ソラミミ×DIAMOND

パレード潰し~II回目~(2)

エピソードの総文字数=845文字

 辺りは白い霧に包まれ、私たちはたちまち影絵になっていく。
 カヲリさんは依然、突っ立ったままだ。あれ、頭が、ある。でもそれは随分と小さく……
うはうは
とカヲリさんが発する。
カヲリ……さん?
 霧が流れ、カヲリさんがこちらを見ているのだとわかる。だけどこちらを見ているのは、カヲリさんの千切れた首の上に乗っかるピエロだ。うはうは、とおどけて見せた。
い、いや……
 草里は、さっき飛び上がったきりまだ、どこにも下りてくる気配もない。消えてしまった?
 はあ、はあ。わたしの息。荒くなる。動けない。回りでは物音一つしない。わたしの息の音だけ。どさ、っと頭をなくしたカヲリさんが倒れる。いや、カヲリさんは立っている。わたしの隣で、シヲリさんが倒れている。
 ちょっ……なんでこんな展開。全然、だめじゃない。だめだ。わたし、何が今日は戦えるだ。
シ、シヲリ……さん
 わたしの足はがくがくとして、倒れるシヲリさんの横にへたり込んだ。
 ああ。こんな間近で見たくなかった。霧のなかでもぞもぞと動き、影絵のなかでシヲリさんの顔面がまるでカーテンを開くようにぱかっと開き、そこからうはうはっと言って小さなピエロが飛び出す。いち、に、さん、よん……どれだけ。シヲリさんの身体のなかに住んでいましたとばかりに、ピエロがうはうはシヲリさんの顔を開けて行進してくる。
 霧が流れて視界が開ける。するとピエロたちは皆一様に、シヲリさんの顔を模したお面を付けている。
うはうは
うはうは
うはうは
シヲリさんの顔が十、二十、三十、……と陽気に陽気に行進してどこかへ去っていく。
 どぷっ。
えっ
 最後のピエロが行進について行ってしまうと、待ってーとばかりに、シヲリさんの頭そのものが千切れて、千切れた部分から足が生えて、ひょこひょこと行進についていく。残された身体から、どぷどぷと血が流れだし、地面を影に染めていく。
シヲリさん、行っちゃだめ……あ、あはは
 わたしは立ち上がろうとするけれど、足がしびれて、笑けて、涙が出てきてどうしょうもなかった。
 

◆作者をワンクリックで応援!

1人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ