黄昏のクレイドリア

16-4

エピソードの総文字数=679文字

<とある家屋、玄関先にて>
にいちゃん……

まだこんな所に居たのか、エン。

いい加減、碑石の見張りに

戻ったらどうだ?

…………、

少し冷静になったらどうだよ、

フランツにーちゃん。

何?

だってそうだろ?

こんなに雨が降ってるってのに、

今日明日であいつらを

焼き殺すなんて……できるわけねーじゃん。

…………そうか。

エンは知らないんだったな。

え?

だが、それを

お前が知る必要はない。

いいから碑石の見張りに戻るんだ。

な、なんだよ!

はぐらかそうとしたって――――

行け!!
…………、

この状態の相手に何を問いかけても無駄だ。

賢明な判断を下した少年は、

渋々 目的の場所へ向かって走っていった。

(……そろそろ村のみんなが

 戻ってくるころだ。

 俺も準備を始めるか……。)


<そばかすのある青年>

フランツ!

! どうした。

巡回で何かあったのか!

<そばかすのある青年>

いや、それが……

捕まえたはずのガキが、

いつの間にか姿を消してて……

……チッ、

(あの女の仕業か。)

それならそれでいい。

既に捕らえた奴等だけで、

火刑の準備を行うぞ。


文字通り、逃がしたガキも

炙り出せるかもしれないからな。

<そばかすのある青年>

あ、あぁ。わかった。

指示を受けた青年は、

咎めがなかったことに安堵しながら、

その場を後にした。

(…………。)
(エルドリン……)

(命を守るべきはずの

 結界魔術で命を奪う俺を、

 お前は軽蔑するだろうな。


 でも……)

(すまない、エリン。

 俺はお前が思ってるほど、

 立派な人間じゃなかったんだ……。)

許しを請うように、

首からさげた縦長の石の

ペンダントを握りしめる。


石はただ、無機質な温度を青年の掌へ伝えていた。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ