チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第十話『バーチャルウォーカーのオート操作』

エピソードの総文字数=1,195文字

「すごい、そうだったのね!!」
2017/05/26 23:35
サラが、このVRMMO「ラストオンライン」の「マニュアル」操作と「セミオート」操作を覚え、目を輝かせてそう言った。
2017/05/26 23:35
「これで、『マニュアル』と『セミオート』の仕組みは分かったね?」
2017/05/26 23:35
「うんうん、勉強になります!!で、あと一個なんだっけ??」
2017/05/26 23:35
僕が確認して、サラが手を合わせて、感謝のポーズをして、おどける。体が軽いのか、身振り手振りが多いサラ。
2017/05/26 23:35
「最後は『オート』ですね!、これは私がやってみましょう!」
2017/05/26 23:36
魔法使いの少女、奈緒子が、そう言って、魔法の杖を振り上げた。オートで魔法を打つところを見せてくれるのだろう。
2017/05/26 23:36
「『マニュアル』『セミオート』『オート』は、コンフィグから設定できます。魔法使いは切り替えて使う人が多いんです。」
2017/05/26 23:36
ささっ、と素早い操作で、「マニュアル」から「オート」に切り替える奈緒子。普段の生活は「マニュアル」戦闘時は「オート」にする人が多いということだろう。
2017/05/26 23:36
「まず、魔法を選びます。『ファイヤー』にします。」
2017/05/26 23:36
ピピっと選択音が反響する。選択された、ファイヤーという文字が拡大し、背景に消えていく。
2017/05/26 23:36
「調度良い岩があるので、あちらを選択します。そうすると、自動でモーションに入って自分の番になったら、攻撃します。」
2017/05/26 23:36
そう言って、カーソルをセレクトする奈緒子。
2017/05/26 23:37
「奈緒子の攻撃。ファイヤー」
2017/05/26 23:37
と画面上に表示される。
2017/05/26 23:37
自動のモーションで、奈緒子は大気のオーラを集め、炎に変換し、岩に向かって放った。
そして、岩が破壊される。光のエフェクトが走り、岩が消滅する。そして、コインを手に入れた。
こういう環境物にコインが紛れていることがあるのだ。
2017/05/26 23:37
「おおおお、いまの途中からは自動で奈緒子ちゃんが動いてたのね」
2017/05/26 23:37
「そうなんです。サラちゃん!」
2017/05/26 23:38
サラが理解し奈緒子が喜ぶ。奈緒子もなかなかのRPG好きと見える。
2017/05/26 23:38
「この三種類のモードが、この『ラストオンライン』の売りなんです!!」
2017/05/26 23:38
目を輝かせて、説明する奈緒子。
2017/05/26 23:38
「この3つのモードがあるおかげで、自分の動きに自信がある人は、『マニュアル』、自信はないけど、かっこ良く楽しみたい人は『セミオート』、確実に攻撃を当ててゲームを楽しみたい人は『オート』という風に選べる。」
2017/05/26 23:38
「だから、どんな人でも、本来は難しいVRMMOを楽しむことができるんです!!」
2017/05/26 23:38
僕が使い分けを説明し、奈緒子がそのメリットを楽しそうに伝えた。
2017/05/26 23:38
「へー。よく出来てるのね!!なにも考えずに『マニュアル』で動かしてた!!全く違和感がなかったからね!」
2017/05/26 23:39
「そんなに動けるのはサラくらいなんだよ!!」
2017/05/26 23:39
と、サラッと凄いことを言ってのけるサラに突っ込む僕。
2017/05/26 23:39
「えー、そんなことないと思うけどなー。」
2017/05/26 23:39
と、ぴょんぴょん跳ねながら、シャドーボクシングのフリをするサラ。
2017/05/26 23:39
「それだよ!それ!!」
2017/05/26 23:39
「普通はそんなに動けませんね!」
2017/05/26 23:39
と、運動が得意ではない僕と、こちらも得意ではなさそうな奈緒子がつぶやいて笑った。
2017/05/26 23:40

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ