メイドくんはみずきちゃんに恋してる

5章振り返りトーク

エピソードの総文字数=1,795文字

さあさあっ、始まりましたねっ、5章振り返りトーク!4章はなかったわけですが、今回で復活しました!ぱちぱちぱち~!
しかしここで残念なお知らせ、次回が最終章です
ええっ!?そんな……最終回だなんて……あんまりですよおおおおおおおおおっっ!!
しかししかし!もうちょっと続けます!終わりません!
おおっ、やったーーーー!!これで、私たちもお給料が出ますねっ!
花咲里さん……いつから私たちが出演すると錯覚していた……?
えっ、その口ぶりは……まさか出ないんですか!?
そうですね、残念ながら
嘘だ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
……古い、古いです。果たしてそのネタは今のご時世に通用するんでしょうか?
鬼隠し編のトラウマ!おはぎ!電話ボックス!……分かるかな?かな?
今は昭和58年でもここは雛見沢村でもありません!はい、そろそろトークに参りましょう
あうー
そもそもこの振り返りトーク、読んで頂けた方ならお察しのはずですが、通常なら3人で行っているんですよね。なので、ゲストを呼んでおります。
おおー!誰ですか誰ですかっ、わくわく!みずき様ですか!
それは……まあ紹介はいいでしょう、登場していただきますね。どうぞー
おう、お待ちかねの俺だ!
………………
おい、なんか反応しろメイド!
まあね、大方察してはいましたよ。だって1人1回ずつみたいな暗黙の了解があるし、5章の登場人物的に出て来そうだったし
こらこら、思っていても一応ご主人様なんですからもっと敬意を払わないと
あっ、すみません恭二様
ちっとも思ってないだろ!失礼なメイドだなほんと
まあまあ。揃ったところで始めましょう。……といっても、あまり尺がありませんね。ちゃっちゃと巻いて終わらせましょう。
ひぐ〇しの話なんかしてるからだろ!早く呼べよ、裏で待ってんだぞ!
ああっもう、恭二様が喋るから30文字も無駄にしてしまいました!
俺の扱いひどっ!!!!!!!!!!!
5章は~~……みずき様がかっこよかったです~、私にも優しくて、少女漫画の男の子みたいでした。久しぶりに女の子になれたというか~……あんな人いるんですね~血が繋がってるとは思えません!……ちらっ
俺を見るのやめろ?比較するな?あれくらい俺にも出来るからな?兄弟なんだし!
では、花咲里さんにやってもらいましょう。3、2、1……どうぞー
おい、お前顔赤いな……ひょっとして熱あんじゃねえのか?……ないな、……もしかして、俺がかっこよすぎて顔の火照りが収まんねえのか?鎮めてやろうか?その火照り
き…………
き?!
きゃああああああああああああああああああ私今からナニされるんですかあああああああああああああああああっっっっっ!!!!!!!
確かに、鎮めてやろうかその火照りってなんですか、エロ同人ですか?
それは冷えピタとか貼ってということだよ!どういう意味だよ!そういう意味だよ!
とにかくダメです、今のは萌えがないです、しかもナルシストで卑猥です。0点です
ですですっ!
くそっ、そういうならお前がやってみろよ
いいですよ、……こほんっ!
3、2、1……キュー!
貴方……少し顔が赤くないですか?ひょっとして熱があるのではないでしょうか……?ちょっと失礼します。……熱はないようですね、安心しました。貴方に熱があれば、私が困ってしまいますからね。だから、元気でいてください。
はうっ!!!!!!!!!!!
なんでそんなくさい台詞浮かんでくるんだよっ!!!
花咲里さんに熱があった場合倒れられでもすればメイドが1人減り、仕事が片付かなくなり、メイド長である私が疲れます。たとえ雀の涙程度の役にしか立たなくとも、いてもらわなくては困ります。……熱があったとしても、倒れる限界まで働かせますが。
メイド長の鬼~~~~~~~っ!!!!
おっと、こんなことしていたらもうお時間が……。くだらないことして全然振り返れませんでしたね、この振り返りトーク不要説。
俺は真面目にしようとしたのに!お前らのせいだろっ!クビだクビ!
私はこの屋敷に貢献しているメイド長ですので、クビはありえませんね。
じゃあそこのメイド、お前クビ!
クビクビって、それしか言えないんですね、……そんな権力もないくせに。
なんだとー!?クビだクビクビ絶対クビ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
花咲里さんはもう出てこないでしょう。クビかどうかそれは神のみが知る……
そんな!?

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ