マジカルミュージック

嵐の後

エピソードの総文字数=1,237文字

    勝己の事件から二日が過ぎた。

    台風は通り去り、所々に嵐の爪痕を残していったみたいだ。

    あちらこちらに藁が落ちてるり、気味が悪い……。頭の中に連想される藁人形を消し去ろうと歌音は必死にもがく。水に溺れた人を連想するのはやめて欲しい。

2017/06/29 08:04
    結愛に話しかけられる。

    結愛は、松葉杖をついているが、骨折していなかったらしく、通常通りの生活を送っている。

2017/06/29 08:07
歌音さん……今回も迷惑をかけてしまいましたね……。本当にごめんなさい!!
2017/06/29 08:09
    結愛が深々と頭を下げる。

    歌音は、あの時許したはずなのに……まだ気にしているみたいだ。

    とにかく、結愛を安心させないと……。

2017/06/29 08:09
私は大丈夫だから深々と頭を下げなくてもいいよ。まだ合宿は終わってないんだから……。勝己くんも元の性格に戻ったみたいだし……。それはそれで良かったんじゃないかな?
2017/06/29 08:11
それはそれで良かったですわ。あの時ワタクシは気が動転していましたわ……。あそこで逃げ出さなければ、こんなことにならなかったはずなのに……
2017/06/29 08:12
今日、勝己くんに会いに行くんだよね?    じゃあ、この話は終了。本人に謝った方がいいと思うよ。後なんだけど……結愛ちゃん、謝る相手間違っているよ
2017/06/29 08:13
そうですわね。今日、勝己くんに謝ってきますわ。また今まで通りにやれたら良いですわ。テナーサックス一本足りないと何か音楽が音楽でなくなった気がするもの……。ありがとう、歌音さん。ワタクシ、練習に戻りますわね♪
2017/06/29 08:16
    結愛は、小走りでサックスパートの練習部屋に戻っていった。

    さて、歌音も本番に向けて最後の仕上げをしないとね……。

    耳にヘッドホンをあて、指揮棒を持つ。iPodから「太陽のワルツ」が流れ始める。それに合わせて、指揮をとる。何か機械音が……。ノイズが……。

    集中力はすぐに途切れてしまったのは言うまでもない……。

2017/06/29 08:18
    午前の練習後、一成と結愛は病院へ出掛けていった。

    心配そうにする結愛を慰める一成……。

    一成と結愛を見送る相馬先生を見つけた。相馬先生は少し呆れたような表情をしていた……。

2017/06/29 08:21
あら、鈴鹿さん。今、一成と結愛ちゃんを見送ったところよ。あたしに何か用事かな?
2017/06/29 08:26
相馬先生……何か焦っているように見えます
2017/06/29 08:27
そうかしら?    あっ、でも鈴鹿さんならすぐに見抜けちゃうから言うわね
2017/06/29 08:27
はい、お兄ちゃんの事で悩んでますか?
2017/06/29 08:28
最近、ちょっと色々なことがあって一成といる時間が減っちゃって……。寂しいなぁ……って。コンクールが終われば少しはマシになるだろうけど……
2017/06/29 08:53
相馬先生は、全国をめざしているんですよね?
2017/06/29 08:54
そうよ。三年以内に達成できれば良いの。あなたたちにあたしはかけているの。天才・秀才ばかりを集めたクラスですもの♪    さて、あたしもコンクールのタイムスケジュール作成に戻るわ
2017/06/29 08:55
頑張って下さいね、先生……
2017/06/29 11:50
    相馬先生は、部屋のドアを開け、部屋に入っていった。

    むなしくドアがしまる音が響くのであった。

2017/06/29 11:52

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ