チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第七十〇話『D級英雄第1位』

エピソードの総文字数=1,262文字

D級英雄ランク戦のご褒美、『D級英雄の宝石箱』、レア宝箱を一通り確認した僕らにさらに、メッセージが表示される。

チーム名:ドラゴンハンター
順位:D級2位→1位

僕らが6万チームいた、D級の1位になったことを告げるメッセージだった。
2017/06/03 23:57
「おおおおお、やったやった。1位だ、わーい!」
2017/06/03 23:57
サラがピョンピョン跳びはねる。彼女は喜びを隠さない。
2017/06/03 23:57
「6万位だったのが嘘みたいだなぁ」
2017/06/03 23:57
「ほんとですね、駆け上がってきちゃいましたね。楽しかったぁ」
2017/06/03 23:57
僕と奈緒子が感慨にふける。

さらに、CPUのアナウンスが流れる。
2017/06/03 23:57
「C級英雄に昇格しました。」
2017/06/03 23:58
「よし」
2017/06/03 23:58
僕が小さくガッツポーズを作る。
2017/06/03 23:58
「ついにC級に!!大変だったぁ。C級に上がると、何が変わるんだろう。」
2017/06/03 23:58
「気になりますね!楽しみです!!」
2017/06/03 23:58
僕が独りごちて、それを聞いていた、奈緒子も同意する。

さらに、CPUのアナウンスが流れる。
2017/06/03 23:59
「D級1位のメダルをプレゼントしました」
2017/06/03 23:59
「お、何だろ、これ」
2017/06/03 23:59
僕も聞いたことがなかったので不思議に思った。
2017/06/03 23:59
「売ると、高く売れるとか??」
2017/06/03 23:59
サラがカンで言った。
2017/06/03 23:59
「こういうのは、売ったり、捨てたりできないアイテムだろうなー」
2017/06/04 00:00
と、僕はRPGの定石的に特別アイテムは売れないことを思い出した。
2017/06/04 00:00
「へー、そういうのがあるんだ。それ何のために使うの??」
2017/06/04 00:00
とシンプルに疑問に思うサラ。
2017/06/04 00:00
「それを見せると、特別通らせてくれる秘密の道があったりするかもしれませんね」
2017/06/04 00:00
「あー、それね!!」
2017/06/04 00:01
奈緒子のアイデアに納得する僕。
2017/06/04 00:01
「二人で納得しないでよ!!」
2017/06/04 00:01
と、サラが二人に抗議する!
2017/06/04 00:01
さらに、CPUのアナウンスが流れる。
2017/06/04 00:02
「『レイクス外』外出許可証をプレゼントしました 」
2017/06/04 00:02
「お、これで、今いる最初のフィールド、レイクスから出ることができるね。」
2017/06/04 00:02
「お、そうなんだ!!たのしみだ」
2017/06/04 00:02
僕の言葉に納得する、サラ。この世界には4つのフィールドがあり、ここは、そのうちの一つの「レイクス」。さらなるフィールドにいけるようになったのだ。

さらに、CPUのアナウンスが流れる。
2017/06/04 00:02
「土地購入許可書をプレゼントしました」
2017/06/04 00:03
「お、これで念願のマイホームが買えるよ!」
2017/06/04 00:03
「え、でも、土地から買うんでしょ、そんなお金ないじゃん!!」
2017/06/04 00:03
と僕の言葉に懐疑的なサラ。確かにそうである。

さらに、CPUのアナウンスが流れる。
2017/06/04 00:04
「50,000,000ゴールドプレゼントしました」
2017/06/04 00:04
「え?!」
2017/06/04 00:04
「これいくら??いち、じゅう、ひゃく、せん・・・5000まんえん!?!?」
2017/06/04 00:04
「これで、土地も家も買えそうだね」
2017/06/04 00:04
「至れり尽くせりね!」
2017/06/04 00:05
とあまりの展開の早さに驚く、僕とサラ。

最後のプレゼントが終わった様子で、メッセージの表示が変わった。最後にこう表示された。

チーム名:ドラゴンハンター
順位:D級1位→C位
「D級英雄ランク戦 クエストクリア!!」

ファンファーレが鳴り響き、長きにわたった、D級英雄ランク戦が幕を閉じた!!僕らはC級に上がったのだった。
2017/06/04 00:05
「よし」
2017/06/04 00:05
とサラが手をポン、とたたく。
2017/06/04 00:05
「お家を買いに行こう!!」
2017/06/04 00:06
あれだけの戦いをした後も、元気なサラは、手を振ってみんなに合図した。格闘少女、家を買う。
2017/06/04 00:06

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ