだ。


     * * *


「う……うぐ……うっ……」

 薄暗い小部屋に、啜り泣きの声が響いている。

「わたしの……わたしのせいで……」

 ゆっくりと周期的に傾ぐ床に、散らばった薬瓶類が転がっていた。多くの薬瓶を空にしながら、ル=ウはベッドに寝かせた伊織介の身体を擦っている。
「フランが、フランが居なくなってしまった。イオリもこんなに、こんなになって。わたしは……わたしなんか……」
 惨憺たる有様だった。右腕は失われている。顔は半分が抉れている。漏れ出した赤黒い腐液と薬液が混ざって、シーツは名状しがたい泥色に染まっていた。もはや骸としか言いようのない伊織介の身体に、しかしル=ウは縋り付いて離れない。

「わたしは……わたしはっ……。 でも、どうすれば良かったんだ、わたしは……うぐ、げほっ……」

 涙声でひとりごちながら、しかし魔女はただ泣き縋っているだけではない。
 嗚咽に混じる嘔吐は涙に由来するものでなく、実際に肉塊を吐き出している(・・・・・・・・・・・・・)。ル=ウが口から吐き出した胃液混じりの肉塊は、芋虫のように弱々しく痙攣する、生きた肉(・・・・)だ。形も大きさもばらばらな肉塊を吐き出しては、彼女はくねる肉塊を伊織介の傷口に押し込んでいく。

 ――死霊術師(ネクロマンサー)と見紛うような治療風景。あるいは、単に死体を操るだけならば死霊術の方が上等かもしれない。
 殖肉の魔術師たるル=ウにとっては、自身の生み出す肉こそが、唯一にして最大のいさおし(・・・・)である。なればこそ、伊織介の身体もその例には漏れない。ル=ウの肉を捏ねて人型に仕立て上げたものが伊織介ならば、その修復も同様だった。

「イオリには、見られなくて、良かった……かな」

 言いながら、ル=ウは己の手で、自身の右眼を抉り出す。ぷちぷちと神経の千切れる微かな音を立てて、青色の瞳が掌に収まる。

「こんな、わたしの眼で――わたしの身体なんかで。汚くって、ごめんね、イオリ」

 輪郭だけはどうにか取り戻した伊織介の右の眼窩は、ぽっかりと落ち窪んでいる。ル=ウはその空白に、眼球を優しく宛てがった。


     * * *
 

「――少し前のル=ウなら、皆の見てる前で泣いてただろうね。仮にも魔女団(カヴン)の長としては、自室で済ますようになったのは成長かな」

 一通り、伊織介の修復作業(・・・・)に区切りをつけたル=ウの背中に声がかかる。
「……ノックくらい」
「したさ」
 ベッド脇にしゃがみ込んだル=ウが見上げると、そこに立っていたのは衣装を血に染めたリズだった。
「報告ね。死者・行方不明者19名。怪我人はその倍。だいぶやられたね」
 リズの両手が赤く染まっている。専門の医者には及ばないが、リズには医術の心得がある。こんな船に同乗する奇特な医者など滅多に居ない。メリメント号にとって、彼女は貴重な治療者でもあった。
「目が真っ赤だよ」
「……ふん」
 ばつが悪そうにル=ウは膝を抱える。その様は、歳相応の少女と変わらない。
 ル=ウの右眼には眼帯代わりの包帯が巻かれていたが、そのことについてリズはことさら言及することはなかった。
「涙は大事さ。ボクらが人間であることを思い出せる――たとえなれの果てだとしてもね。哀しみすら忘れてしまった魔女は、ただの化物と変わらないよ」
 目線を落とすル=ウの傍に、リズが並ぶように腰を下ろした。
「気に病むな、とは言わない。フランは魔女団(ボクら)の中でも古株だった」

 ル=ウ自身、フランのために涙を流す矛盾は理解しているつもりだった。リズの報告通り、メリメント号の船員には多大な犠牲が出ている。彼らのために涙を流さないのは、それが情だとしても、人の上に立つ者としては落第点だ。
 それでも――フランの存在は、いつの間にか大きくなっていた。ル=ウが東に落ち延びて、最初に拾ったのが彼女だったのだ。魔女団(カヴン)という事業(・・)で生きていこうとするきっかけともなったのが、フランとの出会いだった。
 どんな苦境にあっても明るく、底抜けに阿呆で。意地汚く、好き者で。それでいて魔女には似つかわしくない、屈託のない(ひと)だった。莫迦みたいな高笑いに、ル=ウも何度救われたことだろう。

「切った張ったで売り買いする稼業さ。こうなることだって覚悟してなかったル=ウじゃないでしょ」
「……そう、だ。覚悟はしていた」
 身を抱く手に力を込める。覚悟はあっても、哀しみと向き合う準備は、今はできてはいなかった。旅路の途上であれば尚更だ。

「とはいえ――明日をも知れぬ、という意味ではボクも変わらない。もちろん、ル=ウ、キミもね。だからさ……」
 リズが、ル=ウの耳にかかる髪を掻き上げる。その手つきは穏やかで、ル=ウよりずっと小柄であるにも関わらず、まるで歳の近い姉のようでもあった。ル=ウも触れられることを嫌がる素振りも見せない。

「ル=ウ。やっときなよ。ちゃんと。イオリノスケくんと」

 だが、耳元で囁かれるリズの言葉に、ぴくりとル=ウは身を震わせた。
「な――何を」
 驚いた表情で、ル=ウが傍らのリズに向き直る。
「分かってる癖に」
 口調こそ悪戯っぽいが、しかしリズの視線は真剣だった。困ったような笑顔で、リズの右手がル=ウの頬を撫でる。

「抱け、って言ってるのさ――性交(セックス)、だよ」


     * * *


「……なっ……! 何を言い出すんだ、リズ」

 ル=ウが眼を白黒させる。次いで、耳が赤く染まっていく。

「忠告だってば。ボクは真面目な話をしているの。あのフランだって――」

 しかし、今度のリズの言葉はいつもとは違っていた。ル=ウの白い肌が朱に染まるのを面白がるでもなく、目を伏せて淡々と言葉を紡ぐ。

「――フランだって、いなくなってしまった。状況が状況だ、生き残れる望みはない。殺しても死なないようなフランが、だよ? ボクらはそういう世界に生きてるんだ」

 いつ死ぬか分からない。だから、やれる時にやっておけ――リズの言葉を、ル=ウはそう理解する。しかし当の伊織介が、意識もないとはいえ傍らに横たわっている状況では、冷静にその言葉を聞くことなどできようもない。
「……フランが、死んだとは、限らない。生きてる可能性だって……」
 口をついて出た言葉は、浅薄な反論だった。
「生きてる、だって? なんでそんな残酷なことが言えるのさ」

 だが、リズの忠告はどこまでも真剣だ。

「望んでなくとも、ボクらは魔女だ。女として生を受けた。女が生きて敗ければどうなるか、ル=ウだって分からない訳じゃないだろう? ボクが牢獄で、どんな仕打ちを受けていたか、キミは知っている筈だ」
「それは……」
「犯される。生きている限り犯される。死んでも犯される。犯して犯して犯し尽くして、丁寧に念入りに徹底的に辱められる。それが魔女の末路だ。そうだろう!?」

 リズは、傭兵だった。東洋まで落ち延びて、傭兵に身をやつした魔女だった。ル=ウがリズと出会ったのは、魔女団(カヴン)設立直後のことだ。看守のみならず、囚人どもにすら玩具にされていたリズを、ル=ウは金で買い取った。

「……ボク自身、戦場で敗ける度に犯された。ボクの身体は死に難いからね。敵兵の格好の玩具さ。犯されて、犯されて、それでも生き延びた。……だからボクの身体は、もう子を孕めない。何十代も続いたマルクアルトの血は、ボクが最後だ」

 ル=ウは、出会ったばかりの頃のリズを思い出す。惨たらしい陵辱を受けていたとは思えない、飄々とした女だった。現在よりもずっと軽薄で、過度に享楽的で、異様に刹那的で――きっとそれは〝明日死ぬかもしれない〟という、生に対する彼女なりの向き合い方だったのだろう。

「だからさ、ル=ウ。ちゃんとやっておいた方が良い」
 敗けて敗けて敗け続けて、それでも女として(・・・・)生き繋いだ彼女の言葉は、どこまでも優しい。
「処女は今のうちに捨てるべきだ。イオリノスケくんを――抱くんだ」
 有無を言わせぬ迫力で、リズが迫る。
「……わたしは別に、イオリのことなんて」
「好きじゃなくても良い。初めてはマシな相手で済ませておくべき、ってだけさ。名前も知らない敵兵や、醜悪な化物なんかよりはずっと良いよ」
「……」
 答えられなかった。反論する術がない。

 なぜ、東洋まで落ち延びた魔女たちが、今更群れるのか。なぜ、本来は孤独な筈の魔女が、魔女団(カヴン)なんてものを作るのか。
 それこそ、リズが受けたような仕打ちを避けるために他ならない。故郷(ヨーロッパ)で幾度となく繰り返されたように、魔女の死に様はいつだって凄惨だ。群れて怯える、哀れな子羊――それは、世に怖れられる魔女団(カヴン)が秘める性質の一端だった。
 だから、魔女にとっては刹那の愛情も、浅薄な快楽すら救済だ。たとえ神様がそれを否定するとしても。明日をも知れぬ身なれば――。


「……とはいえ、こんな状態のイオリノスケくんじゃあできないよね」
 リズがぱん、と手を叩いた。
「忠告は終わり。まずは、元気になって貰わないとね。……治るんだろ?」
 口調がどこか和らいだ気がする。リズの表情も、普段通りのへらへらとした薄ら笑いに戻っていた。
「治る。治すよ」
 ル=ウは視線をベッドに泳がせた。赤色と泥色に染まったシーツには、伊織介の身体が寝かされている。
「……もげた(・・・)のが腕なのは不幸中の幸いだ。わたしの魔術はこれ(・・)だから、すぐに移せる。もしも脚であれば、こうはいかなかった」
 言いながら、ル=ウは軽く右手を掲げて見せる。手首のあたりから、もう一つの掌が生えていた。

 ――殖肉の術式、〝聖女の触腕(キルデア・キラル)〟。その名の通り、意味論的な起源において「腕を生やす」伝承の聖女に基づく魔術。であればこそ、〝腕〟に類する部位に限れば、その製造速度は他の臓器と比して群を抜く。

「……数日もあれば、眼を覚ますさ」
「それは良かった。ボクも頑張った甲斐があるよ」
 リズがへらへらと笑っている。
 その笑顔を見て、ル=ウは逆に表情を曇らせた。

「……リズ。なぜ尋かないんだ――イオリの、秘密を」

 それは、ル=ウにとってもう一つの呵責だった。
 ――以前、リズに伊織介の〝正体〟について尋ねられたとき。
 〝何を織介に混ぜたのか〟問われたとき、秘せずにいれば。リズに告白していれば、何か状況が変わったのではないか。そう思わずにはいられない。

 伊織介を喰らった巨人は、伊織介を咀嚼した瞬間に腐敗(・・)し、溶け崩れた(・・・・・)。その後、巨人どもは伊織介の身体と、溶けた腐肉に群がっていた。その異様な光景を、リズも見ていた筈だ。

 だが、リズの返答は朗らかで、同時に残酷だった。

「何さ、ル=ウってば、ボクのことそんなに無粋な(キャラ)だと思ってるの? 心外だなぁ」
 大袈裟におどけて、リズは両腕を頭の後ろに回してみせる。
「そんなの、知ってどうにかなることだとも思えない。ル=ウが黙ってる、ってことは、何か理由があるんだろう? ボクは魔女団頭(ミストレス)の判断を信じているからね。それに」
 寧ろ責められることを期待していたル=ウは、予想外の言葉に再び目を見開いている。
「秘密の一つや二つ――魔女にはあった方が、魅力的だからね」

 わざとらしく、リズはウインクしてみせた。小器用な筈のリズだが、片目がつられて半目になっていて、お世辞にも上手いウインクではなかった。

「はは――」
 乾いた笑いが漏れる。
「リズは、厳しいな……」

 僅かに目尻に涙を溜めて、ル=ウは顔をくしゃくしゃにして笑った。


     * * *


 メリメント号は、傷ついた船体を労りながら、それでも東へと進んでいく。
 船のどこかに巣食った虫が、りりり、と夜ごとに鳴いていた。

◆作者をワンクリックで応援!

1人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ