【共幻社座談会】第2回「エッチと下ネタの上手な使いかた」

★会場その2★

エピソードの総文字数=10,130文字

「嘘つきでごめん」

はザキさんとサヤの微妙な心情の変化や、言動とは裏腹な内心など、アイコンの表情がさらに二人の心の動きを引き立ててますよね!

自分で描いたアイコンなのに「こんな色っぽい表情だったっけ!?」と自分で驚いてしまったくらい、須藤さんの文章と一緒に表示された時に印象が変わりました。

こんな表情の二人を壁となって見守っていたい・・・


<男性向けは……「抜く」の所が難しいんだよなあ……。

これに汁表現アイコンと言うのは有効だと思います?

キャラクターにオン!または単体で「ドピュッ!」みたいな感じで、盛り上げの手助けできますかね?

会場その1で黒名さんがおっしゃっていました、

「トークノベル化のコストを作者自身が引き受けられますよ、と作品で直に示すことも、軽視できない能力の証明」は、本当にその通りです。


言ってみれば、我々にゴーサインを出させることは、とても簡単だということですよね。

作家さんがトークノベルとしての自分の作品に、他の作家さん以上の情熱を傾けてようとしているのか……ということです。

>エロ本をレジのお姉さんに渡すときのドキドキ

ふつうの漫画と一緒に持って行きましたが、「ダメだよ」と叱られてしまいましたね!

いまにして思えば、あのレジのお姉さんも当時のボクを見て萌えていたのでしょう。

>いまにして思えば、あのレジのお姉さんも当時のボクを見て萌えていたのでしょう。

大人になるってそういうことですよね(笑)

トークノベルにおける、イラストレーターさんの役割はとても大きいですよね。

いままでのキャラデザや挿絵にとどまらないものを感じます。

>汁表現アイコン

有効どころか、必須だと思います。

イラスト上の過剰な性表現なのでトクメーカーさんではNGの範疇だと思いますけど。
>おちんちんが準備運動を始めようとしています!

所感ありがとうございます。
私個人の意見も高波編集長と似ています。

おちんちんの準備運動はできるし、アイコンが効果を発揮もしている。

でも、「トークノベルでエロは難しいのでは」という懸念は依然としてあるんですよね……思ったよりイケる感じではあるんですけどね。
ぼくの異世界転生。のはおりさんは、フリー素材のイラストに惚れこんで、そのキャラを使ったストーリーを作ったそうですし。


トークメーカーの公式アイコンでも、人気のアイコンは多用多用されますよね。

「このキャラを自分が動かすんだ」という、普段とは違ったモチベーションを与えてくれます。

>イラストレーターさんの役割はとても大きい

大きいですね~。

挿絵とはまた違う役割を担っていますね、アイコン。
そのせいで、キャラデザの与える影響も大きい。
>トークノベルの懸念

アイコンやふきだしが、読者の妄想を阻害してしまわないか。

地の文が重く感じられることで、没入感を失わせてしまわないか。

漫画やテキスト超える明確なものがまだまだ見えないので、不安なところは大きいです。


作者の立場で楽に作れるというのはメリットですが、読者からすれば貴重なオナニータイムですからね。

自分が厳選した最高のおかずを選びたいじゃないですか。

その最高のおかずが、トークノベル形式で用意できるのか……という。

はおりさんのおっしゃられていた「フリー素材のイラストに惚れこんで、それで物語を作ろうと考えた」というお話はとても共感しました。
>読者からすれば貴重なオナニータイム

そう。男だからそこは厳しくなりますよね。固定されたレイアウトでアイコンが演技するという所が、人形劇っぽくて、確かに表情は豊富なんだけれど、そこを超えてもうひとつ! というところが欲しい気がするんです。
男性向けR18レーベルについて話がありましたが、本当に立ちあげるとすれば、まずは「これが最高のエロトークノベルだ!」と言える作品を作った後になるでしょうね。
>貴重なオナニータイム

私はオリジナル妄想派なので、例えばあらすじやプロットさえいただければ、「オーケー、あとは妄想で行ってくる。声も映像もイラストも邪魔だ」となってしまいます。


トークノベルで新境地を切り開くには、そのあたりの改革から始める必要があるでしょうか。


でも、あの時間が一番リラックスできるんだよなあ。

誰にも邪魔されず自由で、救われない感じが。

>こんな表情の二人を壁となって見守っていたい

この壁になって愛でる感覚が……(笑)

女性向けだと「うたの プリンスさまっ」のツイートみたいな作品があったら面白いかもしれないですねえ。

なんかイケメンがひたすら呟いてるの、今日の味噌汁とか(笑)
>オーケー、あとは妄想で行ってくる。

トークノベルで抜くとなると、そういうことかもしれないですね。別の章で述べましたが2000字前後で、描写は濃くないんだけどシチュエーションのエロさでの「抜かせ所」みたいな。
>ミレちゃんの薄い本

本音と建前が戦争しますよ〜


オリジナルキャラが他人の手によって薄い本にされたときって、どんな気持ちなのでしょうね。

えっち・れじすたー(男の子用)だとメインヒロインよりも、キリコちゃんが、おっさんに連れ出されて……のあたりがシチュエロで、自分だと「イッてきま~す!」をしたくなります。そんな感じ。
気持ちはともかく、きっと読んじゃいますよね……(笑)
>キリコちゃんが、おっさんに連れ出されて

おっさんGJ! となりますね!

別の男性に片思いをしている、というフリがよい調味料です。

おっさんもそのことを知っていることでしょう。

さぞ良質な言葉責めを……。

「ゴルフの魔王様」は美少女ものだし、薄い本が作れますよね。

「妄想派のための今夜のおかず用プロット」みたいなツイッターアカウントありそう。

そして後日、プロットからどんな妄想をしたかを話し合うオフ会が開催され、ここからBL展開に……!?

二次創作(薄い本ふくめ)されることは最高の栄誉だと思っています。


たくさんの人に愛されるキャラクターを作りたいものですね。


キャラデザを依頼するときにも、必ず「コスプレをしたくなる」「二次創作したくなるように」とお願いしています。


キャラクターを知ってもらい、愛着をもってもらうためにもトークノベルという形式は効果的かと。


不思議なもので、読んでいるうちにどんどんキャラを好きになってしまうのですよ。

これは本当にすごい。

まさかのBL展開……!
なるほど……そんな発注指示のしかたが!

「二次創作したくなるように」と依頼するとどんなデザインが出てきますか?
「コスプレをしたくなる」はなんとなく想像できますけど。
「ねえキミちょっと、俺が作ったプロットで抜いてみない?」


どういうアプローチだろうか。

>二次創作しやすいように

複雑すぎるデザインだと難しいんですよね。

4コマ漫画用にデフォルメしやすく、かつそのキャラクターだとわかる記号があればいいでしょうか。

>キャラクターを知ってもらい、愛着をもってもらうためにもトークノベルという形式は効果的

そう思います!

私もトークメーカーで宣伝用に既刊作品をトーク化しましたけど、トークノベルは「読みやすい」「気軽に入っていける」ということと、キャラ絵が繰り返し目に入るので「親しみが湧きやすい」だろうと。

あくまで「イラストレーターさんの方にそういう意識をもってもらいたい」ということであって、出来上がったイラストについて「二次創作しにくい」なんていうことはありませんよ〜


作品がヒットしたらフィギュアになって欲しいじゃないですか!

イラストレーターさんには、萎縮せずにアイデアを出していただきたいですよね。

アイコン効果は作者にもありますよね。

アイコンでモチベが維持され、楽しく書けます。


自分の文章を読み返したとき、「つまらない!」となることが驚くほど減ると思います。


スランプに悩んでいる作家さんにオススメかもしれない!

>二次創作しやすいように

なるほど!

そういえば、トークノベルってアイコンが残るから二次創作しやすいですよね。
自分で用意したアイコン、このままにしとくともったないかな……とか、そんなことを思います。
>スランプに悩んでいる作家さんにオススメ

アイコン効果、ありますね!

まずは既存作品のトーク化から……ていう入り口があるのもいいですね。
アイコンつけていくだけでその作品が違う姿に甦っていくという。元気になると思います。
>トークノベルのアイコンで二次創作

いつかやりたいと思います。

「星の王妃さま二次創作コンテスト」なんて!

みんなの王妃さまがどんな旅をするのか、見てみたいですよね。


こういうとき、二次創作しやすいキャラと作品は強いだろうと思います。

>星の王妃さま二次創作コンテスト

面白そうですね! アイコンも素敵なのを沢山作って頂いたし、オリジナルのどんな変なアイコンとでも相性がいい作品ですしね(笑)
トークノベル作品で二次創作しやすいのは、「殺し屋サツキ」「天使ミレちゃん」「かませ犬」あたりかな。

アイコンを使えばすぐに二次創作ができるってスゴイ。

あ、もちろん著作権とかの話は、きちんと弁護士さんに相談してからね!


ダンゲロスがよいお手本になるかもしれない。

同じ絵で、しかも会話中心なわけですから、パッと見だと二次創作だとわかんないレベルかもしれないですよねえ。
トークノベルならではの手法や文化が生まれたらいいですね〜


黒名さんのエロ作品を読みながら、エロトークノベルの可能性を考えていきたいと思います。

トークメーカーさんにはコラボ機能があるので、それを上手く使えるといいですね。
ダンゲロスは、コンテンツとしてそもそも歴史があるわけですけど、トークメーカーでのバトルも仕組みが良く考えられているなあと感心します。

まず、最小限のシンプルなルールでありながら、奥行き感をきちんと持っているという。
>王妃さま二次コン

うん、普通にやってみたいですね。

トークメーカーではコラボ企画がたくさんありますし。

電子書籍を出す目的は、目先の売り上げではなくコンテンツを育てていくことですからね。

これは単なる持論なんですけど、「面白さ」って奥行きだと思うんです。

奥行きとは何かというと「立体感」で、つまり何でもいいから「要素が3つ」組み合わさっていると人間は「面白み」を感じ取るのではないかと。

ダンゲロスは「筆者A」「筆者B」「オーディエンス」という要素で構成されていていて、その関係性だけでまず無意識的に「面白い!(奥深い)」と思ってしまう。引きつけられるのではないかなと思います。
>ダンゲロス

ご縁があって、あちらでもコンテストをやることになりましたが、ただの即興小説ではありませんからね。

準備が勝敗(作品の出来)を分けるという意味で、商業作家に必要な心構えが自然に出来上がるといいましょうか。


即興小説なんて恐ろしくて参加できませんよ!

ドキドキしているだけで1時間終わってしまいます。

>ドキドキしているだけで1時間終わってしまいます。

もし参加したら私もそうなりそう(笑)
ウズウズしますけどね!
>ダンゲロスの奥行き

いろいろな思惑や期待、不安が入り混じる中で、無情にも近づいてくる制限時間!

立体的に楽しめるメタ的な要素が、TRPGと同じく特別な臨場感を与えてくれますね。

ダンゲロスの電子書籍化……知らない方に受け入れてもらうのって難しそうですが、どうお考えですか?

って、エロと関係ない話ではありますが(笑)
ウズきますよね〜!

私もいつか参加しようと思っています!


私が渾身の力で作ったキャラクターを、相手はどんな風に倒しに来るのかな?

邪悪な笑みがこぼれますよ! (負けフラグ

>ダンゲロスの電子書籍化

あれもこれもとアイデアは出て来ますけれど、とりあえずは静かにスタートいたします。


権利上の課題についても精査しきれていないので、専門家の助けを借りながらトラブルなく盛り上げられる形を考えます。ダンゲロスは特殊ですからね。


さきほど立体的な楽しみ方の話がありましたけれど、オーディエンスの反応などを含め、電子書籍として再現することはイメージしにくいです。

面白そう! と思っているのと、実際にやってみて「面白ぇ~!」ってのは違いますもんね。

やってみようかなあ……!

最近は負けフラグ立てといて勝つのが流行ってるみたいですよ^^
インタラクティブな部分はそのまま再現しようがないですもんね。

でも、さきほど高波編集長がおっしゃられたように、「親しんでもらいやすい」のがトークノベルの特徴なのであれば、「まずは知ってもらう」という部分を電子書籍が担えるといいですね。

インタラクティブな面白さは、それを見て「なんだろう?」と興味を持った人がトークメーカーに来て、実際に体験してもらうというように。

ダンゲロスは、残り10分辺りのドキドキがたまらないですね


エロトークノベルを書いてみようとしてたら、だいぶ話が進んでいた……
こちらが利益を上げようと考えているかいないかとは関係なく、商業として行うからには一定の責任が生じます。

作者に対して、読者に対して、ダンゲロスに関わってきたすべての方に対してですね。

それを守っていこうという気持ちを忘れずに、参加者のモチベーションと作品の質が向上するような水面下の働きかけができれば理想的かなー、なんて。

ゲーム形式のダンゲロスで思い出しましたけど、私、人狼ゲームのチャットログを見るのが好きで、思えばあれもトークノベルだなあ、と。

こういうサイトに入り浸っていました。
人狼ゲームるる鯖


トークメーカーでトーク化されている方もいるんですよね。ログではなくて創作作品ですが。
アサシンちゃんと人狼と化したニート達


>エロトークノベルを書いてみようとしてたら

取り掛かり早っ!
元々かいてみたかったというのもありまして……(^_^;)
>参加者のモチベーションと作品の質が向上するような水面下の働きかけ

頑張ってください!



書こうとしてみてどうでしたか?

おお、しゃりおっとさんのエロトークノベル!?
>書こうとして


たぶんエロアニメのセリフと擬音だけ抜き出したような感じの方がの方が、エロトークノベルには合うのかなと思いました。


状況(シチュエーション)説明は一番最初に済ませておいて

エロアニメって、なぜか状況をわざわざセリフで説明してるのが多い気がしますので
>擬音だけ抜き出したような感じ

そうかもしれないですね!
CG集に近いんだろうな……。
>なぜか状況をわざわざセリフで説明してる

「んはああっ……私の中で、熱いものが、熱いものがズブズブ動いて……奥っ、奥までぇ~」的シュールな説明セリフですね(笑)
>「んはああっ……私の中で、熱いものが、熱いものがズフズブ動いて……奥っ、奥までぇ~」

そうそう、そんな感じです!

官能小説特有のねちっこい性愛描写はおそらくエロトークノベルには不要もしくはできるだけ少なめ……がいいのかもしれないですね!

それは、私も既存テキスト作品をトーク化してて思いました。
アイコン調達は……しゃりおっとさんだと「ちびキャラメーカー」からですか?
>アイコン調達

あ、私の場合は

ミレちゃんが無料ダウンロードソフトの『グラフィック合成器』と『ちびキャラメーカー』で

あとはきゃらふとですね。

きゃらふとは私も利用させて頂いてるのでイメージは掴めるのですが、『グラフィック合成器』と『ちびキャラメーカー』はどうですか? ヒロインのアバターを作るのに。
グラフィック合成器は←のとおり顔が大きく出るので、表情がかなり判りやすいですね。

おおまかに言うときゃらふとの顔だけversionみたいな感じです。


私は幼児と少年ベースしか使ったことがありませんが、

青年・中年・老人といろいろなベースがあるので、そこもたぶん便利です。


あ、あときゃらふとと違うのは、

色相と彩度をバーでいじれるので白以外はかなり微妙な色まで作れることと、

パーツだけでも書けるのならば、それを追加で組み込んで使うことも可能なことですね。



ちびキャラメーカーは、くっきりはっきりした画像なので、とにかくキャラクターそのものがわかりやすくなると思いました。

(私のうにみゃーは、小ささを表現するために画像そのものを大分圧縮しています)




自分が使ってて一番感じた欠点は、

どちらも画像形式で書き出しになるのでパーツ情報の保存ができないことですね。


別で書き残しておかないと、新たに表情差分を作りたい時とかにものすごく困ります。

グラフィック合成器の色をいじった時は特に……

ミレちゃんはこんな感じです



…………大分それてますけど、だいじょうぶでしょうか?

shariotto

>グラフィック合成器とちびキャラメーカー

どちらもよさそうですね。
特に、色味を細かくいじれるのはエロ系だと嬉しいかも!
肌の火照り差分ががが(笑)

パーツ情報の保存は……エロに限ったことではないでしょうが――後々になって「ああっ、この表情足りない!」ってことが割とあるので、欲しいですよね。。。

アイコン表情のニュアンスがセリフや話の流れにマッチしていないと違和感が凄い。
項目数は少ないんで作り直すの自体は簡単ですよ。


↑もさっき作り直してスクショしたので

>大分それてますけど

大丈夫だと思いますよ!
アイコンの調達はエロいトークノベル的に重要かと!

調達先やツールの知識があれば、それだけで始めるきっかけにもなると思いますし!

イケメンアイコンの良い調達先があるといいんですけどね。
美少女系は割と恵まれているような。
一応、きゃらふとさまで男アイコンを作れるようになるらしいですね
おおっ! それは頼もしいですね!
……で、作れるようになった瞬間、トークメーカー様に溢れかえるBL・TL(笑)

いいかもしれない!

<きゃらふとさまで男アイコンを作れるようになるらしい

TL、BL作品が沢山登場していく事を願って・・・ウズウズ



<「星の王妃さま二次創作コンテスト」

皆様の妄想によってオナニーをする王妃様・・・すごく見てみたいです!

そして王妃様もご本望な気がします。

>王妃様もご本望

めっちゃ喜びそうですよね、あの方(笑)

>TL、BL作品
トークノベルと相性良さそうですからね……。
凄い事になりそう。
>男性向けR18レーベルについて話がありましたが、本当に立ちあげるとすれば、まずは「これが最高のエロトークノベルだ!」と言える作品を作った後になるでしょうね。

これは「男性向けのテキストのR18レーベル」を立ち上げる前に、「トークノベルの男性向けR18」のしっかりした作品を出すという意味でしょうか?
自分が小説家なので、エロ小説からのトーク化というという視点で語ってましたが、エロ漫画からのトーク化も面白そうだと思います。

男性向けのエロ漫画はシュールな世界観のものも多いし(「えっち・れじすたー」もどちらかというとエロ漫画的な設定)それはトーク形式と相性がいいのではないでしょうか。

ためしに書いてみました。


男性向け・触手・無理やり注意


たぶん、雰囲気だけのものです。

完全なるど素人丸出しですが、地の文ナシならこんな感じかなと。

後、アイコンはさすがに用意できませんでした。

>これは「男性向けのテキストのR18レーベル」を立ち上げる前に、「トークノベルの男性向けR18」のしっかりした作品を出すという意味でしょうか?


はい、そのように考えています。

そもそも現在の活動に余裕がまるでないのですけれど……。

いつか挑戦したいジャンルだと思います。

あと、ルポ系のエロ記事なんかも(笑)

エロじゃなくても、WEB記事などであるルポルタージュ風のコンテンツもトーク形式で読んでみたいと思います。

↓こういう感じの記事のことです。
「長くて退屈」だった校長先生の話、大人になってから聞くと面白いのか
スマホがスタンガンになる!? 『催眠術』でスマホ離れしたい!
ライターの社領エミ氏のルポ
<男性向け・触手・無理やり注意

しゃりおっとさんお仕事が早いですね!!

アイコンも説明文もないのに、フキダシ状に分かれているってだけで頭の中で情景が浮かびますよね

可愛い女の子のアイコンが脳内で乱れてますよ!

>男性向け・触手・無理やり注意

「アイコンをまだ入れていない」という状態がかえって、想像力をかきたてますね!
このままでもいいんじゃないかと思えてしまった(笑)

前衛的なタイポグラフィ作品にも見えます。

地の文ナシでも充分いけそうな気もしました。
多分、これでアイコンが入ると、また変わりますね。

是非、アイコンも入れて下さい! 楽しみ!



自分から上げておいてなんですが、大丈夫なのかと今更ガクブル
>「これが最高のエロトークノベルだ!」と言える作品を作った後

既存の男性向けR18ノベルだと、どうしても後発ですもんね。「男性向けR18トークノベル」からなら、まさしく未開の新境地……!

座談会最終日のトリに触手が来ると、誰が予測したであろうか……!
凌辱と言わずに「無理やり」という表現をしているのも、しゃりおっとさんらしい芸の細かさですね!

<ルポルタージュ風のコンテンツもトーク形式

アイコンで表情豊かに語られるのも面白そうですよね!

撮影写真も文章の中に入れながらだと賑やかになりそうです。

広瀬さん 黒名さん

感想ありがとうございます!


投稿してから手の震えが止まらない……

>投稿してから手の震えが止まらない……

それが背徳感よ……憶えておいて♥(誰
ゾクゾクッ!
>しゃりおっとさん


いいですね……!

もうすぐ終わりですね!

なんと総文字数10万字に達しようとしています!

なんか凄いアイコンでたーっ!
高波さん

ありがとうございます!


トークノベル形式だと極力文字数を削って、表情とセリフの裏に隠した方がいいのかなと思いました。

>10万字

えっ!? そんなになってました?

お疲れ様です!
まさか、そんなアイコンを隠し持っていたとは……
座談会で10万文字超えたー!?
高波さんのアイコンも私が描いた物なんですけど、いつの間にか独自進化を遂げていて驚いてます(笑)
試作だし、初めての作品なので、まずこれこのままアイコン入れて完成させて欲しいですけど、その後でもし二作目だとか、手直しだとかをしてみようという気になったら以下のものを足してみて欲しいです。

1.ヒロインにとっての貞操の大切さ
2.快楽を感じていけない理由


どういう形でもいいので、この二つを作品に加えると、エロさが増す気がします。

比較してみるとわかりやすいので、まずは今の形で完成させることをオススメいたします!

参加下さった皆様!お疲れ様でした!

とても楽しく座談会参加させていただきました^^

とても楽しい座談会でしたね!

みなさんもエロを書いてみたくなったんじゃないですか?


(射精管理、賢者モードでの執筆などを考えると恐ろしいですけど)

アイコンは独自進化しますね……。
差分がどんどん増える……。
>射精管理

ホラーと隣り合わせです!
はい。とても楽しかったです。
初めてのことだったので、いい体験でもありました。

一度体験しないとわからないことってありますよね。
エロも難しい事は考えずにまずは「書いてみよ!」だと思います。

さすれば触手も動き出さん!

黒名さん

アドバイスありがとうございます!

なるほど……明日にでも書いてみます!


大切な人にしか見せちゃいけないと教わったとか、いけないことだと教わったから……とかだろうか


手が震えて文字が打ちにくい……

そうか、もう終わりですか……

面白い話とかためになる話が聞けて、非常にありがたかったです!



パネリストじゃないのにでしゃばりすぎた気がします……すみません

どのようにエッチな作品が考えられて作られていくのかがよく分かって興味深かったです~

イラストにも応用できそうなプロセスも沢山で、勉強させていただきました。

エロい絵ももっと描いていきたいですね!

>大切な人にしか見せちゃいけないと教わったとか、いけないことだと教わったから……とかだろうか

そういうことです。

今すでにフォーマットがあるのはとても良い状態なんです。
理由を色々と変えてみるだけで、同じフォーマットでも少しずつエロみが変わるんです。

価値観以外にも、「許婚がいる」というような事情でもいいですし、「プライドが高いので認めたくない」というような性格的な理由でもいい。

そこを変えていくだけで、触手と女の子の間に無限のシチュエーションが……!
それでは、ここで締めさせていただきたいと思います!


黒名ユウさん、広瀬コウさん!

そして座談会を見てくれた皆さま!


本当にありがとうございました〜!

>理由を色々と変えてみるだけで


確かに、雰囲気とか口調とかも変わってきますね!

黒名さん、高波さん、須藤さん

しゃりおっとさん、コメント下さった方々、見て下さった皆様!

本当にありがとうございました^^


現在も

黒名ユウさん著  広瀬コウイラスト

「星の王妃さま ~エッチな夜のオデッセイ~」

連載、イラストも絶賛制作中です!

遊びに行って、大いに笑っていってくださいね!


共幻社からもラノベ、TL、BLコンテスト

イラストレーター掲載いただいてますので、ご縁があれば御一緒に作品を作れる日を楽しみにしています!!

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ページトップへ