天使ミレちゃんの振り回されな日々 -何でこうなるんですかー!?-

その晩のひと悶着

エピソードの総文字数=714文字

その晩
まさか、あの子が魔王様だったとは夢にも思いませんでした……
でもきっと、仲良くなれますよね
というか、魔王様って同い年位だったんですね……
いつかまた遊びたいなぁ……
……すぅすぅ
ミレちゃんが寝静まった後
夜分遅くにすまんのう
おや、お久しぶりです
魔王様
まさかあなたの方からお見えになられるとは……
いや、まぁ……の
そういえば、あの子と遊んでくれたようで……
あー……妾の事に気づいておらなんだようだったがのぅ
みたいですね
魔王様だって伝えたらすっごい驚いてましたから
つたえてしもうたか!?
えっと、まずかったですか?
いや、その……折角仲良くなれたのだからもう少し友達のままでいたかったなぁと
あぁ、それなら多分大丈夫だと思いますよ
本当かえ?
えぇ、そのことを伝えた後も「また遊びたい」って言ってましたから
そうなのか、それならよかったのじゃ
ただ、魔王様の事同い年ぐらいだと思ってるみたいですけど
まぁ、それならそれでよかろう?
まぁ、魔王様がそうおっしゃるのであれば
人間界には「愛があれば年の差なぞ関係ない」という言葉があるそうじゃしの
魔王様、それ多分用法違います
何を言うか、現に妾と彼女……
……そういえば、名前を聞いておらなんだな
あぁ、「ミレエル」と言います
ミレエルというのか……
ふむ、ミレ殿と妾ほどの年の差があっても仲良くなれたのじゃ
まぁ、年の差6桁以上ありますもんね
だからこそ、今使わずしていつ使う言葉なのじゃ?
確か、恋愛方面の言葉だったんじゃなかったかなぁと
なるほど、恋愛か……
よし決めた!
妾はミレ殿と恋仲になるぞ!
おー!
頑張ってください!



ところで、恋仲になるって具体的にどうすればいいのじゃろうか?
あー……とりあえず逢引にでも誘ってみては?

◆作者をワンクリックで応援!

1人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ