神と大統領と弾道ミサイル(仮)

神の散歩

エピソードの総文字数=5,168文字

――tenma:

この俺は今、いよいよ世界征服に乗り出すための軍備拡張に乗り出した。我が大統領官邸の庭を即席の臨時工場とし、帝国内の自動車修理工や電気技師などを集め、大量の弾道ミサイル配備に乗り出している。

――リヴ:

世界征服カンタンすぎぃwwwwwwwwww

――半蔵:

自動車修理工がなんで弾道ミサイル作れるんだよwwwww

――tenma:

明後日くらいまでには100基の弾道ミサイルが完成するだろう。できれば核弾頭を搭載したいところだが、今回は他の弾頭で代用せねばならん。生物化学兵器もアリだが、小型ミサイルに搭載できる程度のものなら、実際には着弾時に大きく拡散してしまい打撃力は低い。アメリカから供与された爆発物のなかで、搭載できる重さの範囲内でもっとも威力のあるもので代用せねばならんな。無色透明の生物化学兵器より、爆発して辺りを破壊したほうが見た目も派手でいい。

――Danz:

tenmaの最近のストーリー、なんか完全に破綻してしまってますがwwwwww

――tenma:

帝国の軍事力強化はまだまだこんなものではない。1か月以内には1000基を超える弾道ミサイルと、それにふさわしい弾頭を取り揃えるつもりだ。また並行して無人攻撃ヘリの開発にも乗り出し、地域の制圧力を格段に高めていく方針だ。我が弾道ミサイル群や無人攻撃ヘリ部隊、いずれはAIを搭載した陸上兵器の数々……おお、なんということだ、あまりに俺がチート無双すぎる……。世界を支配してしまうのも仕方ない。

――今井:

内容は徐々に具体的にはなってきているような気がするんだけどねw

――IORI:

思わず具体化しすぎてストーリー破綻このやろうwww

――半蔵:

そういやこの前ホワイトハウスがどうたら言ってたハンターの女、なんだったんだ?

――tenma:

アレはこの俺の部下のようなものであり、CIAの諜報員でもある人間だ。おっと、これ以上ここで話してやると、貴様らの命が危ない。俺はギルメンの命を心配する優しい男なのだよ。

――Danz:

CIAまでtenma神の手下だったんですか?wwwwwwww

――リヴ:

どんだけtenmaが地球を支配してるの?wwwwwwwwwwwwwww

――tenma:

残念ながら俺の支配はまだ地球の隅々にまで行き渡っているわけではない。繰り返すが、今は世界支配に取り組むための軍備拡張に乗り出しているところだ。

――半蔵:

政府軍と戦ってたんじゃねーのwww

――tenma:

ふむ、政府軍か?

アレはもう用済みだ。戦う前から勝ってしまった。神だけに仕方がないのだ。

――今井

あっさり不要になる政府軍カワイソス…

――IORI:

突っ込みどころ多すぎこのやろうwwwww

――リヴ:

tenmaの帝国軍が本格始動すれば世界征服はすぐなんだよね?www

私たちもtenmaに支配されるってこと?wwwww

――tenma:

貴様らの支配……?

当然すぎることだと言いたいところだが……俺が世界を支配するかどうかの確率は、おそらく5分5分だ。

――半蔵:

え゛!?

――今井:

100%じゃないのが逆に驚きだよねw

――リヴ:

tenmaなのに弱気すぎぃwwwwwwwwwww

――tenma:

地球の運命を決する審判が、もうすぐ下されることだろう。俺が神なら生き残る。そして万が一にも俺が神ではなかったとしたならば……もう『ファウストオンライン』にログインすることもあるまい。

――Danz:

何が始まるんです!?wwwwww

――半蔵:

もう即興の小説続かなくなったのか?www

――今井:

元々破綻してたんだし、tenma小説のエンディングなんて気にしなくていいよw

――リヴ:

即興小説の終わり方なんて世界征服達成しましたチャンチャンでいいじゃんwwwwwwwww

 天馬が打ち込もうとした瞬間、コンコン、とノックが鳴った。どこか弱々しい、悲痛なノック音に感じたのは、自然と天馬がノック音で相手を見分けるようになったことも影響しているのだろう。

 ギルメンたちがモニタの向こうで勝手に盛り上がっていたが、天馬は最後の言葉を打ち込む。

――tenma:

地球の運命が決まる瞬間だ。じゃあな。

 そして天馬はギルメンたちの挨拶も聞かずにログアウトした。

 さらにもう一度、ノック。

入れ。
 天馬が鋭く命じると、カチャリと、遠慮がちに扉が開いた。そして音もなくエリカが入ってきて、リクライニングシートに座る天馬を見下ろしてくる。
…………。
どうした、顔面蒼白だぞ。
……う、うん……ちょっと、ね……。
今にも死にそうだ。
………………。
用事がないなら大統領執務室を出て行け。
 天馬はエリカを見据えて言ったが、エリカはやや視線をずらして口にする。
よ、用事はあるんだけど……その、ちょっと外に出ない……? 散歩とか、どうなのかなって……。
よかろう。出ようじゃないか。
……うん。
 エリカは一度うなずきかけたが、天馬の言葉を反芻したのか、急に驚きの声を上げる。
……えっ?

えーーーーー!?

 エリカの顔色はさらに蒼白さを増したような気がした。たどたどしくエリカが聞いてくる。
ほっ、本当に、出るの? 散歩に?
何を言っているのだエリカは。誘ったのは自分だろう。
ちょっと待って……だって今まで絶対に、誘ったってここを出ようとしなかったくせに! ましてや私との散歩なんて!
支離滅裂な話に付き合っているヒマはない。大統領は忙しいのだぞ。次の業務が散歩と決まった以上、急げ。

 動転するエリカを促し、天馬はリクライニングチェアから起き上がって、さっさと大統領執務室を出た。慌てたようにエリカが付いてくる。

 天馬は言葉もかけずに玄関から外へと踏み出した。あたりはすでに薄暗くなっていたが、大統領官邸の1Fと2Fや玄関外の灯りは灯されたままだったので、真っ暗というわけでもない。ただ、本当に散歩へと歩き始めれば、懐中電灯か車のライトでもない限りは、なかなか周りを判別できなくなるだろう。

 街を見下ろせる庭の端までやってきた天馬は、辺り一面を眺めやる。まだ暗くなって間もないため、消灯時間の家は多くなく、ささやかな灯りが各部屋から照らし出されている。アスタリア人の主要な電力は 近くの山の斜面を大量に占拠していた中国製のソーラーパネルだ。ひと昔前はプロパン、灯油、炭などが主流電力として活用されていたこともあったが、ソーラーパネルが流行になる遥か前から中国から捨て値で買いあさり、今では各家庭の基本的な電力は賄えるまでにはなっている。本格的な工場設備ともなれば賄えないものの、街に連なる数百の家庭に電力を供給する程度なら十分な状況だった。

ここから見下ろす下々の灯りは儚いものだ。
 天馬がそう口にしたのとほぼ同時、エリカが隣にやってきた。
今日の俺が引きこもっていたとしても、明日には全世界の支配者になっている可能性は科学的に成立する。今日の俺が絶望の底でもがき苦しんでいたとしても、明日には世界中の富と権力を一手にしている可能性は科学的に成立する。未来には、あらゆる可能性の揺らぎがある。いま俺たちの未来には、およそすべての可能性が同時に成立している。
 街の灯りの一つ一つを満足げに見やった天馬は、さらに続ける。
自分が主役の座を降りさえしなければ、可能性の波は宇宙にまで果てしなく広がりうる。この宇宙の外や、無限大に存在する宇宙にまで、自らの可能性は存在するのだ。ならば俺が手にする可能性は、この地上の支配者となり、地球史に新しい文明を打ち立てる神としての未来だ。
 隣で一緒に街を見下ろすエリカが、弱々しく口にする。
あらゆる可能性が同時に存在しているのなら、どうか天馬が思い描く未来の形は諦めて……。引きこもったままだっていいじゃない……。なんなら本当に、私が養ってあげるよ……。
神に諦めろというのは無理な話だ。神の意思は光り輝く。エキストラにはなれないのだよ。
 ふとエリカは天馬に視線を向け、切迫感のこもった声で言う。
天馬なら、いち科学者として人類の発展に貢献できる道もあるし、学生に数学を教えたりとか、どこかのグローバル企業で望みの仕事だけ担当して暮らしたりとか、どんなことだってできると思う。なのに、どうして地球文明とか言い始めるわけ……?
この人生は俺のものだ。世界も俺のものであり、このちっぽけな宇宙も俺のものであろう。その神であるところの俺が、そろそろ世界には天誅を喰らわせてやらねばならぬと考えていたところだ。だが神が打ちこわし、破壊の限りを尽くした世界において、生き残った仔羊たちには望ましい世界を用意してやる責任があろう。これは神の義務であり、権利であり、使命であり、存在理由である。
でも、そんな未来を手にするためには、天馬自身が生き残っていかなくちゃならないでしょう?
 涙を流しながらのエリカの言葉だった。
俺が生き残るということは、俺が神であることの何よりの証明になろう。つまり俺が生き残っているだけで、人類は新しい文明の到来を目撃することになるのだ。
どうか諦めてほしいの……。そうすれば、天馬はこのまま何事もなく……。
くどい!

神は指図など受けん!

 天馬の一喝に、エリカはびくりとする。
…………。
エリカよ、なぜ泣いているのだ?
 もはやエリカは嗚咽を隠そうともしていなかった。腕で涙を拭きながら、小さく問いかけてくる。
どうしても、この道を進むつもりなの……?
そうだ。

 天馬の答えは揺るがなかった。

 静かにエリカは拳銃を取り出し、天馬へと向けてきた。銃口は、天馬の眉間にピタリとあてがわれた。なるべく苦しまないように天馬を送り出そうとするエリカの意思が感じられるようだった。

 だが天馬は少しも動じず、鼻で笑う。

フッ、なんのつもりだ。
……プーチン大統領からの指令……。不動天馬を亡き者にせよ……。
ククク、プーチンは神を激怒させてしまったようだな。やむを得ん、最初に滅亡する国はロシアにならざるを得ない。
最後にもう一度だけお願い……天馬はこの戦いを降りてほしい……。そしたら絶対、私が命をかけてプーチン大統領を説得するから……。

お願いよ……。

俺を降ろそうとしていることは、俺を殺そうとしているのと同じだと、どうして気づかない?
……でも、ここで死んだらどっちにしろ戦いは終わりなのよ……。
愚か者め。

俺がここで死ぬと誰が決めた?

 天馬は懐に手をやり、淡々と拳銃を取り出した。そしてゆっくりとエリカに銃口を向ける。その銃口も、エリカに倣って、エリカの眉間に突き付けられた。

 これには、エリカはよほど驚愕したようだ。目を見開き、息をのむ。

俺も戦いの準備をして待っていたところだ。

 互いに銃口を突き付け合い、互いを見つめ合い、動かないままの状態が続いた。エリカはすっかり言葉を失ってしまった様子だ。一方の天馬は飄々としており、いつもの通りに自信に満ちた表情で向き合っていた。

 夜の静けさが増していくなかで、天馬とエリカは互いの眉間に銃口を突き付け合ったまま微動だにしなかった。

 どのくらいの時間が経っただろうか。さも挑発するような口調で天馬が口にする。

エリカに神を殺せるのか?
これも私の仕事だからね……。
神を殺すかどうかを決めるのは自分の意思にしろ。他人や組織に意思を委ねるな。エリカの人生は、エリカのものだ。
私がここで仮に天馬を殺さなかったとしても、また別の人間がロシアから送られてくるに違いないわ。だったら……。
自分を納得させる言い訳か?
私は天馬みたいな神じゃないもの……。弱い人間にすぎないから……。
弱いかどうかを決めるのも自分だ。
じゃあ私はとっても弱々しいと思う。しょせんは女だからね……。
ならば、そうなんだろうな。

 言いながら、天馬は引き金を絞った。

 エリカも、引き金に込める力を強めたようだった。

確率は五分と五分。エリカが生き残れば、この世界は何も変わらずにあり続ける。俺が生き残れば、人類が未だかつて体験したことのない新世界がやってくる。世界の運命は、ここで決せられるということだ。
そんな世界の未来が、ここで選択されるというの……?
そういうことだ。
私には荷が重すぎるよ……。
それでも選択せよ、世界の未来をな。

 そう天馬が促した。

 エリカはしばし逡巡した様子だったが、やがて決意をこめるように口にする。

さよなら天馬……。

天馬が創る新しい未来を、私もそばで一緒に見たかったよ……。

 次の瞬間、エリカはさらに引き金に力を込めた。

 同時に天馬もエリカを鋭く見据え、ついに引き金を引き絞った。

 カチリと天馬の銃から音が響き、あっ、とエリカの声なき声がこだまする。

 その場でエリカはよろめき、たちまち意識が薄らいだ。

 エリカが最後に見たものは、天上を埋め尽くすほど煌く星々の光景だった。

ページトップへ