【共幻社座談会】第2回「エッチと下ネタの上手な使いかた」

★会場その7★

エピソードの総文字数=1,915文字

>そんな光景が

ステキな執筆環境すぎます……(///)

女性の場合、男性ほど性的な器官を意識することはない

私もそう思います。

実はなんですが・・・私14才まで女性器の存在を分かってなかったので、赤ちゃんはコウノトリさんが運んでくるのだと本気で信じてました。汗

どれだけ保健体育の授業聞いてなかったのか、どれだけ頭の中がお花畑だったのか、今考えると恐ろしくなるのですが・・・(教えてくれたKちゃんありがとう)

でもそれくらい意識する事がない存在だと思うんですよね。


「この人がエロいことするときはどんなかな?」という想像が促進剤

TL,BLの興奮どころって正にそれだと思います。

妄想で興奮できるので、己の体と相談しなくても執筆できちゃうのですね。

<そんな光景が

黒名さん!

そんな光景を作品にしてみてはいかがでしょうか?

>女性の場合、男性ほど性的な器官を意識することはない

「膨らんでいくおっぱい」のほうが意識するんでしょうね。

性器で言えば、小さい頃「わたしにはいつおちんちん生えて来るのかな」って思っていたというお話を聞いたこともあります(笑) 可愛い!


>そんな光景を作品にしてみては

この座談会でいっぱいネタを貰えたような気がします^^
ああ、そうだ、この話題で思い出しました。

女性向けの官能作品を読んでいたときに気づいて、少しフェラ描写に取り入れたものがあります。

フェラされたときのおちんちんは、冷たさを感じているということです。

指を自分で咥えてみた時の指側の感覚がおちんちん方の感じ方。
咥えている方は舌側の感覚です。

実際にやってみると、どちらの感覚も入り混じってくるのでわかりにくいので、他人の口の中に指突っ込んだ方がわかりやすいかもですが(笑)

これが女性作家と男性作家のフェラチオ描写の差になっていたりしないかなーということを思ったんですね。

視点の話が先ほどありましたが、男性向けの和姦ものは男性視点で書かれることが多く、自分もまたそうしているのですが、その場合はフェラでは「冷たさ」を。

男性向け凌辱ものはヒロイン視点で書かれることが多く、その場合では「熱さ」を描写するようにしています。

感覚的なことでもあるので「これが事実だ!」というような意味ではなく(唾液の冷たさだけでなく相手の口内の体温も感じますしね)、自分と同性だけの体感だけでなく、異性側の感覚を研究しようとすると、何か自分の表現の中に新しいものが見つかるかもしれないというお話です^^

<異性側の感覚を研究

フェラチオ描写の差、なるほどっ!!!と思いました。

異性側の身になって考えてみるんですね。

フェラチオ描写の中で「冷たさ」は想像もしてなかったんです・・・

小説ではヴィジュアル面だけじゃなくて、五感についてもよく考えなくてはいけないからこそ気づく事ですよね。


イラストでしたら、ヴィジュアル面は調べても調べても足りないくらい研究するのですが、五感にまで気を回した事が無かったです!

何か新しい気付きがありそうですよ!

男性側は冷たさを感じている>
めっちゃ大きくメモしました! 今後の口淫シーンで活用していきたいと思います!

にけみ柚寿です。

いま外出先から帰ってきたところですが
座談会とても白熱していますね。


帰宅したばかりでまだ読んでいない部分も
あるので、これからじっくり読まさせていただきたいです。
座談会は今日の22時までということで
まずはお礼をのべさせていただきたく投稿致しました。


須藤安寿先生、広瀬コウ先生
コメントありがとうございます。


パネリストの方々、そして書き込まれたすべての皆様へ


この度は貴重なご意見の数々を拝読させていただき
本当にありがとうございます。
大変勉強になりました。

2017/12/28 20:31
にけみ柚寿先生こんばんは!

お疲れ様です。


こちらこそコメント下さってありがとうございます~

白熱したトーク読んでいってくださいね^^

にけみ柚寿先生、こんばんは!
おかえりなさいませ。

参加して下さってありがとうございます!
多分、時間過ぎても、しばらくは書き込みはできると思うのでゆっくり読んでいって下さ~い。

気がついたら22時過ぎていた。

今回の座談会とても参考になりました。

私の作品でもエッチなシーンとか書けるようにこれからも精進していきます。

次回の座談会も楽しみにしています。

今回は座談会を企画してくださりありがとうございました。

タイムアウトながら戻って参りました。
皆様お疲れ様でした。得るものいっぱい&とても楽しい座談会でした(^^)。
黒名先生、本当にお疲れ様です。ゆっくりお休み下さい。

今後共よろしくお願いいたします。
鈴鹿歌音さんも沢山コメント下さりありがとうございました^^

また座談会ご参加お待ちしてます!

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ページトップへ