騒々しい兄弟の日常

兄弟のギャルゲー攻略 前編

エピソードの総文字数=1,551文字

今日は日曜、兄はいつも通っている中古ゲーム屋に来ていた
ふ~、また来てしまったというのか・・・

このゲーム屋に・・・

店内はいつもなんか薄暗くてしかも奥の方の蛍光灯ずっとチカチカしたままだしよ

それに店員は営業中なのにいつもタバコ吸ってやがる


つーかいつまで「期間限定!!大特価セール中!!皆急げ!!」の看板出してんだよ

いつになったら片付けるんだよ

もう3年は見てるぞ・・・

これじゃあ俺くらいしか来ないだろうよこんな店

俺ってホント凄いよ、毎週日曜になるといつの間にか来ているんだよなァ~こんなボロボロのゲーム屋に

なんか掘り出し物のゲームないかなぁ~って思うと勝手に足が動いてるんだよな

ん?客もろくに来ない店なのにゲームはどこから仕入れてるんだろ?

まあいいや

~店内を回ること15分~
おっ!!!

これはぁ!!

10年前の伝説のギャルゲー「学園ラブソング」じゃねぇか!!!!


おいマジかよ、しかも300円ってヤバすぎる

伝説のギャルゲーに300円の価値しかつけないとはイカれた店だな

だがこっちとしては得してるんだから文句は言えないな・・・

まあとりあえずこれは買いだぜ!!

神様ありがとう!

~15分後帰宅~
ふぅ~

とりあえず家に帰って来たけどこの伝説のギャルゲーを1人でプレイするのはもったいないな

ネットにも女子と接したことのない男子にはオススメ!これで女子との接し方を学べるぞ!って書いてあったしな

ナオヤも呼んでやるか

お~いナオヤ~!

一緒にゲームしようぜ!

お!いきなりどうしたんだよ兄貴、ゲームなんてもう全然一緒にやってなかったよな?
ああ、たまにはいいかなって思ってな!

しかも今日は10年前の伝説のゲームが手に入ったんだよ!!

これを1人でやるのは兄としてどうかなと思ってよ

ありがとう兄貴!!

10年前の伝説のゲームといえば「大騒動アタックブラザース」とか「マサオカート」とか

「桃次郎電鉄」とか色々あるよな!!!


違うよ!全然違うよナオヤ!!

10年前の伝説のゲームと言えば「学園ラブソング」しかねぇだろ!!!

つーか俺はもうガキじゃねぇんだからもうお前が言ったようなゲームはやんねぇよ

俺はギャルゲー専門だろ?

・・・
ん?
いやお前がギャルゲー専門だとか知らねぇよ!!

しかも俺の言ったゲームたちはな!!ガキにも大人にも愛されている名作中の名作なんだぞォお!!



そうなの?
お前そんなことも知らずに生きてきたのかよ?!


まあまあ、いいじゃんいいじゃんそんなこと

それよりもさ!早くギャルゲー攻略一緒にやろうぜ!!

嫌だよめんどくせぇ、

期待外れだったよ、もっと面白いゲームかと思ってたのによ

なんでギャルゲーなんだよ

そんなのやってるから彼女できねぇんだよ

お前ふざけんなよ!

俺はな!今彼女ができないだけなんだ!周りの環境が悪いんだ!!

しかもな俺はギャルゲーで勉強してんだよ!

大学に入ったらソッコー美人な彼女作ってみんなに自慢してやるからな!

そのとき謝っても許さないからな!!!

はいはい

そんじゃ1人で頑張ってねぇ~~

俺漫画読むから

ちょっと待って~~~!

頼む!お願いします!

一緒に攻略しよ?男子校の俺じゃあ女の子の接し方を間違えて怒らせちゃうかもしれないだろ?

ゲームの中の女の子だろぉ??
ゲームの中でも女の子には変わりないだろ!!!

彼女をゲットするためには必要なんだ!!

お前の協力がぁぁぁあああ!!!!!

はぁ~

そんなんに付き合ってるほど暇じゃねーよ

本当に頼む!!!
やだ
ジュース1本奢るから!!
いいよ
えっ、ちょろォォォおおおおお!!!!!


ちょろすぎだろお前

あんなに嫌がってたのにジュース一本でOKしちゃうのね

ああ、まあな

今回だけだぞ!

今回の授業でしっかり女子のハートをつかめるように勉強しろよっ!!

おお!!ありがとう!ナオヤァ!!

じゃあレッツプレイだ!!!!

つづく・・・

◆作者をワンクリックで応援!

4人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ