ペイガニズムの倫理と資本主義の精神 ――浪人ですが東インド会社に就職しました――

4-8. 性器も内臓の一種なんだから内臓は実質えろい

エピソードの総文字数=6,979文字

「これは必要なことなんだ、イオリ」
 頬を上気させたル=ウが、伊織介に覆いかぶさる。
「そうであれば、この際だから訊いておきます、ルウ」
 今も伊織介の身体の自由は奪われている。抵抗など出来ようはずもない。
「なんだ」

「……普通の服、着ていただけません……?」


      * * *


 オランダのピンネースを制圧し、追いすがる重ガレオンを振り切ったメリメント号は、今や海上の宴会場と化していた。
 もちろん、2直6交代制は変わらない。月明かりに照らされた海を、帆をいっぱいに広げたメリメント号は今も静かに滑っている。それでも、当直を終えた者から飲めよ歌えよの大騒ぎの輪に入っていく。

「はいはい、どんどん運んじゃって下さいなー! 次は塩漬け魚の下処理に入りましてよ!」
 意外なことに、肴作りの音頭を取っているのはフランだった。下甲板(ロワーデッキ)調理場(ギャレー)に篭って、鍋を片手に包丁を振り回している。
羊肉(ラム)も解禁しちゃいましてよー!」
 フランの宣言に、甲板の水夫たちが歓声を上げる。船上では貴重な飲料を兼ねる麦酒(エール)葡萄酒(ワイン)も、今晩だけは大盤振る舞いだった。
「ブハハハッハ! どんどん飲むのである! 良い、我輩が許そう!」
 リチャードソンも上機嫌で杯を振り回している。艦長がこうであっては、もはや酒宴を止める者はいない。寧ろ水夫たちの方が生真面目に艦長を諌めるほどだった。

「んなんな」
 ついでにきっちり、猫のグリフィズ卿も宴の末席に並んでいる。皿には魚骨が山のように盛られ、訳知り顔で水夫たちの会話に相槌を打っていた。

 昼間戦ったピンネースは、兵士たちへの給料のためか、相当な量の金貨と香辛料(スパイス)を積んでいた。金貨はなんと400ギルダー、英国金貨に換算して約40ポンドにも上る大収穫。おまけに香辛料(スパイス)が3樽分だ。今日日、黄金にも等しい値段が付く胡椒と肉荳蔲(ナツメグ)の山である。海賊もかくやという略奪の大戦果に、宴が加熱するのも必然だった。

 そんな上甲板(アッパーデッキ)の喧騒を余所に、伊織介はル=ウの私室に連れ込まれていた。

「治療だ」

 それがル=ウの言い分だった。

「イオリの身体から生やした触手は、質量としては臓器を原材料としている。つまりだ――触手が損傷すれば、内臓にも傷がつくことになる」
「えっ、そんな」
 伊織介は思い出す。身体から生えた黒腕や触手を、フザに斬り落とされたこと。鋭剣(レイピア)で貫かれたこと。
「ふふ、そう焦るな。触腕の魔法は、原料を魔術的な処置を挟んで変換している。即座に肉体的な損傷として顕れる訳ではない」
 慌てて自分の腹や背中をさすったが、ル=ウの言葉通りか、確かに特に異常は感じられない。
「……まぁ簡単に言えば、放っとくと身体の内部から腐る」
「なにそれ怖いです」
「だから――これは必要なことなんだ、イオリ」

 こうしていつものように――伊織介はル=ウのベッドに押し倒される。

「そうであれば、この際だから訊いておきます、ルウ」
「なんだ」
「……普通の服、着ていただけません……?」
 
 今日もル=ウは変わらず裸マント(痴女)姿だ。毎度毎度、裸も同然のル=ウに組み敷かれるのは、なんというか男の子的(・・・・)にいろいろ苦しい。士道の誓いで己を律する伊織介も、出来る限り刺激は避けたいと考えるのは自然なことだろう。男性器をル=ウに握られている以上、自分で処理をすることも出来ない訳だし。

「ばっかだなあイオリ。これが魔女の正統な装いだろうに」
 ――予想通り、ル=ウの返答はすげない。 
「いや外套(マント)が真っ当な衣装だっていうのはわかりますが、肌着(シュミーズ)くらいは……」
「何言ってるんだ。わたしの魔法は身体から生やすものだろう。これが最も効率的な格好なんだよ」
 言われてみれば、その通りだった。昼間の接舷戦でも、ル=ウは着地のために身体から四本の腕を生やしていた。
「た、確かに……!」
 思わず納得してしまう伊織介。

「本当は伊織介も同じ格好をするべきだと思うんだが」
「それは勘弁して下さい……」
「だろう? そこがわたしの優しさだ。敬っていいぞ」
「はい……敬います……」
 伊織介は、戦いの度にル=ウが支給してくれる真っ白な上衣(ダブレット)をボロ布にしてしまっている。今も殆ど腹部は破れて剥き出しだ。その負い目を考えれば、もはやル=ウの格好について小言を言うことなど出来なかった。

「――ちょろいなっ」
 ル=ウが悪辣な表情で笑う。
「何か言いました?」
「いいや。さあ、始めるぞ……」

 言って、ル=ウは金装飾のボタンを外して外套を開いた。外套の下は本人の言葉通り何も着けてはいない、生まれたままの姿だ。白く眩い素肌が覗く。ル=ウは少しだけ頬を染めて前をはだけながら、馬乗りの形で伊織介に覆いかぶさった。
 少女の面影を残したル=ウの顔立ちにはやや不釣り合いな豊かな胸の膨らみも、薄っすらと萌える微かな茂みも――しかし、今に限っては伊織介の劣情を催すことはない。これから何が起こるか、何をされるかを思えば、とてもそんな気分にはなれなかった。

「……んっ! ん、んんっ!」
 固く結ばれた唇から、声が漏れる。伊織介の真上で、ル=ウは左手で自身の身体を支え、右手で彼女自身の下腹部を弄り始めていた。
 探るように幾度か撫でると、次に彼女は――そのまま自身の腹部に爪を立てた(・・・・・・・・)

「ん……あぁぁぁぁぁッ!」

 鮮血が伊織介に振りかかる。ル=ウは、自身の手で自身の腹部を突き破った(・・・・・)のだ。
 ル=ウの深青色の瞳の中、海面に映った月のように瞳孔が金色に輝き出す。艶のある黒髪が、風に吹かれたように蠢き始める。

「んんんんんっ!」
 痛みか、あるいは他の感覚か――判然としない熱情に喘ぎながら、ル=ウはその手で自身の臓物をずるり(・・・)と引き摺り出す。
 彼女が手に持つ内臓は、ヒトのモノとしては在り得ない程にびくびくと痙攣していた。腸にも似るが、それにしては短い。強いて言うならば、ぬらぬらと粘液にぬめるその姿は海鼠(ナマコ)に近い。

斬り合い(セックス)斬り合い(セックス)なんて喚きおって、あの狂人め。わたしのイオリに傷をつけるなどと!」
 ル=ウの瞳が爛々と輝いている。その金色に映る感情は、微かな嫉妬だった。
「……あんな野郎にやられた傷など、残してやるものか。だから、わたしの内臓を、――挿れて(・・・)あげる」

 まるで陸に打ち上げられた魚のように手の内で跳ねるそれを、ル=ウは――伊織介の腹に捩じ込んだ(・・・・・)。ぐねぐねと不気味にうねるそれ(・・)は、不思議と血の一滴も流すことなく、ずぶずぶと腹に沈んでいく。

「――ぎぃぃぃぃぃぃいいぃッ!」
 声を上げるのは、今度は伊織介の方だった。痛みがある訳ではない。しかし、腹の内側を、ル=ウの臓物が、ぐねぐねと踊るように暴れているのだ。身体の内側を好き勝手に犯される感覚、呼吸が困難になるほどの圧迫、凄まじい生理的嫌悪感と得も言われぬ恐怖が、伊織介の意識を塗り潰していく。

 ――〝船喰らいの魔女〟という魔性の起源そのものと云える魔術。
 〝聖ブリジットの腕(キルデア・キラル)〟と彼女は呼んでいる。その由来は、エァル(アイルランド)に実在した聖女に遡る。聖ブリジットの伝承が、輝く腕を生やす(・・・)奇跡を見せたように――ル=ウは己の腕を、そして肉を殖やすことができる。尤も、その光景は奇跡と呼ぶには余りに凄惨で、醜悪だった。

「それと、こいつは今回のご褒美だ。がんばったからな、イオリ。返してやろう」
 そっとル=ウが伊織介の下衣(ダブレット)に手を入れる。しかしもはや、伊織介には答える余裕もなかった。ただ歯を食いしばって、身体を犯される感覚に耐えている。
 
「イオリ……大丈夫だ、何も心配することはない。わたしの肉は、イオリの肉。わたし達の身体は、他の誰よりも、世界でいちばん、相性が良いのだから――」

 下腹部から血と肉塊を吹きこぼしながら、頬を上気させたル=ウが耳元で優しく囁く。
魔女の睦言を聞いたのを最後に、伊織介の意識は暗闇の中へと落ちていった。


     * * *


「……ふう」
 一仕事終えたル=ウが、私室の外に出て扉を閉じた。
「やあ」
「リズ……盗み聞きか? 趣味が悪いぞ」
「フランじゃないんだ、ボクはそんなことしないよ。待ってたんだ。イオリノスケくんは眠ったのかい?」
 壁に背を預けたリズが、肩を落としてみせる。

 ル=ウの私室は、艦尾甲板(クォーターデッキ)よりもさらに一段高い場所に位置する。ここからは、上甲板(アッパーデッキ)で大騒ぎする水夫たちの姿がよく見えた。

「ああ。眠ったよ。何かイオリに用があったのか?」
「イオリノスケくんに用というか……男性器(ちんちん)の方を借りたくて」
「……何をする気だよ」
 ル=ウが露骨に胡乱な目でリズを睨む。その瞳はいつの間にか、普段の深い青色に戻っていた。

精気(フォイゾン)。分けて欲しいのさ。けっこう深手を貰っちゃってさ、上質なのが必要なんだ」
 リズは自身の腹をさすった。そこには、確かにフザに刺された生々しい傷跡があった筈だ。
「なるほど、そうか――ご苦労だったな。リズでなければ、死んでいるような傷だ」
「そういうことー」
 リズがあっけらかんと笑う。

 彼女の〝妖精の血(ランペルスティルツイキン)〟の本質とは、人の目から隠れることではない。
 存在そのものが、妖精側にずれて(・・・)いるのだ。100パーセントの妖精では無い分だけ、物理的な干渉も十分に可能だ。しかし、その存在の位相は、本質的に妖精側――言い換えれば、魂の側に過度に寄っている(・・・・・)。肉体的な損傷には強いが、その治療には魂の方から癒やす必要があった。

「リズは今回の功労者だ。精気ならば好きなだけ提供しよう。だがなぁ……」
 ル=ウは申し訳なさそうに頭を掻いた。
男性器(ちんちん)は貸せない」
「なんで? ボクはフランみたいに、お尻に挿れたりはしないよ!?」

「分かってるよ! 違うんだ、リズ。……男性器(ちんちん)、返しちゃったんだ。さっき」

「えええええええ!? イオリノスケくんに!? 返しちゃったの!?」
 リズが飛び上がる。
「返しちゃったんだよ」

 そう、ル=ウが先程〝ご褒美〟と称して渡したものは、伊織介の男性器だったのだ。伊織介は治療のために体力を消耗し、今は気付いていないが――男性器はしっかりと、元の通りに股間にくっついたのだ。……厳密に言えば、一本目の男性器は爆発したので、今くっついているモノは二本目に当たるが。

「返しちゃったって……どうするのさ! イオリノスケくん、逃げちゃうんじゃないの?」
「流石にそれは無い、金枝(ミスルトゥ)を仕込んであるからな。基本的にはわたしの命令に逆らえないことに変わりはない。加えてここは逃げ場の無い海の上だ。それに……」
 リズの疑問はもっともだ。しかしル=ウは言葉を区切って、私室に目線を遣る。
「それに、たぶんイオリは、逃げない」

「たぶんって何さ……イオリノスケくんの生成(・・)に三年もかかったんだろう? お金も時間も相当注ぎ込んだこと、ボク知ってるよ。本当にいいの?」
 頭の痛い指摘だった。確かにル=ウは、伊織介を現在の形に作り上げるのに莫大な代償(コスト)を支払っている。単純に己の肉を殖やして人型に塗り固めただけではない。人造人間(ホムンクルス)を創り上げるに等しい手間を、ル=ウは伊織介にかけている。

「うん。いい。大丈夫だ――と、思う」

 しかし、ル=ウの決意は頑なだった。妙に自信なさげではあるが、伊織介に男性器を返したことに後悔はないようだ。

「へえ……人嫌いのル=ウが、そこまで言うとはねえ」
「な、なんだよ!?」
 リズの表情が、にやにやとしたいやらしいものに変わる。大抵はフランに向けられるその意地悪な笑みが、珍しくル=ウに向いている。

「じゃあさ――売ってよ。童貞。イオリノスケくんの」
「んなッ!?」
 飛び上がったのは、今度はル=ウの方だった。
「戻したんでしょ? 男性器(ちんちん)。なら、物理的にできるじゃん」
「ななななななな……」
 ル=ウは目を白黒させて震えている。

「キミも知ってるよね。妖精の精気(フォイゾン)の吸い方は――上の口から、とは限らないってこと」
 鮮やかな桃色の舌が、艶かしく唇を濡らす。月夜を背景に、リズが魔性の気配を帯び始める。

「まっ――待て待て! 落ち着け! イオリが童貞じゃなくなったら、ほらその、精液(スペルマ)の価値が落ちるだろう!? それに、それに……」
「ぷっ」
 リズが破顔した。
「――あははははは! ル=ウってば必死すぎ! 冗談だってば、あはははははは……」
 腹を抱えて、目に涙すら浮かべてころころと笑うリズ。すぐにル=ウの顔が真っ赤に染まる。
「な、なんだよ! イオリはわたしの所有物だぞ! 自分の所有物を守って何が悪い!」
 憤然としてリズに詰め寄るル=ウだったが――

「――そう。大事だよね、イオリノスケくん」

 どん。と凄まじい疾さで。

「え……リズ……?」

 一瞬にして壁に押し付けられるル=ウ。彼女よりも頭一つ分は背の低い筈のリズが、冷たい瞳でル=ウを抑えつけていた。

「リズ、どういう……?」
「ボクもそう。フランもそう。あの人斬り(フザ)も、たぶんそうだ。皆がイオリノスケくんに惹かれている」

 事態を飲み込めないル=ウに、リズが淡々と語りかける。

「ヒトから離れた者たち――皆がそうだ。肉欲。食欲――イオリノスケくんは、そういう欲望を喚起する。ル=ウだってそうなんだろう?」
「……」
 ル=ウは黙って顔を逸らした。
「イオリノスケくんはいい子だよ。素直なようで、妙に浮世離れしてる。だからか、魔女(ボクら)なんかにも偏見が無い――いい男さ。それは認める。けど……あの美味しさは異常だ。ボクら皆が狂わされる。彼の肉は、何かがおかしい(・・・・・・・)
 上甲板(アッパーデッキ)は相変わらずの盛り上がりだ。ここでの会話を聞いている者は、他には居ようもない。

「昼間は誤魔化されちゃったからね。改めて訊くよ――ル=ウ、イオリノスケくんに、何を混ぜたのさ?」

 リズの瞳が、真っ直ぐにル=ウを見詰めていた。

「……言えない。言いたくない。今は、まだ」
「ル=ウとボクの仲だろう? ボクにも言えないのかい?」
「……」
 ル=ウは黙って俯いた。

「はぁぁぁっ」
 リズが大きく息を吐いて、ぴょこん、と一歩下がった。
「分かったよ。まだ内緒なんだね。嫉妬しちゃうな、二人だけの秘密ってやつかい?」
 リズの表情が、普段の意地の悪そうな微笑みに戻る。
「……すまない」
 楽しそうに肘で突付くリズに、ル=ウは俯いたままで声をひねり出した。

「なんだよぅ、つれないなぁ! じゃ、イオリノスケくんの精気(フォイゾン)が貰えないって言うなら……」

 再び、リズの顔がぐっとル=ウに近付く。

「キミから頂くことにしよう」

 言って――リズが強引に、ル=ウの唇を奪う。

「んん――!」
 一瞬面食らったル=ウだったが、即座にリズの肩を押して引き剥がした。
「ちょ、ちょ、リズ、こんなところで……!」
 耳まで赤く染まるル=ウ。伊織介を責め立てる時とは、まるで違う――押しに弱い性分が、露呈する。

「どうせ誰も見てないさ。久しぶり(・・・・)に、魔女の精を味わわせておくれよ」

 抵抗を押し切って、再度ル=ウの唇が塞がれた。
 今度こそ、ル=ウは抵抗を諦めて――恍惚として、妖精の舌使いに身を任せるのだった。


     * * *


 ――精気(フォイゾン)

 それは所謂、〝いのち〟そのもの。

 世界中の伝承に、花や樹木から何か(・・)を啜って生きる小人のような妖精の姿が描かれている。彼らが食しているものは、地域や時代によって様々に呼ばれているものだ。第五元素(エーテル)神実(マナ)連環(チャクラ)呼気(プシュケー)。種々の呼称で語られるそれらも、実際のところは〝いのち〟の抽象物に帰結する。即ち、精神世界に存在する〝たましい〟を、物理世界において駆動する(エネルギー)の意。

 精気(フォイゾン)とは、つまりは〝いのち〟を燃やす(エネルギー)――不定型の(もや)のようなそれを、妖精は糧として摂取する。

 妖精の血を引くリズも、例外ではない。魔女(ル=ウ)精気(フォイゾン)は、彼女が魔女団(カヴン)に居る理由の一つになる程度には――美味なる味わいのものだった。

◆作者をワンクリックで応援!

2人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ