チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第八十九話『300体のゴーレム』

エピソードの総文字数=1,143文字

「よし、雑談はこの辺で終了や。始まるで!」
2017/06/07 14:49
と珊瑚が言うと僕達の体が光りだす。
2017/06/07 14:49
「転送開始や!」
2017/06/07 14:49
メンバー全員がワープした!

僕らは、森の中にいた。
2017/06/07 14:49
「ゴーレムの森や」
2017/06/07 14:49
珊瑚が言う。転送が終了して、僕らが、たどり着いたのは、ゴーレムが生息するという、森の中だった。
2017/06/07 14:50
「ゴールドゴーレムを倒したら、このクエストは終わりや!」
2017/06/07 14:50
簡単にクエスト説明をする珊瑚。シンプルなクエストだった。聞いてる限りは、ゴールドゴーレムを探すのが難しそうなクエストだ。ゴールドゴーレムは普通のゴーレムにまぎれて、泥にまみれて、違いに気がつかないそうだ。
2017/06/07 14:50
「まずはゴールドゴーレムを見つけようや!ゴーレムの中に紛れとる」
2017/06/07 14:50
「まずは、ゴールドゴーレムを見つける勝負ね」
2017/06/07 14:50
珊瑚とサラが言う。いつの間にか勝負になってる。勝負というよりゲームか。なんでも楽しめるサラらしい。
2017/06/07 14:50
「そや、まずは『ゴールドゴーレムを探せ!』やな」
2017/06/07 14:50
と、昔の絵本になぞらえて言った。
珊瑚も満更でもない様子で微笑んでいた。
みんなのテンションが少しずつ上がっているのがわかる。
2017/06/07 14:50
「ゴーレムは何体くらいいるんだろう?10体くらい?それなら、頑張って倒せば・・」
2017/06/07 14:51
「ちゃうねん、ジュン・・・」
2017/06/07 14:51
僕が10体くらいのゴーレムをたおせば、ゴールドゴーレムを見つけることができるのかと、予測したところ、珊瑚がゆっくり首を振って教えてくれた。
2017/06/07 14:51
「え?何体・・・?」
2017/06/07 14:51
僕が、聞き直す。10体じゃなかったら20体くらい?それもなかなか大変だな、と思っていたら、珊瑚が指で3を作った。まさか、30体??それは大変だなと思っていた所。
2017/06/07 14:51
「300!!」
2017/06/07 14:51
と、珊瑚が答えた。
2017/06/07 14:51
「はい??」
2017/06/07 14:51
僕が驚く。ケタが違うどころの騒ぎじゃなかった。
10だと思っていた所にこの突然の数字。
300??そもそも、ゴーレムだってそんなに弱くはない。
普通のゴーレムを倒すだって全然簡単な仕事ではない。
2017/06/07 14:52
「300体の中に1体紛れとんねん。」
2017/06/07 14:52
「300体!!そんなに!?!?」
2017/06/07 14:52
そんなに難しいクエストだったのか、僕は今になって、このクエストの難しさを実感した。
2017/06/07 14:52
「普通のゴーレム、一体一分で倒すことができたとしても、300分以上、つまり5時間かかる、そりゃ大規模だ」
2017/06/07 14:52
「そう、大変」
2017/06/07 14:53
と瑠璃がぼそりと言った。
2017/06/07 14:53
「でも、楽しい」
2017/06/07 14:53
と瑠璃が追加した。
2017/06/07 14:53
「よっし、頑張るわよ!!」
2017/06/07 14:53
とサラが屈伸をしている。サラがやる気を出している時はだいたい、準備体操をしている、調子は良好のようだった。
2017/06/07 14:53
「楽しくなってきたね、瑠璃ちゃん」
2017/06/07 14:53
「うん、楽しい」
2017/06/07 14:54
とサラと瑠璃が言う。
2017/06/07 14:54
「先に見つけた方が勝ちね!!」
2017/06/07 14:54
「うん、見つける」
2017/06/07 14:54
サラと瑠璃が楽しそうにやりとりする。
2017/06/07 14:54
「じゃ、私も探しに行くで!」
2017/06/07 14:54
と珊瑚。
2017/06/07 14:55
「よっし!」
2017/06/07 14:55
とサラ。
攻撃手アタッカー二人、格闘少女のサラと剣士の少女珊瑚が元気に走りだした。
2017/06/07 14:55

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ