魔界の姫と二匹の黒猫の物語

第六話 働かざる者食うべからず!

エピソードの総文字数=1,212文字

ほれ、どうした!
腰が入っとらんぞ!
はぁ、はぁ……おじい人使い荒すぎ……!
てか、耕したり雑草取ったり……。
なんなのこれ、いつまで経っても終わらないじゃない……。
良い野菜を生み出すには、手間暇が必要だからの。
姫様の好物のイチゴだって、魔界ではゴブリン達が汗水たらして栽培しているんですよ。
魔界名産ヤミノコマチも、コボルド達が八十八回の手間をかけて育てているのですぞ。
お嬢は「早くケーキ食べたぁい♪ 残飯はオークにでもあげといて」などと仰ってましたが。
ヒィヒィ……そんなの……フゥフゥ……全然……ゼィゼィ……知らなかった……
姫様の暮らしも、他の者達の暮らしも、それぞれが働くことで支え合って成り立っているのです。
左様。働かざる者食うべからずとは、まことによく言ったものですな。
むー。今のあんたに言われると、なんかイラッと来るわね……。
そろそろ休憩にするかの。
冷たい麦茶を入れたから飲みなさい。
ゴクゴクゴク……ぷはー!
美味しい……!!
どうじゃ。働いたあとの一杯は格別じゃろう。
うん、ただの麦茶がこんなに美味しいだなんて……!
姫様は今まで苦労という苦労をされたことがありませんものね。
あ、私も一杯お願い致します。
ですな。
お嬢、我には麦酒をとご老人にお伝え願いたい。
あんたらはひたすらゴロゴロしてたんだから、飲む権利なんてないわよ。
働かざる者食うべからず!
でもさ、おじいはいつも一人で畑に出てるんでしょ?
大変じゃないの? 暑かったり、寒かったり。雨とか雪とか……。
農作物は、その年の気候によって出来不出来が大きく左右されますしな。
そうさな、こうして生きていくことを選んだのはワシ自身じゃからな。
自分で選んだ道なら、多少の険しさはどうということはない。一歩ずつ歩いて行くだけじゃよ。
自分で選んだ道、かあ……。
あたしだったら苦しいのは嫌だけどなあ……。
姫様はいっつも授業をサボって逃げ出してますもんね。
そういえば、ご老人はご子息をお持ちではないのですかな。
一人で住むにしては、少々広いように見えましたが。
確かにそうね。
ねえ、おじいは子どもとか奥さんはどうしてるの?
いないの?
姫様! 直球過ぎます!
プライベートなことについて尋ねる時は、もっとオブラートに包まないと。
そうさな……。妻はだいぶ前に病気でな。気立ての良い女だったわい。
それと息子が一人おったが、とうの昔に村から出ていきよった。
そうなんだ……。
それからずっと会ってないの?
ま、そうさな……。会ってないっちゅーか、風の噂によると死んだそうじゃ。遠くの地で、な。
ぇ……。
……。
……。
ぇと……その……あたし……知らなくて……。
ハハハ、なぁに、嬢ちゃんが気にすることじゃないわい。
湿っぽくなってしまってすまんかったの。
でも……。
それに今は野菜たちがワシの子どものようなもんじゃ。
手をかけてやれば立派に美味しく育つし、手を抜けば不味くなる。
さて、美味しく育てるために、もうひと踏ん張りじゃぞ!

◆作者をワンクリックで応援!

1人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ