蒼海のガンマディオラ

ガンマディオラ(3)

エピソードの総文字数=1,218文字

 船尾甲板を下り、今度は船首方向へ向かって進む。

 そこには、美しい金髪を潮風になびかせている少女の姿があった。

おーいシュトラ、さっき拾ったこいつ、今日からこの船で働くことになったんでよろしくな。
あら、そうなんですね。

 シュトラと呼ばれた少女は、ラオを見つめてくる。

 澄んだ瞳がとても綺麗だ。

はじめまして。

ラオって呼んでくれ。

私はシュトラと申します。

ラオさん、よろしくお願いしますね。

もうお体の方はよろしいんですか?

うん、おかげさまでバッチリ。

運が良かったみたいだ。

おね~さま~。
(う、なんかごてごてした格好の女の子が出てきたぞ……)

ちょうどいいところに来たわね。

――ラオさん、この子は私の妹でフィーネと言います。

仲良くしてあげてください。

ほら、貴女も挨拶なさい。

は、はじめまして。

フィーネっていいます。

好きなように呼んでくれればいいです。

あ、そうなの?

じゃあ……フィーちゃんとか?

え、えええええええ――――っ!?
 なぜかひどく驚かれた。
出会ったばっかりの女の子にいきなりあだ名をつけるなんて……なんか怖い人ですっ!

ええええっ!?

でも好きなように呼んでって言ったのはフィーちゃんでしょ!?

やっぱりいやですっ!

なんか背中がぞわぞわってしたので!

ふつうにフィーネと呼んでください!

だったら最初からそう言ってくれればよかったんだよ!

そしたら俺もフィーちゃんなんて恥ずかしい呼び方しなかった!

じ、自分で言っといて恥ずかしいってなんですか!

それわたしの愛称にするつもりだったんですよね!?

もう、フィーネったら。
あうっ。
 シュトラの指が、フィーネの額をピコンとはじいた。
怒られてしまいました……。

貴女がラオさんを困らせるからですよ。

愛称には親しみが込められているのですから、そこまで嫌がることもないでしょう?

で、でも、お姉さまだってシューちゃんて呼ばれたらぞわっとしませんですか!?
…………。

 シュトラはラオをじっと見つめたあと、ほんのり頬を赤く染めて視線を逸らした。

あり……かも……。
(ありなのか……。)

おーい、茶番はそのへんにしてくれよ。

フィーネに挨拶すんだろ?

あ、そうだった。

 ラオはフィーネに名前を教えた。

 ロギア、船長、シュトラ、フィーネ。

 四人に自己紹介したことになる。

 孤島生まれの田舎者なんて、と馬鹿にされることを気にしていたラオだったが、そんなことは一切なかった。

さて、挨拶も終わったんだ。

ラオは部屋に戻ってもうちょっと休みな。

え、でも……。

(もう少しみんなと話したい……。)

バッカ、クラーケンとやりあったあと海にプカーだったんだぞ?

ちゃんと体力戻してもらわなきゃこっちが困るんだ。

仕事中にぶっ倒れられたらあたしらの仕事が増えるしな。

うん……。
眠れねぇなら手伝ってやってもいいぜ?
 ロギアが笑顔で右手の指をポキポキ鳴らした。
す、すみません! 寝ます!
 シュトラ、フィーネ姉妹への挨拶もそこそこに、ラオは下甲板へと慌てて戻っていった。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ