ソラミミ×DIAMOND

ソラミミとピエロ斬りの草里楓(1)

エピソードの総文字数=773文字

ソラミミ

 草里そうり かえでの声がわたしを呼んだ。

ソラミミ

 もう一度。呼ばれたとわかってからわたしはここにいたのだと気づいて、

……えっ

 目を開ける。ここは学園の……教室、か。

また何か聴こえていたの?

 わたしは、空丘耳穂そらおか みみほで、ソラミミと呼ばれてて、ソラミミが聴こえたことなんて一度も無い。けど、草里はなぜかいつも「また」と言う。

聴こえてはないけど……

いっちゃってはいたのでしょ

そういう言い方は、やめてよ

 ソラミミがまたいっちゃってたのだって。くくく。などと笑い合う、周りの友達の声。教室の風景がぼんやりと戻ってくる。

どれ見せてみ

 草里がわたしのぎゅっと握ったままの手のひらをこじ開ける。

勝手に開けないでよ。ひとの手のひらを。もしかしたら何か、あっ、ちょっとぉ

お、固いな。ほら力ぬいて

そんな無理矢理

これはほんとに、もしかすると

 苦労してこじ開けてみれば、わたしの右手のひらは、雫に濡れている。少しだけきらきらして見えるそれ以外には、何もない。だめだった。持ってくる間に、また溶けてしまったんだ。

あーあ。これじゃなぁ

 じっと真剣な眼差しだった草里がため息つくと、寄ってきていた何人かの女子らもやっぱり。と言ってめいめいの席に戻っていく。すると、彼女らに隠れて見えなかったが、背の低い担任の赤居が呆れ顔で腕組みしている。

あ、先生。今、授業中だったのですか

空丘さん。あなたの昼寝は責めないわ。そういう決まりみたいなものですから。減点にもしないし。だけど……あなた才能は、さっぱりだめそうね。期待されてたのにね

 わたしはこの学園に来る前、草里いうところの、わたしがいっちゃう場所……から、そこにしかない、不思議な、宝石みたいなものを持ち帰ったことがあるのだ。その特別な才能を認められてわたしは今年、この学園に来ることになったのだったけれどー―

◆作者をワンクリックで応援!

9人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ