チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第一話『神の強運』

エピソードの総文字数=1,162文字

「いきなり神の剣が出たんですけど」
2017/05/25 15:52
僕は、あまりの事に震えだす手足を抑えるのに必死だった。

このゲームは超人気ゲーム「ラスト・オンライン」
ついに開発された、VRMMOのゲームだ。
VRMMOなので価格が高いというのに、大人気で当日に200万本販売したという、超革命的ゲームだ。

高校生が買うには、少々高く、親に頼んでも勝ってもらえなかったので、正月の休みは全部使って、バイトをして、なんとか買ったのだった。

なかなか買えなかったので、かなり攻略本で勉強していた。
なので下手なプレイヤーより詳しいかもしれない。
早くプレイしたくて、したくてたまらなかった。

攻略本も攻略ページもプレイ動画も全部見たかもしれない。
それだけ楽しみにしていたのだ。
つらいバイトにも耐え。ついにログインした。

このVRMMOというシステムは、寝たままの状態でヘッドディスプレイをつける。そして、手足にもバンドのようなものをはめる。実はこれがコントローラーだ。

「バーチャルウォーカー」
これがこのバンド型のコントローラーの名称だ。
まさにバーチャル世界を歩くための新発明だ。
この発明が世界を変えた。

筋電位。体が筋肉を動かすときに流れる微量の電流。
その昔、ロボットブームの頃、筋電位を使って、パワーを増強するスーツが多数発表された。
その技術を使って、筋力の動きを読み取るのだ。

この「バーチャルウォーカー」の仕組みは、さらに画期的で、逆位相の電気を筋肉に流す。
すると、実際には、体は動いていないのに、動きをゲームが読み取ることが出来る。つまり打ち消し合ってい、実際の体は動かず、動きだけがゲームに伝わる。

つまり、寝ながら大きく体を動かすと、体は動かず、ゲームの中の自分のキャラクターだけが動くのだ。
いままでは、同様のことをやろうとして、脳の動きを読み取る方法での研究が進んでいたのだが、それは難易度が高く、かなり先の未来にならないと実現しないことが分かった。

このバンドはかなり安価に開発することが可能だ。
ただ、筋電位と逆位相の電気を流すのは簡単なことではないため、ソフトウェアの開発に時間がかかってしまったのだ。

そして、満を持して発表されたのが「バーチャルウォーカー」であり「ラストオンライン」である。これは、超大手ゲームメーカーから発表された、30年以上前からある、超人気RPGの最新作でバンド型コントローラとヘッドマウントディスプレイ専用の最新ゲームなのだ。

そして、このゲームは、ところどころガチャ、というシステムが出てきて、武器やアイテム、スキルなどに差が出るようになっているのだ。

このガチャが最初にあるため、何回も入り直す、リセマラ(リセットマラソン)という行為をする人もたくさんいたのだ。

そして、僕が引いたのは
SSSランクの武器
「 神の剣 -デュランダル 」だった。
2017/05/25 15:52

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ