チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第五十一話『サラの新必殺技』

エピソードの総文字数=1,177文字

「キングガーゴイルは仲間を呼んだ!」CPUの音声でアナウンスされる。
2017/06/02 23:29
「うそ・・・でしょ・・!?」
2017/06/02 23:29
『キングガーゴイル』に大ダメージを当て、さらにとどめを刺そうとしていたサラがそう言った。なんと、キングガーゴイルはサラを攻撃するのではなく、仲間を呼んだのだった。流石にキングなだけはある。

しかも、呼んだんだのは、あの『ガーゴイル』を2体だ。
たった一体のガーゴイルで、初心者三人の冒険者を、全滅に追い込んでしまった、第一のチェックポイントのボス。あの『ガーゴイル』をだ。

突如現れた、ガーゴイルはいきなり臨戦態勢に入った。
しかも、ポジション的に、一番防御力の低い、魔法使いの少女奈緒子の近くに2体のガーゴイルが現れてしまった。ガーゴイル2体は、奈緒子に目標を定め襲いかかろうとしていた。
2017/06/02 23:30
「奈緒子ちゃん!!」
2017/06/02 23:30
サラの叫びも虚しく、ガーゴイルの攻撃が、奈緒子に襲いかかる。ガーゴイルは、羽を揺らし、剣を構え、上段から、奈緒子に斬りかかる。その剣筋は鋭い。
2017/06/02 23:30
「まずい!!」
2017/06/02 23:30
僕も、『疾風』を繰りだそうと、剣を構えるが、位置が悪く、ここからだと、当てることができない。
2017/06/02 23:30
「きゃあぁぁぁぁぁ」
2017/06/02 23:30
奈緒子の悲鳴とともに、HPバーが大きく减少する。ガーゴイルが奈緒子に襲いかかったのだ。アタッカー二人が前面を食い止められずに、魔法使いに、敵を近づけてしまうのは由々しき自体だ。僕と奈緒子の二人が悔しそうな顔をする。
2017/06/02 23:30
「このままだと、間に合わない!!奈緒子ちゃんが『スピードエリア』を出す、時間もない!!ぶっつけ本番はやだけど、あれを試すわ!!」
2017/06/02 23:31
「あれ!?!?」
2017/06/02 23:31
僕の疑問に応えるより早く、サラが動き出した。普通に走って行ったら、次のガーゴイルの攻撃に間に合わない距離だ。そして、奈緒子の速度を2倍にする魔法『スピードエリア』も奈緒子がダメージをもらった直後なので使えない。サラは走りながら、両腕を広げた。
2017/06/02 23:31
「『雷迅 - ライトニング』!!」
2017/06/02 23:31
サラはそう言って、両腕に電撃をまとった。バチバチ、バチィィィィィと音がなる。しかし、その距離では攻撃を当てることが出来ない。僕がそう思った刹那、彼女は前転ハンドスプリングの要領で、手を、地面に当てた。

その瞬間、サラが消えた。
地面に微かに電撃の後が残る。

同時に、奈緒子に襲いかかろうとしていた、ガーゴイルが「グギギギギイイィィィ」と呻き声を上げ消滅した。
2017/06/02 23:31
「え?倒した!?」
2017/06/02 23:31
僕は、一体何が起きたのかわからなかった。

その直後、奈緒子のそばに着地するサラ。
2017/06/02 23:32
「おー、出来た!出来た!」
2017/06/02 23:32
とにっこり笑いながら呟く。
2017/06/02 23:32
「よし、このまま、もう一人倒しちゃおう」
2017/06/02 23:32
と、『雷迅 - ライトニング』をまとった拳でをもう一体のガーゴイルに叩き込んだ。
一瞬で2体のガーゴイルをサラが倒してしまった。
2017/06/02 23:32
「す、すごい!」
2017/06/02 23:32
いったい今の技は何なのか、あまりの速さに、その時の僕にはわからなかった。
2017/06/02 23:32

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ