いかに主は導きたまうか。

☆. Virtual Diary ある営業マンの日記。

エピソードの総文字数=691文字

仮想日記の体裁で、「こんな会社はすごくいい」をやってみた。

”彼”になり代わっての自動書記である。

注1:彼は感覚主体の人間なので、中身はありません。



【ある営業マンの日記】


今日、◯○◯を訪問する。新規の訪問だった。

不思議な印象があった。

入口を入ったとたん、なにかショックのようなものを感じた。

目眩を瞬間覚えたのだ。空間の断絶とでも言うべきか。

外との違いを体感として確かにおぼえた。

気のせいだと思う。


内線で担当者を呼ぶ。奥へ通された。

途中、事務局の部屋を通り、来客室に入った。

そこまでの短い移動で、またおかしな印象を持った。

異常に静かなのだ...。

だが、声はあった。笑い声も聞こえた。たしかに話はしている。

しかし、あの“静けさ”が記憶に残る。

そうだ、まるで深き水を運ぶ水路のような...。

昔住んでた京都でこの情景を見たおぼえがある。

奔流でありながら、小さな鈴の音ていどの水音しかそこにはない。

私はしゃがみ込んでいつまでも見飽きることはなかった。


商談は簡単だった。

私はおいしいお茶をいただいた。

相手をしてくれた人にも好印象がもてた。

慇懃に言葉少なく、しかし私の話しのすべてを聴いてくれたのだ。


今、自宅でこうして思い返してみるのだが、あの会社とは関係を持ったほうがいい。
 
いや、絶対に関係を結ぶべきだと個人的に確信する。

久しぶりにやる気がおこる。


   〈了〉



注2:彼は観葉植物のリース会社の営業マンです。(w)。



迷いなく流れる河のように...。



◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ