チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第六十三話『大龍 - ワイバーン』

エピソードの総文字数=1,191文字

驚くことに、そこには、凄惨な状況が広がっていた。
水晶が戦闘不能になり、瑠璃、珊瑚が瀕死の状態で、最終チェックポイントのボスと対峙していた。
2017/06/03 17:50
「恥ずかしい所、を見られてしもたな」
2017/06/03 17:50
ボロボロになった珊瑚が、こちらを向いて、無理やりおどけて見せた。笑ってはいるが、この状況に怒りを隠し切れない様子だった。
2017/06/03 17:50
「これは、一体・・・」
2017/06/03 17:51
僕が言葉を漏らす。信じられない光景だった。さきほどのチェックポイントのボス「仔竜 - ミニドラゴン」を一瞬で倒してしまった。あの、瑠璃、珊瑚、水晶のチーム「ジェムドロップス」が壊滅状態だ。

水晶はすでに倒れている。

その状態を見て、普段は大人しいがためか、正気を保てない状態になってしまった、瑠璃が、
2017/06/03 17:51
「うあああああぁぁぁぁぁ」
2017/06/03 17:51
と叫びながら、A+ランクのスキル「魔法連射 - ラピッドファイヤ」を発動させ、ファイヤーの連射をする。
2017/06/03 17:51
「あかん!!」
2017/06/03 17:51
珊瑚が叫ぶが、遅かったようだ。ボスが、その、瑠璃の連続魔法を、羽を閉じて防御し、そのまま、瑠璃に向かって炎を吐いた。
2017/06/03 17:51
「瑠璃!!」
2017/06/03 17:51
珊瑚の叫びも虚しく、瑠璃のHPバーが0になり、瑠璃が倒れる。「ごめん」瑠璃の声が儚く消える。
2017/06/03 17:52
「瑠璃ぃぃぃぃぃ」
2017/06/03 17:52
珊瑚が叫ぶ。

信じられない光景が続く、あの神業の「魔法連射 - ラピッドファイヤ」も通じないのか。瑠璃の「魔法連射 - ラピッドファイヤ」はただの連続攻撃ではない、硬直時間を時間にいれた、コンマ数秒単位の連続攻撃だ。
2017/06/03 17:52
「これは、現実か・・・?」
2017/06/03 17:52
僕がつい言葉を漏らす、あの元A級で、一瞬で「仔竜 - ミニドラゴン」を倒した、珊瑚たちがこんな状態になるなんて。
2017/06/03 17:53
「珊瑚、大丈夫か?」
2017/06/03 17:53
僕が、珊瑚に声をかける。
2017/06/03 17:53
「下がっとき、これは、君らが勝てるような相手ちゃうで」
2017/06/03 17:53
そう言いながら、A+ランクのスキル、『二刀流 - デュアルソード』を発動した。珊瑚が最後の力を振り絞って構える。
2017/06/03 17:54
「かかってこいや!!」
2017/06/03 17:54
とボスを挑発する珊瑚!!瑠璃と水晶をやられて、精神が高ぶっていると思ったが、意外に冷静な姿を見せる珊瑚。相手を、挑発し、自分はスキを付くという作戦のようだ。

その挑発に応じる形で、ボスが珊瑚に向かって、炎を吐く。
その一撃目を避け、ボスの元に走り攻撃しようと、向かっていく。
だが、その炎はやまず、珊瑚の方に向かっていき、そのまま珊瑚を捕らえてしまった。
2017/06/03 17:54
「うぁぁぁぁぁぁ」
2017/06/03 17:55
珊瑚が炎に焼かれ、珊瑚たち「ジェムボックス」は全滅してしまった。このD級英雄ランク戦は、全滅すると、スタート地点に戻されてしまう。転送の準備が始まり、珊瑚たちの体が光だす。

その三人を倒した、ボスは咆哮し、大きい羽を揺らす。
先ほど倒した、「仔竜 - ミニドラゴン」の数倍は大きい、黒く凶暴な顔をし、大なツノを2つ持った、巨大龍。ファンタジー世界の住人、伝説のドラゴン。

そう、この「D級英雄ランク戦」最後のボスは

「大龍 - ワイバーン」

だった。
2017/06/03 17:55

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ