マジカルミュージック

急転直下

エピソードの総文字数=1,751文字

    卑怯だ……。篠崎さんは、卑怯すぎる……。素手の歌音たちに対して相手は武器あり……。歌音たちには、勝ち目はない。


    助けを求める相馬先生に対して、何もできない歌音たち一行……。篠崎さんの殺意を諸々感じ取り、気分が悪くなってくる……。


    色々な感情の混ざりあい、黒がリードしている気がする……。淡い歌音たちの色合いは、黒に闇に飲まれつつあった。

2017/06/12 10:32
    時刻……0時。後、六時間。

    日の昇る洞窟の日の出を見る前に、相馬先生を見つける……。 そのミッションは、完了した。

    しかし、相馬先生を見つけたのは良いだろう。目の前には、ヤンデレ篠崎さんが立ちはだかっている。

    時間がないのにどうやって取り返せって言うんだよ!!



2017/06/12 10:36
    一成と篠崎さんは、ずっとにらみ合いが続いている。歌音と圭は、ずっとそれを見守るしかできない。


    くっそー!!    どうしたら良いんだよ……。私なら出来る。考えろ、歌音。こういう時、何が出来る。何をすべきか……。相馬先生を助けたい……。その思いは強い。思いが強くても相手は本気だ。

2017/06/12 10:39
    本気なら歌音も本気を出せば良い。この暗闇を利用した良い方法……。それさえ、考え出せれば……。あっ、閃いた!!    この方法ならいける。歌音は、一成と圭に向き直る。
2017/06/12 11:01
お兄ちゃん、圭くん。良いこと思い付いた。声小さくてごめんだけど、耳をすませて聞いて
2017/06/12 11:03
分かった。……で、何だよ
2017/06/12 11:04
私が、篠崎さんの気を寄せ付けるわ。お兄ちゃんは、その間に相馬先生を……
2017/06/12 11:04
それじゃあ、お前が危ないんじゃ……
2017/06/12 11:05
大丈夫。いざとなったら圭くんがフォローしてくれるわ
2017/06/12 11:06
あぁ、必ず歌音を守ってやるよ
2017/06/12 11:06
分かった
2017/06/12 11:07
私が指示を出したら作戦開始……で良いわね。持ち位置は、私はここで、お兄ちゃんはこの地点、圭くんは私の後ろ……。始めましょ
2017/06/12 11:07
    各自持ち位置につく。

    歌音の懐中電灯の消灯が戦いの合図……。他の人は、使用可能。これで勝てる。謎の勝利宣言……。

2017/06/12 11:08
    歌音は、みんなに合図を送ると懐中電灯の灯りを消した。

    辺りは真っ暗になり、相手が焦っているのが分かる。

    チャンスは、今しかない。

    歌音は、岩影から飛び出し、篠崎さんを目指して一目散に走り出す。実は言うと、短距離走には自信がある。

    一成と圭の照らす懐中電灯の灯りが道を照らす。

    目の前には、篠崎さんが……もう少し……しかし、届かない。

    誰かに弾き飛ばされ、歌音は地面に転がった。マジで!!

    相馬先生が、歌音を弾き飛ばしたのだ。

    腕からは出血しているのが分かる。

    もしかして、今歌音が死にかけた?

2017/06/12 11:14
相馬先生!!
2017/06/12 11:20
生徒を守るのはあたしの役目よ!!    篠崎、あなた目を覚ましなさいよ!!    一成とあたしは、昔から付き合っているの!!    あなたには譲らないわ!!    一成と生徒は、あたしが守るんだから!!
2017/06/12 11:21
何で……さっきまであんなに怯えていたのに……
2017/06/12 11:24
もう悩みなんて吹っ切れた!!    いつまでもクヨクヨしてられない!!    あたしは、教師よ!!    あなたがあたしに成り済まして、学校に電話したのも見ていたもの……。人にあれだけ薬盛ったけど……。聞こえるものは聞こえるのよ!!    あたしは、一成を愛してるわ!!    それだけでは足りない……世界で一番愛してるのよ!!
2017/06/12 11:24
俺もだ!!    亜里沙がいなくなったとき、気が動転した……。お前がいないと俺は、ダメみたいだ。俺も愛してる……。世界で一番亜里沙を愛してる……!!
2017/06/12 11:27
どうして……一成くん……。どうして私を愛してくれないの?
2017/06/12 11:29
残念だが篠崎の言うことには答えられない
2017/06/12 11:30
一成、よく言ってくれた!!    しかも、台詞がキザだ。


    しかし、これで安全とは限らない。

    歌音たちのいる洞窟を爆破しかねない……

    ……って、何?

    あのボタン装置……まさか!!

2017/06/12 11:31
一成くんが私を選んでくれないなら、皆ここで死ねば良いのよ!!
2017/06/12 11:33
    ポチッとな……って。

    次の瞬間、歌音たちのいる洞窟周辺が崩落……。


    まさかの死亡フラグ!!

    歌音たちは、何も言えないまま下へ下へ落ちていくのであった。下が水であることを祈るだけであった。

2017/06/12 11:34

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ