天使ミレちゃんの振り回されな日々 -何でこうなるんですかー!?-

回想 二人が出会った直後のひと悶着

エピソードの総文字数=652文字



数分後



不安だ……やはり着いていくべきだっただろうか
流石に命令には逆らいませんよ?
そうか。それで……




ひっぐ……えぐ
何でまだこの子が居るんだ? しかも泣いてるし
それがですね? 邪神様の壷から呼び出されたらしく、返そうにも返せないらしいんですよ
あー……あの壷か
邪神様の壷
とりあえず、何か色んな物が出てくる不思議な壷
何が出るかは完全ランダム
まあ、返せないならしばらく預かるしかないか
食べないで……
食べない食べない
とりあえず聖域を作るから、しばらくはそこに住んでるといいよ
ふぇ?……聖域を、作る?




数分後




よーし、後はこの蛍光灯もどきを天井に取り付ければ……
完成っと。これで当分の間の寝床は大丈夫だろ
どした? そんなポカンとした顔して
な……
な?
何でそんな簡単に聖域が作れるんですかー!?

そこはほら、大悪魔であるこのジャルミウス様の力でちょちょいっとな

天使長様でもそんな簡単に作れないはずなのですが……


まぁ、そんなわけで、ここが天使ちゃんの部屋だから好きに使ってくれ

いえ、あの……聖域で寝泊まりするのは、ただの天使見習いであるわたしとしては流石に畏れ多いと言いますか……

別にほかの部屋を使うのはいっこうにかまわないんだけど……

それなら……
瘴気とかの関係で多分1週間も耐えられないと思うよ?
なんとかここで寝泊まりできるように頑張らせていただきます
まぁ、しばらくはここで休んでるといいよ

ありがとうございます

一時は本当にどうなるかと思いました






こうして二人は出会い、ミレエルがジャルミウスの屋敷に住みつくようになったのであった。


◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ