【11/13】 ダンゲロスSS(60)如月真琴VSヤドナシ

如月真琴

エピソードの総文字数=4,057文字

ここから先は如月真琴の事件ファイル!!

他の人が書き込むことは許されない……!

おはようございます、お天気の時間です!

今朝から皆様と朝のひとときを一緒させていただく、

お天気キャスターの土夏(どなつ) 見帆(みほ)です!


関東は本日、1日を通して快晴になるでしょう!

以上、お天気でした!!

テレビから快活な女性の声が流れる。

朝のバラエティ、「おはようダンゲロス」の天気予報だった。

Like_Ryuku

前のお天気お姉さん、解雇になってしまわれたのか……。

まぁ不倫疑惑が付いちまったからな。仕方ないことか。

(もぐもぐ)

最近のテレビは怖いですからねー。

何か報道されるとすぐ干されちゃいます。諸行無常です。

そんな口ほどにもない感想を述べながら朝食を頬張るのは、

最近できた俺の助手(ひも)、メイだった。


ちなみに彼女は魔人能力を持っているが探偵ではない。

あくまで情報収集のための助手である。

Like_Ryuku

彼女は「見た者の魔人能力が分かる」という能力を持っており、

俺の能力、ナンバー・トレースでは分からない情報を持ってきてくれる。


ちなみに年齢は俺より8歳下。ちょっとした妹である。

Like_Ryuku

あ、このお姉さん、「空を見るだけで天気を予報できる。的中率80%」っていう能力持ってますね! 隠れ魔人です!
そこは必中させてくれよ! なんのための能力だ!
◇ ◇ ◇

Like_Ryuku

※孤児院です。
みなさーん、今朝は快晴みたいです!

外で元気に遊びましょうか!

わーい、トーテムキャッチボールして遊ぶじゃん!

我の豪速球でみんなたちまちノックダウンよー!

石を投げないでくれるかな……それはそうとして、キャッチボールには賛成だ。
そのトーテムボールとやらは破壊してもいいんだな!?
(私の孤児院……人外魔境すぎ……!?)

みんなで仲良くあそびましょうねー。

院長! ご来客です!! お通ししてもよろしいですか!?
子供たちの前ではイネカと呼びなさいと言っているでしょう?

ああ、お客様ですね。私が会いに行きますので、待合室に。

わかりました。待合室に。
そういって、シスターの緋針(ひばり)は立ち去っていった。

Like_Ryuku

我のトーテムデッドボール・クライシスを受けてみよー!
ヒャア! 我慢できねぇ! 殺人だぁ!
うわぁ、やめてよ。当たったらトーテムポールになっちゃうじゃん。
お外で遊びなさいったら!
◇ ◇ ◇

Like_Ryuku

※待合室です。
はじめまして。焔レオだ。

ちょっと探偵まがいのことをやっていて、

気になることがあったので直接取材に来たのだが――よろしいか?

あら、探偵さんですか。私はイネカと申します。

この孤児院の院長をやっていますわ。取材には応じます。

――それで、どんな御用?

本題に入る前に、一つ質問させてくれ。

――イネカさん、あなたの年齢はいくつだ?

うふ、うふふふ、うふふふふふ……。

あなた面白いわね。すっごく、面白い子。


32ですわよ。それがどうしたの?

あぁ、ありがとう。あなたが誠実な人で良かった。

俺はサバを読む女を信用したくないんだ。

うふふ、さっきの情報から、どうして誠実だと思ったの?
おっと、ここは俺も誠実にならないとな。

俺は見ただけで年齢とか体重とか、

そういう実数値が見える能力を持っている。

――だから、さっきの答えが真実かどうか分かる。

まぁ。それは生きづらそうな能力ですわね♪
確かに見たくない数字が見えてしまうデメリットを抱えているがッ!

上手く付き合っているつもりだ。放っておいてくれ。

それで、本題は?
おっとそうだったな。

イネカさん、あんたがここらで名高い探偵だと聞いてやってきたんだ。

何か心当たりはあるか?

んー、全くありませんわねぇ。

我が孤児院では勧善懲悪を良しとしています。


ここに居るのはみんな良い子ばかり。

悪い子に制裁を加えているだけですよ?

(やべぇ……天然探偵だ……!)
……その「制裁」とやらで、

この街の事件を随分と解決しているみたいじゃないか。

一度悪いことを目撃すると犯人を懲らしめるまで諦めませんから。

私の能力は――そうですね、隠す理由もありませんわね。


たとえば、あなたの服に他人の髪の毛が付いていますわね?

(メイの髪の毛か……?)

それがどうしたんだ。

その方は若く、魔人能力を言い当てる能力を持った魔人です。

視力は悪くないものの、伊達メガネを掛けていますね。

探偵志望なのですか。――ふふ、かわいらしい。


その髪の毛は朝、彼女があなたを起こしにきたときに付着したもの。

……まだまだありますが、もっと聞きますか?

――――!?


すごいな、アンタはエスパーか。

髪の毛一本から色んなことが分かるんだな。

いえいえ、全部「」なんですけどね。

そういう能力があるみたいで、悪事は何でもお見通しですよ?

なるほど、それは心強い。

それで――協力してもらいたい事件があるんだが、いいか?

えぇ、聞くだけでよければいくらでも話してください。

――懲らしめにいくかどうかは、それから判断します。

(笑顔に圧を感じる……恐ろしいッ!)
◇ ◇ ◇

Like_Ryuku

時にシスターさん、テレビはよく見るか?
えぇ。いつも子供たちと仲良く観てますわ。

特に朝のバラエティ番組、「おはようダンゲロス」は毎朝欠かさず。

それは話が早くて助かる。

――じゃあ、お天気お姉さんの代替わりが頻繁になったのは気付いているな?

存じております。

――たしか、お天気お姉さん48(フォーティーエイト)でしたっけ?

そういうのが発足されてから、

彼女たちのスキャンダルが増えてきましたわね。

そうだ。アイドルプロデューサーが大金を払い、

お天気お姉さんはアイドルグループに吸収合併されてしまった。


これにより、お天気お姉さんの競争が始まった。

個性豊かなお天気お姉さんが登場する一方で、

狂ったファンが増えてしまったというわけだな。

なるほど――そんな裏事情があったのですね。


西洋メイド風お天気お姉さん、

結構好きだったんですが不倫疑惑で降板になりましたね。

あぁ、古井(ふるい)アナだな。

確かに彼女はバストのサイズが非常に大きく――いや、いい。


それだけじゃない。お天気お姉さんが殺人事件に巻き込まれたり、

麻薬所持で逮捕されたり……ちょっと不祥事が多すぎるんだ。

ふむ……確かに気になりますね。


これから彼女たちは総選挙を控えているので、

何らかの圧力をかけられているのかもしれません。

あぁ、第2回お天気お姉さん48総選挙だな。

実は――姉が、お天気お姉さんの一人なんだ。


もし姉に何かあったら困る。

早めに解決したい。

えぇっと――じゃあ、緋針。ちょっと来なさい。
は、はい! 御用ですか!?
あなた、元お天気お姉さんだったわね。

知ってることを教えてほしいの。――カクカクシカジカで。

◇ ◇ ◇

Like_Ryuku

おはようさん、お天気の時間やで!

今朝から皆様と朝のひとときを一緒させてもらう、

お天気キャスターの名庭(なにわ)小椿(こはる)や!


関東の天気は午後から雨やな。傘を忘れんように。

ほな、今日も1日頑張ってな!

――クソッ、遅かったか!

土夏アナは殺人事件に巻き込まれて死亡ッ!


クソッ、クソッ!!

しかも今朝のアナウンサーは貧乳だ!

(もぐもぐ)

ほんと、交代激しいですよねー。

一体何が起こっているのやら……。


あ、この人も魔人能力者で――。

メイ、これは誰かに仕組まれた事件なんだ!

解決しにいってくる!!

あ、ちょ、私も連れて行って――。


行っちゃった……。

◇ ◇ ◇

Like_Ryuku

さて――約束どおり、容疑者を集めてきましたよ。

今回は立派な殺人事件ですから。


……ちょっとキツめのお灸を据えてあげないと。

わ、私はこの辺りを巡回していただけで何も……!
ワイは何も悪くないで! ただのグルメリポーターや!
(また事件に巻き込まれてしまったわい……クソッ、逃げたい)
どういう基準で集めたんですか、これ!?
そこのおじいさんは凶器の指紋から割り出しました。

グルメリポーターは周辺にあった『気配』から怪しいと思っての判断です。

天使は――まぁ、怪しいですね。

ハハッ、賑やかしって奴なんだね……。ははは……。
そんなことより、腹が減って仕方ないんや!

なんか食べられるもん、持ってへん!?

――あんた、知ってるぜ。

グルメリポーターの彦丸(ひこまる)だな。

いいでしょう、カツ丼をおごってあげましょう。
よっしゃ、天に仏とはこのことや!

それじゃあさっそく、いただきまーす!!


(ガツガツムシャムシャ)


むっはー、この肉厚なカツサンド、たまらんわー!

香ばしい卵と肉のハーモニー、

まさにニワトリの人生そのものを味わってる気分やでー!

(静かに食事出来ないのかコイツは……!!)
ところでレオさん、私はこの中で一番、

彦丸さんが怪しいと思っているんです。

まぁ色々と怪しそうだな。

…………。


……そういえばアンタ、

口に出すことで味を書き換える能力を持ってるんだったな?

はぁ? 何を言ってますの?
いや、ウチの助手(メイ)が「すごく変わった能力者なんだ」っていつもつぶやいてるもんだからさ。グルメリポーター向きの能力だなって覚えてたんだ。
…………。

だとしたら、なんや。

現場から消えた死体の謎が解ける。
は、はぁ……?
土夏アナは血痕だけを残して、死体は消えていたんだ。

もちろん捜索すれば出てくるかもしれない。

だが――こういう仮定が出来る。


味を書き換えて、死体を食べた。ってな。

あ、あんさん狂人ですわぁ……!

そもそも、人間一人分の肉なんて無理に決まってますやん!

そりゃあそうだ。

――だが、体積を変える能力があれば。


たとえば、そうだな……そこの天使、お前の能力だ。

えっと……はい?
お前の体重がさっきからすごい勢いで上下してやがんだ!

そういう能力者なんだな!?

ふふふ……バレてしまっては仕方ありません。

ですが――彼にも私にも、土夏アナを殺す動機はありませんよ?

――ここに居るのは全部で6人だ。

俺と、シスターさんと、おっさん、天使、彦丸。



最後の一人が真犯人さ――そうだろ。

第1回総選挙最下位、知里(しり)アナさんよぉ!!
ふふふ……そう、私が殺した。

私はこの世界が憎い――お天気お姉さんに序列をつける

この世界がにくかったのよ!

23:30だ! 事件終了! 撤収!
ワシの出番は一体……。

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ページトップへ