チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第七十三話『希望のマイホーム』

エピソードの総文字数=1,209文字

「さて、どこから説明しよかな?」
2017/06/04 07:51
と、珊瑚がマイホーム購入について、説明を始めようと僕らの顔を確認する。どこから話せばいいのかのきっかけを探しているようだ。しばらく考えて、あー、わからん。というそぶりをした。
2017/06/04 07:52
「というか君らどこまで知ってるん?」
2017/06/04 07:52
と、単刀直入に、僕らの知識レベルを確認することにした珊瑚。切り替えが早い。みんながそれぞれに応える。
2017/06/04 07:52
「なんにも知らない」
2017/06/04 07:52
と、ゆっくり左右に首を振るサラ。
2017/06/04 07:52
「何も知らないに近いね、土地を買うところから必要だということくらい。」
2017/06/04 07:52
と、僕が土地購入許可証をちらりと珊瑚に見せた。
2017/06/04 07:52
「私も同じくらいです。」
2017/06/04 07:52
と奈緒子も言う。
2017/06/04 07:53
「そかそか、じゃ、質問変えるわ」
2017/06/04 07:53
と、頷きながら、切り口を変える珊瑚。やっと、とっかかりが見えてきたようだ。
2017/06/04 07:53
「君ら、どんな家を買うつもりや?」
2017/06/04 07:53
と珊瑚が三人に問う。その質問はとても良い質問だった。それが決まれば全てが決まる、逆算して、決めていけることが増えるからだ。
2017/06/04 07:53
「お姫様ベッド!!ふわふわしたカーテンがついてるやつ!!ある?」
2017/06/04 07:53
と即答したサラ、僕の方をちらりと見て確認するサラ。しかし、それは家というより家具だな、とは思ったものの、イメージはかなりつかめたので、それは置いておいて、質問に答える。
2017/06/04 07:53
「たぶん、あるよ」
2017/06/04 07:54
頷いて、お姫様ベッドの有無を応える僕。
2017/06/04 07:54
「私はお庭がほしいです!」
2017/06/04 07:54
と、奈緒子が応える、植物などを育てるのだろうか、魔法使いらしい、庭で栽培した実とかで、すごいクスリをつくれたりするのだろうか、昔の魔法使いみたいに、グツグツ何かをにたりして、魔法の薬を調合したり。
2017/06/04 07:54
「あ、私もお庭欲しい、朝運動したい!!」
2017/06/04 07:54
運動少女らしい発想でサラも同意する。

うんうん、と頷いて、話を整理する珊瑚。
2017/06/04 07:54
「なるほどな、だったら、『郊外都市 - ライフエリア』か『神殿都市 - キャッスルエリア 』やな」
2017/06/04 07:55
と、二つの都市名を告げる珊瑚。エリアによってできることが違うのだろうか。そもそも、エリアが何個あるのかも知らないことに気がついた。ほんとに、珊瑚に聞いて良かったな、と思う。
2017/06/04 07:55
「そうなんだ?それは何が違うの?立てられるものも別なの?」
2017/06/04 07:55
と、根本的な質問を珊瑚にする僕。
2017/06/04 07:55
「そうや、だから、ここの選択は結構重要やで」
2017/06/04 07:55
とエリア選択の重要性を説く、珊瑚。
2017/06/04 07:56
「なるほどなるほど」
2017/06/04 07:56
と乗り出すサラ。マイホームの話になってから特別モチベーションが高い気がするが気のせいかな。メモをとりそうな勢いのサラだった。
2017/06/04 07:56
「家が買えるのは、次の三つの都市。『過密都市 - モダンエリア 』、『郊外都市 - ライフエリア』、『神殿都市 - キャッスルエリア』 や」
2017/06/04 07:56
「そうなんだ??なるほどなー、でもピンとこないね」
2017/06/04 07:56
サラが言った、彼女なりに、失敗をしないように、精一杯、想像しているようだ。
2017/06/04 07:56
「よっしゃ、それじゃ、全部見に行こか!」
2017/06/04 07:57
と、両膝に両手を当てて立ち上がる珊瑚。
珊瑚がマイホーム見学ツアーの添乗員になってくれるのだった。
2017/06/04 07:57

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ