ずっと一緒にいる方法

前編

エピソードの総文字数=1,084文字

【涼】
「ねえ、付き合っちゃう?」
【翔子】
「は、はい……!」
 憧れていた職場の先輩の突然の告白に、私は嬉しくてすぐに返事をした。
 涼は今まで付き合ってきたどの彼氏よりも優しくて、毎日がとても幸せ。
 仕事にも身が入り、充実していた。
 ある日の彼氏の家。
 一緒にベッドの中にいるときも彼は優しい。
【涼】
「……」
【翔子】
「ど、どうしたの? なんか辛そうだけど……」
【涼】
「あ、あー……翔子があまりにもかわいくてさ。でもあんまり無茶させたくないなーって」
【翔子】
「そんなの気にしなくていいのに。私も涼ともうちょっと繋がってたいかな」
【涼】
「はは、俺ら同じこと考えてたんだな」
【翔子】
「だね」
 涼はいつもこんな感じだ。
 私と一緒にいると嬉しそうだけど、なんだか辛そうな顔をする。
 だけど、私はなんだかまだ踏み込めなくて、その理由をそれ以上聞けずにいた。
 付き合い始めてから1ヶ月くらい経ったある日、私は学生時代からの友人とお茶をしていた。
【美恵】
「ねえ、ねえ! 新しい彼氏の写真見せてよ~! 面食いの翔子のことだからきっとイケメンなんでしょ?」
【翔子】
「た、たしかに面食いだけど、別にイケメンだから好きってわけじゃないよ?」
【凛】
「イケメンっていうのは認めてるわね」
【翔子】
「あ……」
【美恵】
「ほら、見せる、見せる!」
【翔子】
「えー?」
【凛】
「そう言いながらもめっちゃ嬉しそう」
【翔子】
「へへへ~」
【翔子】
「はい、これが彼氏の涼」
【美恵】
「やっだ! 本当にイケメン! こんな人、うちの職場にいないんですけどっ!」
【凛】
「……」
【美恵】
「凛もそうでしょ?」
【凛】
「……」
【翔子】
「凛?」
【凛】
「ねえ、もしかしてなんだけど、彼氏の名前、高梨涼……?」
【翔子】
「え、うん。そうだよ?」
【美恵】
「何、知り合い? もしかして元カレとか!?」
【凛】
「私の元カレではないよ」
【美恵】
「じゃ、友達とか?」
【凛】
「あー……うん、学校行ってたときのバイト先の子の元カレだと思う……」
【翔子】
「それで、どうしてそんなに複雑な顔してるの?」
【凛】
「いや、間違ってるかもしれないし、さ」
【美恵】
「なんかあるんじゃないの? 気になるって」
【凛】
「いや、ほんと、間違ってるかもしれないよ? 別人な可能性あるよ?」
【翔子】
「そこまで念を押すってことは何かあるの?」
【凛】
「……」
【美恵】
「ほら、きびきび吐く! そこまで言ったら気になるって」
【凛】
「翔子、本当に……聞く?」
 私は聞かないほうがいいかもしれないと思いながらも、こくりとうなずいた。
【凛】
「……彼ね、彼女の体の一部を食べたの……」
【翔子】
「え……?」

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ