ペイガニズムの倫理と資本主義の精神 ――浪人ですが東インド会社に就職しました――

1-3. 喋る死体の朝ごはん

エピソードの総文字数=1,875文字

 ――人を斬れ。
 ただそれだけが、父が教えてくれたことでした。
 ――名を上げよ。
 ただそれだけが、母が教えてくれたことでした。

 でも、戦乱の時代はとうに終わってしまって。
 家督は、家中でも最強の誉れ高い弟が継ぐことになって。
 弟を見返す腕も無く、身を立てる機会も無く。

「では、僕は? 僕には何の価値があったのですか?」
 その問いに、鼻の高い白人の宣教師は、こう答えた。

「神は、いつだって貴方を見ておられるのですよ」


     * * *


 夢を見ていた。故郷の夢。ついこの間までそこに居た筈なのに、今は遠い昔のようにすら感じられる。
(ここは……船倉か)
 痛む身を起こして、周囲に目を向ける。薄暗い船倉はぎしぎしと軋んで、天板からは人の足音と剣戟の喧騒、人の絶叫が聴こえてくる。
 幸か不幸か。伊織介は、カビ臭い最下層(オアロップ)にまで転がり落ちてしまったらしい。周囲に人の気配はなく、酒樽や荷物箱が揺れている。

 熱い。苦しい。身体が怠い。
 撃たれた脇腹がじくじくと痛む。呼吸する度に血が噴き出して、衣服が濡れて気持ち悪い。

(終わりはこんなもんか)
 死ぬ覚悟で故郷を飛び出した癖に、この有り様だ。
 どこで間違ったのか。宣教師の言葉を信じて、騙されて。気付けば奴隷として、オランダ人に売られていた。
 
 どうせ死ぬならば、もっと華々しく散るものだと思っていた。
 こんな暗く、汚く、誰も知らない場所で死ぬなんて、聞いてない。

「僕は」
 かちかち。かちかち。歯の根が合わない。身体の震えが止まらない。
「僕はまだ、何者にもなっていない」
 瞳が潤み、涙が零れそうになる。小太刀を強く握るが、もはや腹を切る勇気は残っていない。

「せめて――」
 せめて、先祖のように。祖父のように父のように、戦って戦って、戦い抜いて死にたかった。
「――誰か。いっそ、殺してくれ……」
 伊織介は、誰にともなく、呟いた。
 

「ならその命、ラサリナに頂戴」


 不意に澄んだ声がした。
 伊織介はとっさに小太刀を抜いて、声のした方向に刃を向けた。少女の声、それもオランダ語ではなく、流暢な英語による発話だった。しかし今の伊織介にはそんなことに気づく余裕はない。
 口の中が乾くのを感じながら、伊織介は重い身体をどうにか引き摺って、声のした方向に躙り寄った。

「こっち。そんなに心配しなくても、ラサリナはそもそも動けない」
 荒い呼吸の伊織介とは対照的に、少女の声は極めて平静な調子である。伊織介はその声を頼りに、一つの木製の鍵付き箱(チェスト)の前まで辿り着いた。人一人は入れそうな幅広の箱だ。
「そう、ここ」
 確かに、声は箱の中から聞こえてくる。伊織介は右手に小太刀を構えたまま、箱の蓋に左手をかけた。
「早く開けてよ、喉が乾いて仕方がないんだ……」
 鍵は開いてるから、と声は付け加えた。伊織介は右手の小太刀を強く握ってから、一気に蓋を跳ね上げた。

「やあ――」

 箱の中に入っていたものは、声の主は、
「どうも。こんな姿で失礼」

 〝死体〟だった。

 黒く醜く変色し、腐った汁を垂れ流し、鎖で四肢を縛られ、小さく折り曲げられた腐乱死体。かろうじて残った長い髪の毛が、それが元は女性だった可能性を伺わせる。眼球は既に腐り落ち顔貌すら判別できない〝それ〟は、しかし現に朽ちかけた舌を震わせて喋っている。

 伊織介は、目の前で起こっている超常に恐怖することすら忘れていた。故に、死体の声に答える事は出来なかった。ましてや動くことも、逃げることも。
「君の血は、美味しそうだね」
 死体は、箱の中からゆっくりと伊織介に向かって手を伸ばした。伊織介は戦いの熱も、脇腹の痛みも、忘れていた。しかし頭のどこかで、死体って動くんだなあ、なんて間抜けな感想を抱いていた。
「君、良い匂いがする。喉が、乾いて乾いて……だから、良いよね?」
 皮膚の爛れ落ちた左手が、伊織介の頬に触れた。死体は徐ろに上体を起こして、鎖の付いた右手で器用に胸の前で十字を切った。

「父と子と、聖霊の御名によりて――」

 伊織介は、やにわに微笑んだ。死体の顎がぱくっと開いたのが、なんだか可笑しかったのだ。

「――Amen(いただきます).」

 その日、一隻の船が消失した。
 この事件以来、船乗りの間で「船を丸ごと食べてしまう〝船喰らいの魔女(メハシェファ)〟」の噂が囁かれるようになったという。


 

 
 

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ