天使ミレちゃんの振り回されな日々 -何でこうなるんですかー!?-

帰宅でのひと悶着

エピソードの総文字数=462文字


 そーっと

……ただいまーです
お帰りミレちゃん、おそかったね?
ひゃあ!?
えっとあのその雨が降っててお日様が沈んだことに気がつかなくて、それでそのあの……
あー……その、すまんかったの
ミレ殿を遅くまでつき合わせてしまって
あぁいえ、こちらこそ送っていただいてありがとうございます
今度からは、ミレちゃんに首輪でもつけてもらいますから大丈夫ですよ
……はい?
……いや、流石にそれはやりすぎではなかろうか?
あー……まぁ俺もそう思いますけどね、
ただ、もし外で迷子になったりして戻ってこれなくなったら
そのまま堕天しかねないですから
えっ? えっ??
あー……なるほどのう
だから、今度からミレちゃんが外出するときは
部屋の輪っか、首にくっつけて行くんだよ?
いや、あの、そのあの……
……はい……ごめんなさいでした


 こうして、次から外に出る時は首輪をつけることになりましたとさ


ところでジャルよ
はい?
堕天防止なら別に首に付ける必要はないんじゃなかろうか?
あぁ、あれは今回みたいに遅くなったときへの対策が4割の、趣味が6割ですから
……あいからわずじゃの、お主

◆作者をワンクリックで応援!

2人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ