チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第九十〇話『格闘家の靴』

エピソードの総文字数=1,151文字

「じゃ、私も探しに行くで!」
2017/06/07 15:02
と珊瑚。
2017/06/07 15:02
「よっし!」
2017/06/07 15:02
とサラ。
攻撃手アタッカー二人、格闘少女のサラと剣士の少女珊瑚が元気に走りだした。
2017/06/07 15:02
「そういえば、僕も(攻撃手)アタッカーだった。」
2017/06/07 15:02
と僕も遅れて走りだす。あの二人の行動力に比べると、僕は思考タイプ、つまり行動がそんなに早くないので、遅れてから自分が(攻撃手)アタッカーだったことを思い出した。
2017/06/07 15:03
「300体のゴーレムか!たしかに面白いかも」
2017/06/07 15:03
と、言いながらぼくも、走りながゴーレムを探す。早速見つける。結構すぐ見つかるものだ。さすがに300体は伊達ではなかった。
2017/06/07 15:03
「グオオオオォォォォ」
呻き声を上げるゴーレム。僕はSSSランクの武器「 神の剣 -デュランダル 」を構える。正中線を意識して振り上げる。
2017/06/07 15:03
「とおおおぉぉぉ」
2017/06/07 15:03
と、ジャンプしながら、縦に切り下ろす僕。
「99,999」とカウントストップのダメージが表示される。
ゴーレムが消滅し、コインが手に入る。
2017/06/07 15:03
「よし、一体、倒した!」
2017/06/07 15:04
と、久しぶりに一人で敵を倒した僕はガッツポーズをした。
2017/06/07 15:04
「あ、でも、ゴーレムを倒した数をイベントじゃないんだった。でも、やっぱり楽しいな」
2017/06/07 15:04
と、改めてRPGの楽しさを思い出す。
2017/06/07 15:04
「ファイヤー、ファイヤー、ファイヤー、ファイヤー」
2017/06/07 15:04
と隣で、瑠璃も新たなゴーレムを見つけ、魔法を放つ。瑠璃はスキル『魔法連射 - ラピッドファイヤ』を使い、連続魔法を発動させる。さらに瑠璃は相手の硬直時間を狙い、魔法の軌道を変えることで、硬直回復からほぼゼロ秒でうちこむという神業をやってのけた。
2017/06/07 15:04
「相変わらずすごいね、その技」
2017/06/07 15:04
と僕は驚きを瑠璃に伝える。敵の事をしり尽くしていないとできない神業だった。
2017/06/07 15:04
「ありがと」
2017/06/07 15:05
と楽しそうな瑠璃。
2017/06/07 15:05
「どんどん行く」
2017/06/07 15:05
と先に進んでいく瑠璃。さらに別のゴーレムを見つけて、『魔法連射 - ラピッドファイヤ』を発動させる。
2017/06/07 15:06
「瑠璃ちゃんは凄いな」
2017/06/07 15:06
と僕が改めて言った。
すると、となりで空気が変わる。
2017/06/07 15:06
『雷迅 - ライトニング』
2017/06/07 15:06
バチチ、バチチチチィィィィという音が響く。
サラが『雷迅 - ライトニング』を発動させた。

いままでは腕だけだったのだが、前回のレア宝箱で「格闘家の靴」をてにいれたサラはその靴にも『雷迅 - ライトニング』のスキルをつけていた。
2017/06/07 15:06
「いっくぞー」
2017/06/07 15:06
サラが足に『雷迅 - ライトニング』を発動させ、その足で地面を蹴る。その刹那、サラが消えた。そして、ゴーレムが倒れている。
2017/06/07 15:06
「すげー!!」
2017/06/07 15:07
「すごいですサラちゃん!!」
2017/06/07 15:07
と僕と奈緒子が言う。

『雷迅 - ライトニング』を纏った、足で、地面を蹴り、高速でジャンプしちたサラはそのままてに纏った、『雷迅 - ライトニング』の手刀で、ゴーレムを倒してしまった。
2017/06/07 15:07
「鬼に金棒、サラに『雷迅 - ライトニング』だ。」
2017/06/07 15:07
サラの凄まじすぎる攻撃に、僕はまた思った。
2017/06/07 15:07

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ