チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第六話『魔法使いの少女』

エピソードの総文字数=1,154文字

「じゃあ、Lv1同士よろしくね」
2017/05/26 13:58
二人のステータスを確認したあと、サラがそう言った。

僕らが話しているころ、じっと見つめる少女がいた。
2017/05/26 13:58
「あのー。」
2017/05/26 13:58
と、恐る恐る、その少女が話しかけてきた。
少女は、大きな丸い眼鏡をかけて、黒いローブを纏い、いかにも魔法使いという出で立ちだ。
2017/05/26 13:58
「はい」
2017/05/26 13:59
と、僕が応える。
2017/05/26 13:59
「勝手に聞いてしまったんですけど、あなた達も、レベル1なんですね!!」
2017/05/26 13:59
と、明るい声で話しかけてきた。
この世界の、見た目と違って、元は明るい少女なのかもしれない。
2017/05/26 13:59
「私も、パーティーを組みたくて、人を探していたんですが、良かったら、私も仲間にいれてくれませんか?」
2017/05/26 13:59
と、魔法使いであろう少女が提案してきた。
2017/05/26 13:59
「もちろん、もちろん!」
2017/05/26 14:00
サラが、僕が返答するのも待たずに、すぐに快諾した。
2017/05/26 14:00
「私達で良かったら!ね、いいわよねジュン!」
2017/05/26 14:00
とサラは事後承諾を僕に求めてきた。
もちろん断る理由はなかった。
2017/05/26 14:00
「もちろん!剣士と格闘家だけじゃ肉弾戦ばかりのチームになっちゃうしね、とてもうれしい申し出だよ!」
2017/05/26 14:00
と僕は応えた。
2017/05/26 14:00
「やた!」
2017/05/26 14:00
と、その魔法使いの少女は小さくガッツポーズをした。
その動きを見ていて、気がついた。彼女は、眼鏡に黒いローブとおとなしい出で立ちなのだが、プロポーションが良いことが分かった。くっきりと、出るところがでているタイプだ。サラは逆に運動に適した、少女らしい体系といえる。
2017/05/26 14:01
と、良からぬ事を考えていると
2017/05/26 14:01
「ちょっとー。どこみてんのよ!!」
2017/05/26 14:01
とサラがエルボーで僕の視線に応えた。
痛い、エルボーは痛いよサラさん。
2017/05/26 14:01
「なんのことかな??」
2017/05/26 14:01
と、僕は吹けない口笛を吹くフリをした。
全部見られていたようだ。
2017/05/26 14:01
「こんな男の子はおいておいて、そうだ、あなたのお名前は??」
2017/05/26 14:01
サラにそんな男扱いされた、まあ、そのことは置いておくとして、サラはその魔法使いの少女に名前を訊ねた。
確かにまだ名前を聞いていなかった。
2017/05/26 14:02
「奈緒子です!よろしくお願いします!」
2017/05/26 14:02
と、魔法使いの少女、奈緒子は応えた。
2017/05/26 14:02
「私はサラ、こっちはジュン」
2017/05/26 14:02
と、サラは僕の分まで勝手に自己紹介してくれた。
ありがたい。と皮肉っぽい表情を見せたが完全にスルーされた。
2017/05/26 14:02
「今度は本名言わなかったね」
2017/05/26 14:02
と僕は、サラに突っ込んだ。
2017/05/26 14:02
「そのことは、もう言わないの!!私も成長したんです!!」
2017/05/26 14:03
サラは抗議したあと、エッヘン、と胸を突きだし、腕を腰にやった。
2017/05/26 14:03
そのポーズをみて、僕はまた良からぬ事を考えつぶやいた。
2017/05/26 14:03
「やはり」
2017/05/26 14:03
と、つぶやくと、サラは気がついたのか、ハッと胸を隠した。
2017/05/26 14:03
「これだから、ジュンは・・・・・・」
2017/05/26 14:03
と呆れられた。

その様子を見ていた、奈緒子は苦笑いを浮かべていた。
2017/05/26 14:04
「ま、そういうわけでよろしくね!」
2017/05/26 14:04
と、サラが気を取り直してそう言った。

こうして、僕達は三人の、剣士、格闘家、魔法使いの三人パーティになったのだった。
2017/05/26 14:04

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ