ハロウィンナイトカフェ

窓際のテーブル1「サメクマ百鬼夜行 嵐前の喧騒」16TONS

エピソードの総文字数=6,357文字

「サメクマ百鬼夜行 嵐前の喧騒」16TONS
私の作品「スプラッターロマンホラー サメクマ」のキャラクターおよび設定を、ゲスト参戦という形で参加させていただきたく存じます。出来るだけ他の方の投稿作品と矛盾のない形で執筆します。本文冒頭にもその旨明記します。
http://talkmaker.com/works/e0c92e9605b24bf370b9adda60e1693e.html

もし無理であれば、この投稿を取り下げます。
いけそうなので始めます。
「サメクマ百鬼夜行 嵐前の喧騒」16TONS
本作品は「スプラッターロマンホラー サメクマ」のスピンオフとして執筆しております。
http://talkmaker.com/works/e0c92e9605b24bf370b9adda60e1693e.html

本作品のアイコンの出典は以下の通りです。
†「icon Generators」  http://www.icongenerators.net/index.html
†写真素材はCC0(Creative Commons Zero)として公開されたものを使用しています。
―――
10月31日、ハロウィンのイベントでにぎわう地方都市。
その駅前にある喫茶店、『エブリシング』にて、窓際の席に座る5人の客あり。
うち3人は異様な風体である……いや、仮装する観光客にとって、彼らは異様な姿とは見なされないであろう。
だが、もしあなたが人間でないのならば匂いで分かる。3人のうち1人は明らかに生きておらず、2人は正確には「2匹」と呼ぶべき存在だ。そして、普通の人間にしか見えない2人のうち1人も、「1匹」と呼ぶべき存在なのだ。
そのう……流石にバレるのでは?これを仮装だって言い張るにはだいぶ無理があるよ。
ゾンビのメイクをした女……いや、実際死んでいる女は明らかに不安げな表情を浮かべる。
鼓莉帆
種族:人間(ゾンビ) 性別:
所属:
関東中部ドグマ防衛組合(一般職員) 身長:164cm
特記能力:
知性の保持、俊敏性の保持、脈拍任意操作、高速再生(生肉摂取による)、触覚鋭敏、痛覚過敏、痛覚エネルギー転換、柔軟な関節、完全平衡感覚、三次元方向感覚、ネクロトキシン分泌腺(爪根、歯茎)、暗視、鋭い爪
いやあ、案外バレないもんよ。あたしはこの姿で割とすんなりお菓子をゲットした。
半魚人めいたギャルがからからと笑い、カボチャ型のプラスチックボウルに4分の1ほど入ったお菓子を見せびらかす。
実際彼女は人間とサメの混血なのだ。
伊庭美知恵
種族:サメ(
シロワニと人間の混血) 性別:
所属:
関東中部ドグマ防衛組合(一般職員) 身長:162cm本来の姿と同じ
特記能力:
固形物透過(訓練中)、ヒト擬態、擬態時筋力維持、ボストンティーシャークの血統サメトルネード排出、標準より高い瞬発力、楯鱗硬度
うーわ恥ずかし。マジで?あんた高校生のくせにマジに小坊に混じって家回ってお菓子タカってたん?他人のフリしたい。
そうだよ。君たちの上司はただ擬態を解かせて息抜きをさせたいわけじゃないんだ。そのつもりならもうちょっと構成員を連れてきてるよ。
明らかにクマにしか見えない男が伊庭を窘める。
なぜクマが街中にいるにもかかわらず、警察や猟友会が駆けつけてこないのか?今日がハロウィンだからだ。ハロウィンという魔法にかかった人々は、非日常の生物をも「そういう仮装だ」と錯覚する。
七島瑠璃彦
種族:クマ(ツキノワグマ) 性別:
所属:無所属 身長:176cm→本来の姿と同じ
特記能力:ヒト擬態、クマ肺活量、吹き矢習熟
そうよ。無条件に擬態解ける祭りだったらあたしだって擬態解くわよ。そんで本来の姿で射的とか
できねぇ~~~~~~!!
輪投げとか手を使うものは大体できねえ!!
まあ1号さんはしゃあないわ。本来の姿が人間混ざってないから手とか使えないし、体型からしてモロバレしちゃう。
クマだったらまだ前足使えるし、人間のシルエットに近いんだけどねー。
騒ぐメイド服の女に、別の客が声をかける。
あ、違うよ?私ここの店員じゃないから。
我、客ぞ?金を払ってコーヒー頼んでる客ぞ?
ここまでの流れでもはや語るまでもないだろうが、彼女も人間ではない。
空を泳ぎ地を泳ぎ、その口腔を血に染めてきたホホジロザメである。
BTS-01
種族:サメ(ホホジロザメ) 性別:
所属:
関東中部ドグマ防衛組合(一般職員) 体長:4.7m→165cm
特記能力:
ボストンティーシャークである固形物透過、空中遊泳、ヒト擬態、擬態時筋力維持、疑似ゾンビ召喚、潮だまり展開、標準より高い電気受容感覚、嗅覚、歯の硬度
ねえ1号、アタシ仕事の依頼受けてからここに来るまでずーっと疑問に思ってるんだけど……。
なんでノブちゃんと一緒に仕事できないわけ?
擬態解いて何かする仕事なら、ノブちゃんなら百人力なんだけど。
仮装もしていない、身も心も人間であるその少女は、しかしてこの場の誰よりも強い殺気を放っていた。
鶴亀八千代
種族:人間 性別:
所属:
関東中部ドグマ防衛組合(一般職員) 体長:161cm
特記能力:
サメ使い(コビトザメ)、暗視
ハァーッ……。
鶴亀パイセンアホだろ。田沼パイセンは擬態解いたら体長10m体重5トン。そんなの確実に人間に見えるわけないから。
あ、いや、待てよ?人間のフォルムじゃない1号さんが普通に擬態してここに来てる以上、田沼パイセンも擬態したら普通に任務に来れるわけで……。あれ?じゃあ選定基準なんだろ。
ノブくんは人喰いグマだから、ちょっと食べた人間の匂いが濃すぎるんだな。それが周囲に広がるのは、ちょっと今回の仕事に支障が出るわけよ。
今さらだけどこんな公衆の面前でサメとクマの真実をベラベラ話すのって危険じゃないの?
意図的に周囲に話してるわよ。でも大丈夫。
あたしたちが陰謀を話し合っているのを見て、普通の人間がそれを“今”真に受けると思う?なんたって今日はハロウィンよ?あたしたちは“陰謀を話し合っている怪物”という“設定”なの。役になりきってる痛い奴らなのよ。
さて、それも含めて今回の仕事の話をしていきましょうね。
りほちゃん、みっちゃん、今あなた達は自分の本来の姿を晒してるけど、周囲にただの人間じゃないってバレてないわよね?
案外バレないもんですねー。
それに関してはまるで自信がない。
ていうか本来の姿がこれだって思うのが嫌なんですけど。死化粧させて。
そう、バレない。クマは、限りあるカロリーを生きた人間の姿に擬態することに費やさなくていいのよ。みっちゃんみたいな比較的人間の骨格に近いサメのハーフもそう。そしてカロリーの余剰分は、サメやクマの本来の力を振るうために使用できる。
知性ゾンビも、変異した肉体を扱うつもりなら、死化粧が崩れるのを覚悟しなければいけないわ。でも今日ここでは肉を曝したゾンビがうろつくのは普通のことよ。
さて問題です。
人喰いが擬態を解いていつでも暴れられる状況が、現状ここにあります。
あなたが人を食べようとする立場だったら、どうする?
……いや公衆の面前では普通に襲えんでしょ。姿曝せる状況でも。
目の前で人に噛みついたり電柱へし折って群衆ボコったりしたら、おまわりが拳銃を向けます。軍隊では使えないけど警察なら使えるホローポイントは殺傷能力が高いです。バンバンバーン!終了。
いや、この人だかりだ。ナンパだか道尋ねたりだかなんだかで路地裏まで連れていくなりしても気付かれにくい。人喰った後の返り血も仮装だと言い張れる。
サメと人間のハーフで“潮だまり”(註:一部のサメが使える能力で、世界の一部を自分の都合のいいように上書きできる)を展開できる奴なら、もっと簡単に誘拐できるだろう。
あーあーはいはいわかった。
アタシたちの仕事は、威嚇。獣の姿を晒し、人の鼻では嗅ぎきれない尋常ならぬ匂いを振り撒き、一般人が聞いたところで信じるわけのないサメとクマの真実を堂々と話し、どこにいるとも分からない人喰い共を牽制するわけだ。
まあアタシは人間だから変身できないし、他のみんなはクマやゾンビの異臭を即座に嗅ぎ分けて、怪しい奴をマークすることができるんだろうけど。
八千代もただの人間じゃあないじゃない。あなたの血液内に住む微細なサメの感知能力はどんどん強化されていってるって聞いたけど。
そうこうしているうちに、ウェイトレスがテーブルにコーヒーとパンプキンパイを置く。
え?何、ウェイトレスさん。何か喰うだの喰わないだのと話をしてたけど、あなたがたは人間を食べるのか、ですって?
そうよー、夜闇に紛れて人を喰う。それが我らが魔性の血族の宿命……近いうち異端審問官が、私たちを追ってこの店を訪ねてくるでしょうね。「メイド服の女が一番ヤバいんだ!奴はもう666人の生き血を吸ってるのだ!」。
ウェイトレスは苦笑しながら席を離れていく。
あのさあ、やめてくれない?人を喰った喰ってないってのは、クマにとって信用問題だからさ。
上のクマ共はただでさえ人間を蔑んでるのに、人間臭さが増したって噂が立ったらことだから。今のが回り回って変な風に伝わったらどうすんの。
マジデリカシーない。サイテー。
このチームはともかく、組織全体がクマ組織だって自覚無いんじゃないの?
ス、スンマセンデシタ・・・スマンカッタヤデ・・・・・・
えー、どこまで話したっけ。
そうそう威嚇。あたりの匂いをわざとらしくクンクン嗅ぎながらブラブラしてればいいって解釈でOK?それで、人喰い共はマークされてることに委縮して被害が起きにくくなる。
で、マジに人間が濃縮された人喰い特有の匂いを嗅いだら、路地裏にお持ち帰りして抹殺。
で、このおじさんは何なの?
無所属だったよね。何かあった時に、責任をおっかぶせる役?
うん、それもある。なんかあってなあなあで済ませられそうな時には俺が勝手にやったことにするってのもあるけど……。
待て。ちょっと待て。このパンプキンパイ……パンプキンじゃねえ!中に入ってるこの緑の皮……これはスクワッシュだ!!
スクワッシュ?
スクワッシュ(squash)はウリ科カボチャ属に属する果菜全般を指し、その中でオレンジ色の果皮を持つカボチャだけがパンプキン(pumpkin)と名乗ることを許されているの。
日本のカボチャは全部スクワッシュよ。
英語圏の住人としては、スクワッシュパンプキンを名乗っているのは苛々させられるわ。駆逐しなければ。正しいパンプキン概念を、私の持つコネ全て使ってでも定着させなければならないわ。
甘いからいいじゃん!これすごくおいしいよ。
許されない、駄目だ。
んまんま……。
で?七島さんはどうして今回防衛組合の仕事に参加したの?
ここあたりの大学に通ってたんだよ昔。ここ、擬態したクマや化粧で生者に化けたゾンビが割と住んでるんだよ。
あと、俺は会社の仕事で来れないけど、恋人や友達がハロウィンに行って、着ぐるみに変装したクマや化粧落としたゾンビが割といるって報告してくれたんだ。
で、はいこれ地図。クマやゾンビの多い区域や、人喰いグマが隠れやすそうな路地裏に色付けてあるから。
土地勘が鋭いのね?
で、何かあった時は連絡すればナビゲートしてくれると。
そうそう、そっちがメイン。
ここに住むクマや知性ゾンビも、ハロウィンで殺人があるのは困るから独自に動いてるけど、これからコンタクトとって連携するつもりだよ。
突如、全員が周囲をキョロキョロしだす。
………。
この匂い、どうも人臭い。濃縮されたような。
店外で、手足と耳がクマになっている男が、魔女の格好をした女性を口説いている。
うへえ、本当にいるんだ堂々と獲物を探す奴。計器の反応では3人ほど食べたことあるみたいね。
ここ1ヶ月は人を喰ってない匂い。まだこのハロウィンでガイシャは出てないみたいね。
ああいうのを野放しにすると、ただ人が死ぬだけじゃあない。この地域のハロウィン、ひいてはハロウィンという行事そのものが血によって侮辱されるのよね。下手をすると、もうここでハロウィンが行われなくなる。
絶対に犠牲を出してはいけない。ハロウィンを楽しむ子供たちや大人たちの笑顔が死で塗りつぶされることは避けなければならないのよ。

そのために人喰いの屑どもには死んでもらう。
捕縛したらあかんの?
臭いものには蓋、汚物はマンホールに捨ててしまいなさい。位置は地図にも書いてあるから。
あとは下水や地中を泳ぐサメが処理してくれるから、万に一つも死体が残ってバレることはない。
あー、1号さんスプレーのこと忘れてるでしょ。サメ寄せスプレー。これでサメが寄ってきて死体を食べてくれるから。
にしても1号さん、ハロウィンを守るためにはヨゴレもいとわないな。
ハロウィンはアメリカン・スピリッツですから。アメリカ人としてアメリカの伝統行事を守るのは当然の義務です。
アメリカ人ってか、アメリカ鮫だけど。
お前みたいなアメリカ人がいるか。このド変態のフレンチメイドもどきめ。
そうこうしてるうちに人喰いグマが行ってしまう。後をつけて、頃合いを見てやっつけとくよ。ハロウィン終わったらここ集合でいい?
終わってから45分後ね。人が帰るペースはまちまちだから。
鶴亀は店を出て、件のクマを追いかけていく。
そろそろ俺も見回りに行くか。
やっぱあたし化粧して行く。ハロウィンであっても、ゾンビの姿でいるのは恥ずかしいし、慣れない。
あたしはこのまま行く。そういや、地図に1号さんのルートが載ってないみたいだけど。
閉店ギリギリまでここで待機しとく。駅に近いから、外部からの客をチェックしやすいし。
コーヒー1杯とパイ1切れで粘るのかよ。嫌な客だなー!
前々から思ってたけど、お前ほんとクズ!
ありがとう、最高の褒め言葉よ。
伊庭と七島も去る。
ややあって、鼓が化粧室から出てくる。
やっぱ外に出るならこれよね!
まあ戦闘になったら一気に化粧崩れるんだけどね。
出会わないかもしれないから!
そんなポンポンポンポン人喰いグマや人喰い知性ゾンビが出てたまるもんですか!
全ッ然関係ないんだけどさ、人間に擬態してるのって、本当にクマとサメとゾンビだけなのかな?
ふむ?
例えばあっちでフラペチーノ啜ってる悪魔はほんとに地獄から来た悪魔で、向かいからやってくるミイラ男は実は任意に能力を使える透明人間。仮装してない人間の中にも狼男が混ざってる……そんな想像、したことない?
ほんとはサメやクマ以外にも、人間に擬態できる何かが社会に潜伏してるんじゃないの?あなた200年以上長生きしてるし、そんなのに会ったことない?
そうね、いたほうがロマンがあるとは思うし、私もいるって信じてるけど……観測に成功したものはないわ。
科学的に観測できないものは、便宜上存在しないものとして扱われるわ。幽霊と同じよ。
ていうか……
私たちの世界の秘密は、サメとクマ。+ゾンビ。それだけでいっぱいいっぱい。それ以上のことには、正直対処できない。
いたら困る。いて、干渉されたらどうこうできない。
だから、りほちゃんも目に見え、鼻で嗅げるものにだけ集中なさい。オカルト関連は、私たちと住む世界の違う人に任せなさい。
釈然とはしないけど、わかったよ。
お土産買って来るから。
鼓も去り、BTS-01だけが窓際のテーブルに座っている。
ここに来るほとんどの人は気付かないんだろうなー、ハロウィンの水面下で行われる、本物の怪物たちの物語を。
でもそれでいい……あなた方の知りたくもない物語は私たちが背負うから。

まあ物語を独占して優越感感じたいって気持ちは4割あるけどね!
あ、すみません、キャラメルラテおかわり。
え、違う?ウェイトレスさんじゃない?メイドコスの人?
失礼しました。

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ページトップへ