マジカルミュージック

堕天使の心は清く、エンジェルは淡い恋心を抱く

エピソードの総文字数=2,860文字

    遂に当日。

    歌音は、大河と郁を練習室Aに誘った。

    すでに昴と里紗が準備を済ませ、楽器を構えていた。あがり症の里紗の手首に昴はおまじないをかけ、落ち着きを見せていた。

    「観客は全員、明石昴」というおまじないは、効果は抜群で里紗は笑顔で立っているのだ。

    ホルンが金色に輝き、クラリネットも丁寧に磨かれ、綺麗に維持されている。

    そんな二人が奏でる「whole new world」は、どのように輝く音色を作り出すのか?!

    大河と郁を圧倒する音色を……。

    作り出すのだ、最高のアンサンブルを……最高のラブソングを……。

2017/08/12 19:14
ほらっ、早く奏でろや!!    これ以上、昴に迷惑かけたら殺すからな!!
2017/08/13 09:01
まあまあ、落ち着いて話聞いてあげた方が良いと思うよ♪
2017/08/13 09:02
ちっ、このグズ女……
2017/08/13 09:03
    悪態をついた大河であったが、郁に席につくように施され、大河は苛つきの表情を見せながら席についた。

    しかしながら、大河の表情は固いままである。このまま演奏を始めて大丈夫なのか……歌音は不安になってきた。

2017/08/13 09:04
き……今日は、私と昴のアンサンブルを聞きに来てくれて有難うございます……。今日は、私たちで……最高の時間を提供しますので……よろしくお願いいたします……
2017/08/13 09:07
ちょっと緊張しているので多少のミスは……多めに見てください
2017/08/13 09:08
おぅ♪    昴のミスは見てみたいけど、里紗のミスは許さないからな!!    俺は、無能のミスだけは許したくない性でな
2017/08/13 09:09
    大河は里紗に対して大きなプレッシャーを与えてくる。

    性格が悪いことこの上ない。

    しかし、里紗はニッコリと悪戯めいた笑みを浮かべ、大河を牽制したのであった。それに対して、大河は若干怯んだが、またいつもの表情に戻っていた。

2017/08/13 09:11
大河さん……今までの恨み……全て晴れさせてもらいます!!
2017/08/13 09:14
ちっ、グズ女の癖に……
2017/08/14 13:27
    大河の独り言に里紗は無視した。むしろ、無視して正解だ。里紗は、極度のあがり症だ。

    しかし、今日は昴におまじないをかけてもらっている。だから、無敵だ。このおまじないは里紗には効果はてきめんなのだ。

2017/08/14 13:30
じゃあ、そろそろ始めるね。待たせてるみたいだし……
2017/08/14 13:33
うん……。私、頑張って昴の足を引っ張らないようにするね……
2017/08/14 13:35
里紗、リラックスして大丈夫……。最初は俺が引っ張っていくから……
2017/08/14 13:36
うん……ありがとう……。じゃあ、始めよう!!
2017/08/14 13:37
    里紗の目付きが何時もと違う。彼女の気弱な表情を一切感じさせない。

    遂に始まる。蝶と鳥の舞が……。

2017/08/14 13:38
    昴と里紗の息継ぎの音が聞こえ、「Whole New World」が始まった。アリババとお姫様のロマンスを感じさせるラブソングを大河と郁のために……。その為だけに今は奏でるのだ。

    ミスのない正確で感情のこもった演奏をあなたたちに届け……皆に届け!!

2017/08/14 13:41
(マジかよ……。こいつにこんな音楽を奏でる力が残っているなんて……。どういうことなんだよ!!    どうして本気出さないんだよ!!俺は、有能なやつと音楽を作りたい……。やっぱり里紗と演奏がしたい……。郁が好きだ……。なのにあんな恋愛をしていたなんて……)
2017/08/14 13:46
(やっぱりすごい……里紗と昴の演奏はすごい……。なのに……復讐だなんてなんて事を……。本当は大河の事大好きなのに……)
2017/08/14 13:51
(ホルンがアリババだとすればクラリネットはお姫様……最高のシチュエーションを確立できているわ)
2017/08/14 13:54
    まるで大河と郁の心の氷を溶かすかのように……大河の中にあったトリカブトの花も浄化され、心の中から消え去り、何もなかったかのように平然とした大河の表情を見ることができた。

    涙が溢れるぐらい綺麗なラブソングをこの世界に響かせたい……そう願う里紗も昴は、寄り添いあい、励まし合い、「Whole New World」を完成させることが出来たのだ。

    曲が終わる。

    大きな息をついた里紗と汗を拭った昴は、大河と郁を圧倒していたのだ。

    二人にこんなに隠された才能があったことを歌音はこの時、初めて知ることが出来たのだ。

2017/08/14 15:06
もしかして……やりきった……なのかな?
2017/08/14 15:12
すごい……最後まで里紗があがることなく、曲を紡げた……
2017/08/14 15:16

    音楽は、繋がった。大河と郁の反応が気になるところだ。里紗と昴が紡いだ音楽は、大河と郁の心に届いたのか?

 すると、大河から意外な言葉が飛び出してきた。

2017/08/14 17:59

ブラボー!!!!    素晴らしいぞ!!!!    里紗もやれば出来るじゃないか!!!!

2017/08/14 18:03

や……やめて……頭撫で回さないで……

髪が乱れる……

2017/08/14 18:05

 大河が里紗の頭を撫で回している。里紗は、大河の手から逃げ惑うが、されるがままの状態になっている。

 気が付いたころには、里紗の髪型は乱れ、ぼさぼさになっていた。

 大河の視線に入ったのが、昴であった。昴がげっ、という表情をし、その場から逃げ出そうとしたが、もう手遅れだ。

 大河が昴に思い切り抱きついたのだ。

2017/08/14 18:06

うお~、昴!!!!    お前は、やはり最高のホルン奏者だぁ~!!!!    心の友よぉ~!!!!

2017/08/14 18:13

ぎゃあ~!!!!    抱きつくな!!!!    俺は、男に抱きつかれる趣味は無いのに~……

2017/08/14 18:15

 この事件一件落着。

 しかし、この事件はこれで終わりではない。歌音が思う以上に、事件はスピーディーに進んでいたのだ。勿論のこと、一成も知らない。今は笑顔で振るまっているが、この先笑顔でいる事ができるのか。

 心を開いた堕天使とエンジェルは、心清く潔い恋愛をしていくことだろう。歌音は、それを見て笑顔を浮かべたのであった。いつも笑顔を見せない囚われの蝶と籠の中の鳥もまだ囚われたままだが、少しは羽ばたくことができたと思われる。

2017/08/14 18:17






 その頃、明里はとある教室にいた。

 明里は、怒りをあらわにし、とある少女に叱責していた。

 その少女は、明里以外には今は見えていない。

2017/08/14 18:27

どういうことよ!!!!    このままだとみんな死ぬって!!

2017/08/14 18:30

そのままの意味よ!!    明里、あなたに任せるより歌音に任せて正解だったと思ってるわ。歌音は、世界を救ってくれる救世主になるわ

2017/08/14 18:32

どうしてそんなこと言うのよ、香苗!!    あたし達、友達でしょ!!


2017/08/14 18:34

友達でも世界を救えるほうが大事なの!!    歌音は、それだけの力がある!!    私は、そう思ってる。私の選んだ救世主で音楽の女神さまだから

2017/08/14 18:35

 香苗の発言に明里は何も言い返せない。そのまま明里は、何も言い返せないまま香苗の前を後にしたのであった。

 廊下で明里は一人で呟いた。

2017/08/14 18:38

あたしは、歌音よりはできる女よ!!    次は、そうはいかないんだから……。國山くんは、そう簡単に攻略は出来ないわ……。だって、彼は……

2017/08/14 18:40

 最後の方、明里の言った言葉は周りの喧騒にのみこまれ、誰も聞こえなかったそうだ。

 この物語は、一つの楽団のメンバーの心を開き、世界を救うために悪と戦う音楽ファンタジーである。

 世界の崩壊は、予想よりも早く進行していたのである。その事は、誰も知らないことであった。

2017/08/14 18:43

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ