ソラミミ×DIAMOND

パレード潰し~II回目~(3)

エピソードの総文字数=1,076文字

 誰もいなくなった。シヲリとカヲリの胴体があるだけ。どぷどぷと血が流れているだけ。ピエロももういない。
 草里は、一体どこで戦っているのだ。
 ひらひらと、何か落ちてくる。紙のピエロだ。随分壮絶な死に様の絵。でもやっと、一体……だけ? 見れば、周りのあちこちで、紙のピエロが舞っている。はっ。小象は。後ろを振り返ると、紙の山がある。そこにどんどん紙のピエロが降り積もっている。これは、草里の殺したピエロ? もうこんなに、殺していたのか。さすがは、草里だ。

ソラミミ! 何をしている

 随分と高いところから声が聴こえ、一分くらい落ちる音が聴こえつづけ、ようやく草里が降ってきた。

小象を出せ!

 降り積もったピエロの死体の紙の山がばさっと捌けて、小象が出てくる。
 同じだ。模型だ。
 同じだ。わたしは近くに転がっているカヲリさんのピエロ斬りをどっと持ち上げる。同じだよ。

 どぷっ。

ひっ

 なくなっていたはずのカヲリさんの本物の頭があった。それが今、シヲリさんと同じように随分遅れちゃったぁとでも言いたげに、胴体を離れたのだ。どぷどぷ流れる血のなか、頭はてけてけとどこかに駆けていく。一度立ち止まってきょろきょろとするそれに、わたしはピエロ斬りをぶちかました。外れた。カヲリさんの頭は、きょきょろしながらどこかへ行ってしまった。

……うっ。うっ。あんまりだよ……

ったくソラミミ何をしているんだ。そんなのは放っておいていいから、早く

 わたしは、小象の模型に向き合い、そこからひょこっと顔を出したピエロ目がけて、今度は外さない。ピエロ斬りに切り開かれたピエロのなかから、小象の鼻を掴み、小象を引っ張り出す。抱きしめる。

ぱぽー

よし。ピエロはあらかたオーケーよ。鍵はほら

 チャリン。草里の手にはすでに黄色の鍵。

ああっいや

 小象の無邪気な突進。パレードの象がずしん、ずしんとこちらに来ている。

行けえ!

 草里は拳に力を入れる。
 だめ。だめ……!
 ぱぽーくしゅん
 ああ。
 ああー……

ちっ。だめか

 小象の姿はもうどこにもない。こちらにずしんずしんと向かってくる巨象の姿だけ。

ああうう……あんまりだ、あんまりだ……

ソラミミ。泣くんじゃない。前よりは、がんばったよ

 どこが。どこかだ。前とまるっきり同じじゃないか。いや前よりわるいよ。二人死んでるよほら……
 わたしはもう何も言わなかった。草里もしばらく何も言わずに佇んでいるようだ。
 ずしん。ずしん。ああ、巨象の足音が心地いい。わたしの小象を踏み消した巨象の足音。

……もう、いいな。行くぞ

うん……

 草里がわたしの肩をしかっと掴む。鍵を、廻した。

◆作者をワンクリックで応援!

3人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ