天使ミレちゃんの振り回されな日々 -何でこうなるんですかー!?-

試食についてのひと悶着

エピソードの総文字数=621文字

……1時間後
そろそろいいかな?
コポッ……コポコポッ……
な……なんか触っちゃいけないような雰囲気なのですが……
仕上げにこの「ハブヒッナソラマ」を入れれば……
ボンっ!!
ひゃあ!!
完成
えっ!?

 『テヌヨポのラハギネ煮』

ね?
……あの、何であの一瞬でお皿に盛り付けまでされてるんですか?
そりゃ、「ハブヒッナソラマ」を使ったからね?
ハブ……
……今度は何ですか?
「ハブヒッナソラマ」 料理の仕上げに使う調味料だね
これを使うと料理が完成する
……いくらなんでもめちゃくちゃすぎませんか?
……まぁ、細かいことは気にしない気にしない


 試食


いただきます
いただきます
むぐむぐむぐ……
あ、結構おいしいですね
そうだね
これでわたし、魔界料理も問題なく作れますね
…………ソウダネー
? なんで棒読みなんですか?

 コンコン

失礼します……っと、あら? 珍しいものを作っておられるんですね
あ、ローレットさん! これでわたしも魔界の料理を……
……珍しい?
『テヌヨポのラハギネ煮』ですよね?
魔界ができた頃の非常食といわれる……
そうなんですか!?
魔界の基本料理って聞いたのですが……
私でもめったに食べないですよ?
えっ!?
………………
みれさん?
じゃ~る~さ~ま~!!
ってあれ!? どこにもいないです!!
ジャル様ならとっくに逃げられましたよ?
じゃるさまー!!
あはははははは~


 こうして料理騒動はひと段落したのであった





 ……なお、ちゃんとした魔界の料理については後日ローレットに教わったのであった


◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ