マジカルミュージック

集中攻撃

エピソードの総文字数=1,185文字

    いつものように憂鬱な体育の時間がやってきた。

    しかし、いつもよりも憂鬱なのは、色々と理由がある。体育の授業がバレーボール……。歌音の一番苦手な競技だからだ……。

2017/07/15 23:14
バレーボール……嫌い……
2017/07/15 23:15
    よりによってレシーブやサーブの練習相手が、今歌音が警戒している真奈美になったからだ。

    そして、嫌がらせかのように強いサーブやレシーブを打ってくるせいで、歌音はもうヘトヘトだ。腕も真っ赤になっていて痛い。

    次は、模擬試合とか言い出さないよね?

2017/07/15 23:16
集合!!!!
2017/07/15 23:19
    先生のかけ声で女子生徒20人が集められる。嫌な予感を感じている。模擬試合とか……模擬試合とか……。
2017/07/15 23:21
今から模擬試合をする!!!!    チームは、こちらで決めたから発表するぞ!!!!
2017/07/15 23:22
    先生の決めたチーム分けは、最悪なチーム分けだった。相手チームに真奈美がいる……。これは、歌音が狙われる!!!!!!    集中砲火される!!!!

    今後、ごり先生と呼ばせてもらおう……。何か腹が立った。いきなり歌音はコートの中からのスタートとなった。相手チームのアタッカーは、真奈美……。

    いきなり歌音は、ピンチに陥ってしまった。相手のサービスエースなんて打てるとでも思ってるのか?無理だわ!!!!    (ヾノ・∀・`)

2017/07/15 23:23
狙いは、鈴鹿歌音だけ……それ以外は、狙わないでね♪
2017/07/15 23:28
    完全に歌音狙いかよ!!   ……。どうしたらいいのよ?!    ピィー、とごり先生が笛を吹く音が響き渡る。くっそー、ここはレシーブでもサーブでも何でもこい!!

    歌音は、ボールをブロックするため、歌音は腕を構え、ボールを打ち返してやる、と歌音は思う。

2017/07/15 23:29
    真奈美は、確かバレーボール部にも入っていたはず……。oh……。あんなサーブやこんなレシーブがくるだろうな……、と考えてると豪速球のサーブが飛んでき、歌音の顔面に直撃したのであった。

    その勢いで転倒し、周りを見回すと真奈美がどす黒い笑みを浮かべている。もう怒ったぞ!!、普段多分怒らない歌音を怒らせるとは……。こっちも本気でいかせてもらうから!!

2017/07/16 08:34
    歌音が打ったサーブが何回だっただろうか……。けっこう、打ったぞ。歌音ばかりを集中的に狙ってくる真奈美……。これ、絶対におかしいでしょ!!
2017/07/16 08:39
あたしの方にボールが飛んでこないわ……
2017/07/16 08:41
ボールばかり飛んできて疲れた……
2017/07/16 08:42
もしかして、歌音ちゃん……。真奈美に何かした?


2017/07/16 08:42
知らないよ!!
2017/07/16 08:43
歌音!!    危ない!!
2017/07/16 08:45
えっ……
2017/07/16 08:46
    何度目かの真奈美のサーブを顔面にくらい、歌音は体育館の床に倒れこんだ。

    倒れたときに床で頭をぶつけたのか意識まで遠退いていくのを感じた。

2017/07/16 08:46
きゃー、歌音!!    しっかりして!!
2017/07/16 08:50
    周りの叫び声等が聞こえるが、そんなの知るか!!    歌音は、そのまま意識を手放したのであった。
2017/07/16 08:50

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ