【10/12】 ダンゲロスSS(50)ヤドナシVS脳内☆ロリロリ幻想楽園

ヤドナシ

エピソードの総文字数=6,427文字

ここはヤドナシさんの執筆スポットです!

怖い思いしたくなかったらイタズラしないでくださいね!

ふはははははwwwww! 今宵はダンゲロスバトル! 存分にやってやるぞ♪
くしゅんっ……あっ、ビル壊しちゃった。

突然現れた謎のロリ、彼女がくしゃみした瞬間、目の前にあったビルはミサイルにでも激突されたかのように盛大な土埃をあげて崩れていった。幸い、来月には取り壊しが決定していた建物である。中に人はいなかった。しかし、不幸にもそのビルの下で「ロリの基準は年齢か容姿か……」という哲学的思考を巡らせていた私の体は潰され、幽霊となった。
こらこら〜、まだ対戦相手も来てないのに町を壊しちゃだめでしょ!wwww
まっ、町崩壊しても私の力で全部夢オチ展開できるけどね!wwww

もう一人、謎の美少女が現れる。幽霊となった私はありとあらゆる角度から今起きている事柄を把握することができた。彼女たちはどこか別の世界からやってきたロリ生命体に違いない。どうやら、今から何か素敵なイベントが始まろうとしているようだ。私が謎のロリのくしゃみによってビルに押しつぶされ、幽霊となったのは、きっとこの時のためだったのだ。心ゆくまでこの出来事を目に焼き付けるとしよう。
うっ、うわーーーなんだあのロリは!? 一見かわいらしいくしゃみをしたようにしか見えなかったのに、ビル一個破壊されたぞ! にっ、逃げろ〜!
あっ、あの子よく見たら何かツノ生えてるし尻尾生えてるし羽まで生えてる! あっ、悪魔よ! 悪魔がやって来たのよー!
さすが、魔人による事件が相次いでいるこの町の住人、皆対応が早い。すぐさま人々はその場から一斉に逃げ出した。私も少し前までは彼らと同じモブの一人だったのだ。そう思うと、こうして誰にも気づかれず美少女の側で事の成り行きを見送ることができるのは感慨深い。

待ちなさい! 町でロリが暴れていると通報を受けて来てみれば、ビル一個破壊されているなんて何事ですか? あなたたちは何者です!?
町の人々が逃げる中、シスターと思しき格好をした、これまた謎のロリ美少女が目つきの悪い黒猫を抱えて現れた。彼女は、この町で事件が起きる度に人々を窮地から救ってきた奇跡の少女コリン! こんな近くで噂の少女を目にすることができたとは……長年ロリの定義の基準について哲学的思考を巡らせてきたのは無駄ではなかった……。
おっ、おい。一瞬でビル破壊したやつにいきなり近づいて大丈夫なのか? 俺帰っていいか……?
ダメです! ペンタは私が守ります。勝手に逃げだりしたらまたお風呂いれますからね!
いや……いつも守る守るって言うわりに、お前が連れまわすおかげで俺けっこう危険な目に遭ってるんだけど……やれやれ、せっかく呪いが解けて人の言葉を話せるようになったっていうのに、厄介な子に捕まったぜ。
抱き枕おいしい……
へっ、何言ってるのあの子?
ちょっ、ムーちゃん!wwwwまた『ロリロリ語』で説明始めちゃうの?wwww
も〜面倒臭いから今回は通訳しないよ!
ロリロリ語? 聞いたことない言語だな……。
そうですね……これはペンタの出番です。さあ、やっちゃってください!
んっ? やっちゃってくださいって何を……って、うぉおおおおおおおお!!!
突如、ペンタの首根っこを掴み、思いっきり投げ飛ばしたコリン。とてもただの少女とは思えない力。そう、彼女もまたこの町に住む正義の魔人の一人。「ミラクル・コピー・アクター」という能力でこれまで出会った人に成りきって、様々な力を駆使することができるのだ!
いっ、今出会ったばかりのあの子に成りきって力を使ったけれど……ほんの少し指を動かすような力しか入れてないのに、ここまでのパワーが出るなんて!(正直こんな力を持ってる子に成りきるなんて、50秒も保たない!)
ふにゃ! ぐっ……にっ、「肉球スタンプ!」
いきなり少女に投げ飛ばされたというのに、瞬時に空中で体制を立て直し、ぶつかったロリの顔に肉球をぶつけるペンタ! 彼も人語を話すことから分かるようにただの猫ではない。元は人間だったが魔人によって黒猫の姿にされ、さらには自身も魔人(魔猫?)となった変わり者だ!

ふぐっ……おむすびコロリン!
顔面に向かってモロに肉球スタンプを受けたロリ美少女、その時、彼女の口から出たロリロリ語に変化が生じた!
おまっ、よくもワタシの顔面にふにふにの肉球を喰らわせてくれたな!wwww
ワタシの名は戦龍院=バハムート=エクステルミ、今夜はワタシの空腹と心の平安を満たす犠牲になってもらおうか!wwww
ちょっムーちゃん、ロリロリ語が……!wwww
そうか、それが君の能力なんだね、ペンタくん!
なぜ俺の名を……まあいいか、ご察しのとおり、これが俺の能力「バベル・トラップ」だ! 攻撃力にはならないが、俺の肉球に触れたら最後、そいつのしゃべる言語は俺の意のままだ!

さすがペンタ! 私の将来の結婚相手です!
将来の結婚相手をいきなり投げ飛ばすなよ! だいたいシスターは結婚できないだろうが! それに俺の意思は!?
そんな掟、私が変えてやりますよ! 「産めよ、殖えよ、地に満ちよ」と命じた神様の言葉に矛盾する戒律、私には何の意味もなしません。大丈夫です、どんなに時間がかかってもペンタが私と「一緒になる」って言い出すまで無理強いはしません。それまでは私がペンタの飼い主としてずっとずっと守ります!
それっていつまでもお前に捕まってるってことじゃ……。だいたい俺、猫の姿に変えられてもう何年も経ってるんだぞ? 割とお前からしたらおっさんだぞ?
何だか面白い対戦相手が来たねぇ……wwww。さあ、役者は揃った! これより第50回記念ダンゲロスSSの戦いが幕を開けるよ!
ダンゲロスSS? 何ですかそれは?
よく分からないが迷っている暇はないみたいだぜ。そっちに来たぞ、よけろコリン!
その瞬間、一気に間合いを詰めたムーちゃんの拳がコリンの顔面に振り下ろされる。しかし……!
なっ、軽くふるっただけとはいえ、ワタシのパンチを受け止めるなんてやるじゃないか!wwww
くっ……ミラクル・コピー・アクター! あなたに成りきって力を使わせてもらいました。(それにしても、やっぱりすごい力……今の私じゃとても扱えない。とりあえず距離を取らなくちゃ!)
瞬時にムーちゃんから距離を取り、ペンタと合流するコリン。しかしその間、ムーちゃんことバハムートは今までにない笑顔を見せていた。
いやぁ、久しぶりに本気を出したくなっちゃったwwww
まっ、ワタシが本気を出したら余波だけで全異世界が消滅しかねないけどねwwww!
あっ、シスターの格好してるからって、神様の奇跡に頼ろうなんてセコい考えしてないよね?
言っとくけど、ワタシの体は攻撃という攻撃を弾くから魔法も奇跡も無駄なのだよ!wwww
これはこれは、ムーちゃんが本気出したいと思うほどの相手なんて久しぶりかなwwww
戦力差がありすぎるのもなんだし、ワタシは一旦退避しておくよ。また決着が着く頃に戻ってくるからwwww

ちょっアリス嬢、いっちゃうの!?wwww この前みたいに味方と見せかけてワタシに攻撃してくるとかやらないの!?wwww ああっ! 思い出しただけでもう……ビックンビクン……はぁ、はぁ。行かないでよマスター、ロリ成分が足りないよ!wwww
とっ、とりあえずあのムーちゃんとかいう魔人がロリ好きドMの変態ということは分かりました。
まあ、いいか! いっちょ楽しませてもらいますか!wwww
ちなみに25分になったら時間切れで
ワタシが龍化して全部吹っ飛ばすことにするからwwww
野郎のくせにワタシの顔面に肉球フミフミしたお返しだよ!wwww
おっ、俺の肉球フミフミに喜ばない……だと!?
くそっ、確かにあいつはアリス嬢とかいう奴に惚れ込んだ生粋のロリ好き……俺の懐柔作戦は当てにできそうもないな。しかも龍化までできるだと?
……とにかく制限時間までに倒さないと、この町どころか世界が吹き飛ばされかねません! 力の出し惜しみはしませんよ。今まで出会ってきた全ての人の力を総動員です! ミラクル・コピー・アクター!
コリンが今まで出会ってきた人々の力、それは教会から依頼を受けて倒してきた魔人や妖魔、ありとあらゆる暴力と破壊を生み出してきた人々の能力だ。次々と自分が倒してきた相手を思い浮かべては、火の球を投げ、雷を落とし、あるいは幻を見せ、精神攻撃を含めた攻撃を繰り返していく。しかし……!
ひっ、一つも……魔法も超能力も魔人の力も一切効かないなんて……!
物理も魔法も効かない相手か……厄介だな。んっ、それなら何で、俺のバベル・トラップは効いたんだ?
……そうか、彼女が弾けるのは「攻撃能力」! 攻撃と見なされない、相手にダメージを与えない力なら影響を受けるということですね!?
何をごちゃごちゃ言ってるのかなー?wwww
さあさあ、25分までもう時間がないぞ!wwww ワタシに本気を出させちゃっていいのかな?wwww
ああ、どうやらあいつは頭が回るタイプじゃない……あいつの弱点は「ロリ好き」「ドM」「脳筋」だ! こいつを利用して何とか、制限時間内に戦う意思を失わせるんだ! こうなったらコリン、お前のミラクル・コピー・アクターで、あいつの惚れ込んでいるアリス嬢とかに成りきって、骨抜きにしてやるしかないぜ!
ええ、分かりました! 望むところです。一瞬しか出会ってませんが、私と同じロリなら姿だけ成りきるなんて簡単なこと! ミラクル・コピー・アクター!
彼女の掛け声と共にコリンの体は真っ白な光に包まれ、次の瞬間、先ほどムーちゃんと共に現れたアリス嬢の姿になっていた! (ヤベェ……指がっ……作者の悲鳴!)
あっ、アリス嬢!?wwww さっきまでシスターがいたところにどうして!?wwww そうか、戻ってきてくれたのか! マイマスターぁああああ!wwww
ほら見ろ、やっぱり脳筋だ。お前だって気づいてないぜ。今なら他の攻撃を弾いちまうあいつでも、自分から進んで受けてくれるはずだ!(なんせドMだからな)……さあ、やっちまえコリン!
ふっふっふっ、戻ってきたよムーちゃん!wwww
今からたっぷりお仕置きしてあげるねwwww(あれ……? 私は言葉まであの子になりきってないはずなのに……?)
ふっ、全部お前に任せきりは悪いから、ちょっと加勢してやったぜ。バベル・トラップでお前の口調をあのアリス嬢の口調に変えてやった。
(っ! ペンタ、大好き! ありがとう!)
さあさあ、行くよ!wwww「パンツ・インパクト!」
ドゴォオオオン!!!!という派手な音と共に、アリスになりきったコリンの体から攻撃が繰り広げらえる。それを受けたムーちゃんの目は大きく見開かれ……口からはジュルリとヨダレが垂れていた。
まっ、マスター!!wwww そんなぁあああ……ンギモチイィィィィィ!
コリン……お前は絶対こうなるなよ……。
はぁはぁ……姿だけ成りきって攻撃するつもりだったけど、ペンタが力貸してくれたから頑張って能力も使っちゃった。あのアリスって子も強すぎて……もう成りきるほど体力が……。
コリンの能力が解け、元の姿に戻ってしまう。その間、もうもうとした土煙の中から、激しい攻撃を立て続けに受けてきたはずのムーちゃんが無傷のまま現れた。
そっ、そんな……効いてない!?
いやぁ、よかったよ君たちの攻撃wwww! でも、本物のマイマスター、アリス嬢にはおよばないかな!wwww
くっ、くそ……脳筋だからって舐めてたが、あいつは本気でアリス嬢に惚れ込んでやがったんだ! 簡単に見抜くとは……俺が間違っていた! 本物の愛の前には、偽物のご褒美なんて色褪せるってことだな。こうなったら、コリン!
ぺっ、ペンタ?
何かを決意したかのように、ペンタはコリンの胸へ飛び込んだ。そして優しく彼女に囁いたのだ。
コリン、どうやらあいつの前にアリスの偽物なんて意味がないらしい。こうなったら俺たちの本物を見せようぜ! あいつが世界をふっ飛ばすのを惜しんじまうくらい、この世界が素晴らしいってことを見せてやろうぜ!
うっ、うん。分かった、ペンタ! でも、どうしたら?
いいか、コリン。お前はお前という唯一無二のロリなんだ! お前だけのロリを、お前が出会ってきた全てのロリの力をあいつに見せてやれ! それはお前だけにしかできないんだ。
うん……ペンタ、分かったよ。私、唯一無二のロリになる!
それじゃ、俺も本気を出して最後の力を振るうぜ! 
バベルトラップ・ザ・ペンテコステ!
本気を出したペンタの姿が、一瞬いつものそれと変わる。その時、これまでにないことが起きた! そう、コリン、ペンタ、そしてムーちゃんの全員が突如として『ロリロリ語』を話し始めたのだ!
「ペンテコステ」! それはキリストが復活してから50日目に起きたと言われる奇跡の日! その日にはアラム語しか話せなかったはずのイエスの弟子達が、突如何ヶ国語もの言葉で人々にメッセージを話し始めたという……ペンタ、まさか!
はぁ、はぁ……そう、バベルトラップは基本、言葉を通じなくしたり、本人の望まない言語で語らせていたずらをする能力だ……だが時として、人と人との心を通じ合わせる、言葉を通わせる能力にもなるんだぜ! さあ、コリン、あいつに話しかけろ。あいつの故郷の言葉で、誰のものでもないお前自身の口調がそのまま『ロリロリ語』になってあいつに伝わるぜ!
ペンタ……! うん、私行ってくる!
そう言うと、コリンはムーちゃんに向かって言葉を紡ぎはじめた!
バハムートさん! あなたが何者でなんでこんなことしているのか知らないけど、あなたがあのアリスさんって人を心の底から愛してることは伝わったよ! 私なんかが成りきったって 全然ダメだって……でもね、私もバハムートさんと、ううん、ムーちゃんと唯一無二の友達になりたいの! 同じロリとして!
*注:この言は今『ロリロリ語』で「パンツマシーン」を皆さんにわかるよう翻訳したものです。

ぬお!wwww何でお前、ワタシの故郷の言葉を!? 我々は少数種族で、その言葉はもうアリス嬢しか知らないはずなんだぞ?wwww
ムーちゃん、わたし本気だよ! 受けて、わたしの本物の気持ち! えいっ!!!!
そう言うと、コリンは決死の覚悟でムーちゃんに向かって拳を振り上げる。ムーちゃんはそれを避けない。当たったところで大してダメージにならないからか、はたまたドMだからか……しかし、ムーちゃんは気づいていた! そのパンチが気持ち良いことを!
なっなんだ! このパンチはwwww めちゃくちゃ気持ちいい……これは……ありとあらゆるロリが生み出す至福の殴打!
喰らえ、「ロリの鉄拳」! これまで会ってきた全てのロリの鉄拳を再現した殴打の連続を! 強くも鋭くもないパンチ……でもあなたには堪らなく愛しいでしょう? ロリを愛するあなたなら!
くっ……ンギモチイィィィィィイ!wwww 
世界には……こんな、こんな素晴らしいロリたちがいたのか!wwwww
ムーちゃん! あなたはこんな素晴らしいロリたちのいる世界を壊すんですか? 本気出してみんな滅ぼしちゃっていんですか?
んぐっ……あ〜あ、参ったよ!wwww こんなもの味っちゃあ、ワタシが本気を出すのはまた今度にするしかないじゃないか、まったく!wwww
ほっほっほ、なかなかいいもの見せてもらったよ〜wwww
おっ、お前は! (まずい、戻ってきたのか……)
焦らなくていいよwwww
本当は全部別の世界の窓から見ていたからねwwww
君たちのタッグには完敗だ!wwww 優勝はコリン&ペンタぁああああ!
えっ、ゆ、優勝?
これにて、第50回ダンゲロスSSの祭りが閉幕だぁあああwwww!
両者お疲れ様だよ! wwww

これにて終了! (手が……
そこまでです!!

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ページトップへ