基本マニュアル

公開時間の予約をする

エピソードの総文字数=1,320文字

エピソードを書いたら、下書き状態で、公開時間を予約をすることができます。

トーク執筆管理の、章とエピソードにて、以下の青いボタンを押してみてください。
わ、日時入力画面が出てきたよ。
はい、こちらにて公開したい日時を選んで、公開日時を更新を押してみてください。
このように、公開日が提示されたら、最後にエピソードを「公開」状態に変えてください。ただし、設定した日時が来るまで公開されませんのでご安心ください。
これで予約完了となります。その日時に、エピソードは「下書き」状態から「公開」状態に変更されますよ。
人が少ない時間帯に更新できたりして、便利な機能かもね。
ただ、こうした公開予約システムは、そのサイトさまごとに仕様上のクセがあります。どれが正しいとか、間違っているとかではありません。活用する場合には、そのクセを理解しておいてもらえればと思います。
クセって言われたってよくわからないんだけど……。
具体的に教えてくれる?
トークメーカーの仕様においては、公開予約した時間に確かにエピソードが公開されますが、作品を更新した日時としては反映されません
この意味、わかりますか?
え?
公開したのに更新されていないって、どゆこと?
エピソードとして公開される時間と、作品が更新される時間には違いがあります。すると、公開日時で設定した時間ちょうどに作品を公開しても、新着更新に反映されるのは、「作品が更新された時間」のほうです。
つまり今日作品を作ったものを、3日後に公開予約したとしたら……新着更新としては埋もれてしまうってことか。
ですので、作品を新着更新のトップに反映させたい場合には、公開予約はあまりオススメの機能ではありません。更新した直後に、作品を公開するのがベストの選択になります。
ちょっと不親切じゃないの、それ。
公開予約を入れたタイミングで、エピソードも更新された扱いにしても良いと思うんだけど。
技術的には、どちらに設定しておくかだけの問題なので、コタローが言ったほうで簡単に対応できますよ。

ですが、別のニーズもあるので、トークメーカーではこのような仕様にしているということです。色々な創作者のお考えを一緒くたにして、必ず無理に新着で目立たせるという方向は選びませんでした。
別のニーズって何さ?
連載中の作品を、新着更新の上位には表示したくないというニーズです。もし、あまり自作を目立たせたくないと考えていて、新着の上位に表示したくないとお考えの方は、公開予約を使うと自作を埋もれさせることができます。

コタローの指摘のような仕様にしてしまうと、こうした方々のニーズには応じられなくなります。ですのでトークメーカーでは、これが仕様上の「クセ」ということなんです。
新着更新に出したくないってニーズもあるんだ……。
創作活動には色々な考え方があるね。
ほかにも、作品の基本情報にて、公開状態「完結」にすると、新着更新には反映されなくなります。これも自作を新着更新に反映させない一つの方法になります。
自分としては、できればせっかく作った作品なんだから色んな人と共有して欲しいよ。修行中だったとしても、作品を多くの人に読んでもらうことで得られることは多いと思うよ。

◆作者をワンクリックで応援!

1人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ