魔界の姫と二匹の黒猫の物語

第四話 ちょっと借りるだけだから

エピソードの総文字数=709文字

結局夜になってしまいましたね……。

もうダメ……寒い……。あったかいシチューが食べたい……。ふわふわのベッドで寝たい……。お風呂入りたい……。

村の周りをウロウロするばかりで、時を浪費しただけでしたからな。

まさに歳月人を待たず、時は金なり。

こんな時までうっさいわね……。

もう、分かったわよ!
あそこの家の畑から、ちょっと野菜を借りるわよ。

姫様、それは泥棒です。

魔界なら我らがもみ消すことも出来ましょうが、ここは人間界。
余計なトラブルは避けたほうがよろしいかと。

借りるだけよ! いつか出世したら返すんだから問題ないわ。

それに、この隠れ身の指輪さえあれば、見つかりっこないし。

姫様。

隠れ身の指輪は、魔族に対してしか効果がありませんよ。

え? うそ。

じゃあ、人間からは見えちゃうの?

はい、バッチリと☆

なによ、それ。

一体なんの意味があるのよ……。

いわゆる製品の仕様というやつですな。

もう、わけ分かんない。

いいわ、どうせちょっと借りるだけだから、指輪なんてなくても大丈夫! いくわよ!!

姫様……!!

――ガラガラガラッ

!!

……ふむ。

そこにおられるのは、どなたかな?

(ちょっ、アシュタロトが騒ぐから見つかっちゃったじゃない!)

お嬢、ご心配なく。

我に妙案が。

ニャォーン

なんだ、猫じゃったか。

(でかしたわよ、ベリアル!)

なぁに、知略武勇両面に秀でることが百獣の王の責務ですからな。

ほう……黒猫が二匹に……銀色の毛の猫もおるのか。

今宵はたくさんの猫が集っておるようじゃの。
ほれ、隠れとらんで出てきなさい。

(ちょっと、バレてるじゃない! ったく、何が妙案よ!)

ま、まさか我が秘策が通じぬとは……!

姫様、ここは観念して出ていくしかなさそうですね……。

ページトップへ