基本マニュアル

執筆全体の流れ

エピソードの総文字数=549文字

さて、いよいよ作品の執筆に入ります。
まずは大きな流れを説明してしまいますね。
「トーク執筆管理」「アイコン画像管理」から入ります。執筆のためには、グローバルメニューにある次の2つのページが重要ですよ。
トークメーカーの場合、キャラクターにセリフを喋らせるために、アイコンを使うケースが多いと思うんですよ。だから、まずはアイコンを選んでいただきます。大ざっぱに言うと、
「作品で使うアイコンの選定」→「執筆」
という流れになりますね。
最初にまず、自分の作品にマッチしたアイコンを見つけるわけだね。もちろん自分でアイコン用意して、それをアップロードしてもいい。

ただし、アイコン登録をしなくても、テキストだけの作品でしたら、「アイコンの選定」を飛ばしてしまい、いきなり「執筆」に入ることも可能です。


「テキスト作品」の以下をチェックしてもらえればと思います。

テキスト作品を作成する

テキスト作品の機能


上記に加えまして、「トーク作品」解説の以下も合わせてチェック頂くと、すぐに執筆可能です。

新しい作品を作成する

作品を執筆する

でも、キャラクターに喋らせたり、画像を自由に張り付けたり、多人数参加の作品を作ったりするためには、「トーク作品」の基本的な作成方法を押さえておいたほうがいいよ。創作表現の幅が大きく広がるからね。

◆作者をワンクリックで応援!

8人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ