魔界の姫と二匹の黒猫の物語

第五話 腹が減っては戦はできぬ

エピソードの総文字数=1,107文字

ちょうど夕飯が出来たところじゃ。
ほれ、たんとお上がりなさい。
に、人間から施しを受けるわけにはいかないわ!
そんなに意地をはらなくても……。
盗むよりずっとマシですよ、姫様。
武士は食わねど高楊枝とは申しますが、ここはご老人の好意に甘えておいた方が吉かと。
うっさいわね!
そもそもあんた達が役立たずだから、こんなことになったんでしょ!
何をもめとるのかわからんが、腹が減っては戦は出来ぬ。
まずは食べてからにしてはどうかの?
ぐぅ~
ちっ……違うから!
今のは別に……お腹が空いてとかじゃないから!
なあに、心配せんでも毒なぞ入っとらん。
味の保証はできんがの。
そ、そこまでいうなら……た、食べてあげてもいいわよ。
言っとくけど、マズかったら承知しないからね!
ハッハッハ! 面白い子じゃの。
ほれ、冷めないうちに食べなさい。
人間の食べ物なんて……。
パクッ。
……!!
なにこれ、美味しい!!
モグモグ……じゃがいもの甘みと……ムシャムシャ……肉の旨味がマッチして……ガツガツ……おかわり!!
ハッハッハ!
口に合ったなら嬉しいことじゃの。存分にお上がりなさい。
猫ちゃんは、魚の方がいいかの?
魚は刺し身で。
あと、酒を熱燗でいただければとお伝え下さい、お嬢。
私はチキンのローストに、少し重めの赤ワインがあれば。
あ、こいつらはさんざん食べたから食事はいらないから。
ミカン箱だけ用意してもらえる? 家の外に。
ひ、姫様~(泣
ふむふむ。つまり、悪魔のような極悪非道の父親のもとを命からがら逃げ出して、あてのない旅をしているというわけじゃな。
ざっとかいつまんで言うと、そんなところね!
自分に都合の悪いところは全部隠しましたね。
臭いものに蓋をする、お嬢もまた一つ大人になられましたな。
要点だけ合ってればいいのよ!
どんな理由であれ、若い時に経験を積むのはいいことじゃ。
身を寄せるところがないようなら、しばらくここに泊まっていくがいい。
え、でも……。
なあに、心配することはない。
どうせじじいの一人暮らし。空いとる部屋もあるでな。
お世話になっちゃいましょうよ、姫様。
食事も泊まるところも探さなくて済みますし。
賛成ですな。
刺し身も酒もなかなかのものでしたし、なによりこのミカン箱の心地よさといったら……。
いや、人間に施しを受けるのは、一族の誇りを汚すことになる。
もし遠慮しとるようなら……そうさな、畑仕事でも手伝ってくれんかの。ワシも歳だから助かるでな。
それなら文句はありますまい、お嬢?
ま、まあ、そういうことなら……手伝ってあげても……いいかも……。
姫様、お礼を言う時にはもっとはっきりと。
ハッハッハ!
じゃあ決まりじゃな。明日は早くから畑仕事じゃ。今日はゆっくり休みなさい。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ