基本マニュアル

シンプルモードでの執筆

エピソードの総文字数=974文字

さっそくシンプルエディタで執筆しようとしたら、デフォルトエディタみたいに右側にパレットがなくなってるね。
その変わり、エディタっぽいものが下に移動したよ。
待ってください、シンプルモードでの執筆には、登場人物の設定が必須になります。
この画像では、私とコタローのアイコンが出ていますね。これは、登場人物に設定したキャラクターが出ているためです。

確認のため、タグを登場人物にいったん切り替えてみましょうか。
このように、私とコタローのキャラクターが登録されているのがわかりますね?
アイコンの種類や吹き出しの色などに注目しておいてください。

それでは執筆画面に戻って、何か書いてみましょう。
コタロー、やってみて。
ええと、メーコかぼくのアイコンを選べばいいんだね?
アイコンをチェックしてと……。
このようにシンプルモードでは、登場人物で設定してあるキャラクター一覧が並んでいますので、そのアイコンをクリックすると、あとはテキストを入力するだけで、自動的にアイコンと吹き出しが選択されるようになっています。
投稿できた!
なるほど、簡単だね!
アイコンをチェック → テキストを書く
の繰り返しだけで、どんどんセリフを書いていけるモードなんだ。
たとえば吹き出しの色など再確認してください。登場人物で設定した吹き出しの色と同じになっているのがわかりますか?
もちろんアイコンも同一です。
試しに私のほうも投稿してみますね。
こちらのシンプルモードは、設定した登場人物を元に、簡単に、連続してセリフを投稿していける機能に特化したエディタとなっています。
とにかくスピーディーに、連続してセリフを投稿していきたい場合などに向いているモードになりますね。
モードは基本情報ページにて簡単に切り替えられますし、作品ごとに別々のモードを使い分けることも可能です。
本格的な作品執筆にはデフォルトモード、日々の気軽なブログチックな活用にはシンプルモードなど、お手軽に使い分けてみてくださいね。
でもさ、こんなにシンプルモードがお手軽なら、もうこれだけでいいんじゃないかな?
デフォルトエディタって必要なの?
本格的な作品執筆には、やはりデフォルトエディタのほうがいいですよ。自由度の高さが違います。
では次の項目では、デフォルトエディタとシンプルエディタの具体的な違いについて、要点だけ押さえておきましょうか。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ