ペイガニズムの倫理と資本主義の精神 ――浪人ですが東インド会社に就職しました――

3-3. ぶっちゃけだいたいヤクザの抗争

エピソードの総文字数=3,023文字

魔女団(カヴン)に対する前金である」

 どかっ、と麻の袋が士官室(ワードルーム)の机に叩きつけられる。

「ソヴリン金貨で200ポンドである。……請けるか?」
 リチャードソンが麻袋を逆さまに持ち上げる――中からじゃらじゃらと音を立てて流れ落ちるのは、眩いばかりの金貨の山。
「にっ……にひゃくポンドですの!?」
 フランセットが目を剥いた。東インドには多彩な国の多様な貨幣が流通しているが、中でもソヴリン金貨はほぼ純金製(・・・・・)の逸品。織介にはピンとこない話だが、それが200枚とくれば、相当な大金である。

 金貨1枚で一ヶ月は遊んで暮らせる。金貨20枚で奴隷が買える。貴族や役人が丸一年稼いでようやく得られるのが金貨100枚。金貨200枚は、目の回るような値段だった。

 前金だけで、これである。であれば、成功報酬は……想像を絶する金額に上ることは間違いない。
 ル=ウの眼の色が変わる。ついさっきまでリチャードソンに怒られて小さくなっていた背筋がしゃんと伸びる。魔女団(カヴン)の長としての顔つきに変わる。

「ね――ねぇ、貴女(ル=ウ)? 請けますわよね? 請けましょうよ! 請けるべきですわ!」
 フランがル=ウの肩を掴んで激しく揺すった。実に迷惑そうな顔で、ル=ウはフランを押しのける。
「うるさい、落ち着け金の亡者(フラン)。これだけの金額が出るということは、ヤバ(・・)い仕事に間違いない」

「で、あるな。目的地はバンタム」
 リチャードソンが、机上の海図を指差して言った。マスリパトナムから東、風にもよるが、船で一ヶ月弱ほどの距離にある小さな島だ。バンタムといえば、現在、英国(イングランド)東インド会社とオランダの争いの最前線である。
「なるほど、話が見えたな。会社(おまえたち)は、魔女団(うち)に火中の栗拾いをさせたいわけだ」
「相違ない。会社は、マルク諸島海域からの撤退を決定した。こちら(イングランド)の船がもう何隻も沈められておる。悔しいが、バンダの海はもはやオランダのものである」
 リチャードソンの言葉は真実だった。豊かな香辛料の産出地であるマルク諸島は、手段を問わないオランダの残虐な侵略によって席巻されつつある。
「島民の虐殺。奴隷化。村々を焼き払い、奴ら(オランダ)はその上に城塞を築いておる。英国(イングランド)人も多数が犠牲になった。実に野蛮なやり方である」

「――つまり。負け戦の蹂躙現場に飛び込めと? そこまでして、会社(おまえら)は何が欲しいんだ」
「……とある神父の追跡である。アイルランド人だ」
 苦々しい表情で、リチャードソンが吐き捨てる。
「神父さま、ですの? なんで今さら?」
 フランが事情を飲み込めぬ顔をした。血腥い抗争の舞台に、神父の存在はそぐわない。おまけに英国もオランダも今や新教徒(プロテスタント)の国だ。旧教(カトリック)の神父とは、いかにも胡乱な話だった。

「恥ずかしい話であるが……上層部(ロンドン)が、その神父に騙された。会社の金を持ち逃げされたのである。あまつさえ神父はその金でオランダ側に寝返り、今やバタヴィア城から英国人狩りの指揮を取っておる」

「く――」
 その言葉を聞いて、ル=ウは、
「く、くく……あっはっはっはっは! 愉快、愉快だなリチャードソン! こんなに皮肉なことは無い! くくくあははははは!」
 机を叩き、腰を曲げて嗤っていた。
会社(おまえたち)魔女団(うち)に何を頼むかと思えば――社の面子を潰した仇の制裁か! おまけに情勢は負け戦、正面からではどうにもいかなくなり、魔女団(うち)に白羽の矢が立った訳か! とんだお笑い草だな、この悪党ども(・・・・・・)め」

 ようやく、伊織介にも話が見えてきた。
 要するに、会社はル=ウを使って、暗殺がしたいのだ。呪いでも魔術でもなんでも使って、絶対に会社を謀った詐欺師を潰したい。報復したい――ということだろう。

(本当にやることが悪党そのものだな)

 そして今や、伊織介はその悪党の末端に位置する。

「相応に危険な航海になる。請けるかね?」
 リチャードソンが再三、片眉を吊り上げた。肉食獣を思わせる大きな目玉が、じっとル=ウを見詰めている。
「狸め。私貿易で財を成し、賄賂を使って成り上がり、謀略で敵を蹴落としてきた艦長(リチャードソン)殿が、勝算の無い賭けをする筈がない」
 腰に手を当てて、ル=ウは真っ直ぐリチャードソンの視線を受け止めた。

 そう、会社と魔女団(カヴン)は共犯関係。利益と損得勘定で繋がった、悪人と悪人の同盟である。であれば、ル=ウの回答は決まっていた。

「この仕事……魔女団(カヴン)が承った!」


 ――ちなみに。

 話がまとまった後、フランには尻百叩きの制裁が下された。

 前金の金貨のうち、数枚を服の下にこっそり隠していたのを、ル=ウは見逃さなかったのである。

 刑の執行は、伊織介の手によって行われた。

「四十八……四十九……五十……っ!」
 べちん。べちん。べちん。伊織介が素手でフランの生尻を叩く。
「あひんっ! あアンっ! おほぉぉっ!」
 痛がってるんだか何なんだか分からない声が、士官室(ワードルーム)に響く。

 百叩きはフランの尻が熟した桃のように真っ赤になるまで続いた。伊織介の掌も真っ赤になって、とても辛い仕事だった。

(奴隷として初めて任された、(いくさ)以外の仕事がこれって……ちょっと……)

 あんまりにもあんまりな初仕事に、伊織介は意気消沈するのだった。


    * * *


 英国(イングランド)東インド会社は、会社(・・)を名乗っているが、その実態は一般的な商組織とは少々異なる。独自の軍事力を持ち、艦隊を所持し、兵員を雇っている。

 有り体に言って、東インド会社はヤクザである。東インドの利益を独占する権利と特許を女王(エリザベス)直々に賜った、国公認のヤクザである。血腥い陰謀を張り巡らせ、ときには大砲をちらつかせながら、東洋における香辛料貿易で莫大な利益を上げてきた。

 加えて厄介なことに、東インドにはもう一つ、会社がある。それはVOC――オランダ(・・・・)(Vereenigde)インド(Oostindische)会社(Compagnie)だ。

 英国(イングランド)東インド会社が公認(・・)ヤクザならば、オランダ東インド会社は国営(・・)ヤクザである。新興国オランダ(ネーデルラント連邦共和国)は、今や経済によって世界を支配しようとする、極めて野心的な国家だ。その経済的尖兵として、香辛料貿易を独占するために国費を投じて作られたのが、オランダ東インド会社の実態である。その資本金は約650万ギルダー……英国東インド会社の実に十倍の財力を以て設立された。

 遠く西欧(ヨーロッパ)の地では、英国(イングランド)とオランダは同盟国である。

 しかし東インドの海では、英国(イングランド)東インド会社とオランダ東インド会社が、血みどろの抗争を繰り広げている。

 公認ヤクザ(イングランド)と、国営ヤクザ(オランダ)の争い――代理戦争の様相すら呈するこの東インド会社同士の戦いは、徐々にオランダ側優位に傾いていた。

◆作者をワンクリックで応援!

2人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ